閉じる メニュー
ニュース

ブドウ畑の地雷がウクライナとナパを結びつける

今週、ウクライナのワインメーカーの一団がカリフォルニアを訪れ、ウクライナのブドウ畑から地雷を除去するための資金集めに貢献したナパのある生産者に会った。  

ウクライナのワインメーカーたちは、ナパ・ヴァレーで1週間を過ごし、再生農業に関する知識やアイデアを交換し、米国市場でウクライナワインの存在感を高める方法を学んだ。

ナパ・ヴァレーのセントヘレナにあるワイナリー、グルジッチ・ヒルズ・エステートは、早くからオーガニックを導入し、2006年以来、グルジッチのすべてのブドウ畑がオーガニック認証を取得している。さらに、ジンファンデルの産地として知られるこのワイナリーは、昨年、リジェネレイティブ・オーガニック・アライアンスの認証を取得した。

訪問したウクライナのワイン生産者グループの中には、ウクライナ黒海地域のクラフトワイン生産者協会の代表であるゲオルギー・モルチャノフ氏をはじめ、ベイクシュ・ワイナリーのオーナー兼CEOであるスヴィトラーナ・ツィバク氏など5名が含まれていた。

カリフォルニアの人々とウクライナの人々は、再生農業への熱い関心を共有しているが、彼らを結びつけたのはむしろもっと重要なことだった。

ブドウ畑の地雷

ナパのグルジッチ・ヒルズ・エステートは、ほぼ四半世紀にわたってルーツ・オブ・ピースと協力し、戦争で荒廃した国々で地雷除去のための資金を集めてきた。2000年、グルジッチは、旧ユーゴスラビアとの戦争で破壊されたクロアチアのワイン産地ヴコヴァルの安全を確保するための援助に尽力した。

Roots for Peaceの創設者であるハイディ・クーン氏によると、ウクライナは現在、ヴコヴァルと同じような状況に置かれており、多くのブドウ畑を含む国土の約30%が地雷によって荒廃しているという。同団体は、国際ロータリーと協力し、ウクライナの生産者が安全に地雷を除去できるよう、専門知識と物資を提供している。

ミルジェンコ・グルギッチの甥で、グルギッチ・ヒルズ・エステートのワインメーカーであるイヴォ・ジェラマズは、ウクライナの人々のことを深く思っている。

「これは、文字通りこの国の健康を取り戻すための、希望に満ちた関係の始まりに過ぎない。「彼ら(ウクライナのワイン生産者たち)が、有害な化学物質を使わない農業のあり方を目にするだけでなく、インスピレーションを受け、希望が高まることを願っている。

ゲオルギフ・モルチャノフによれば、ワイン生産者たちは "この土地に自然を、害を与えないワインを......どうもたらすか "について話し合った。

ウクライナはいまだロシア軍による砲撃を受けており、多くの生産者は活発な戦闘からわずか数キロしか離れていないにもかかわらず、彼らのビジネスを成長させるという非常に現実的な商業的ニーズが存在する。

「ウクライナの人々はまだ生きています」ナパ訪問中、ウクライナのミコライフ地方にあるベイクシュ・ワイナリーのオーナー兼CEO、スヴィトラーナ・ツィバクは言った。「そう、戦争は私たちの魂や生活の中にある。しかし、私たちは......自分の人生を生きるために必要なのだ。

実際、ウクライナの生産者は戦時中に飛躍的な進歩を遂げた。業界団体のワインズ・オブ・ウクライナは、昨年10月にポール・モール67番館で英国初の試飲会を開催し、ロンドン・ワイン・フェアにも初出展した。また、英国のサプライヤーであるキングスランド・ドリンクスは、昨年7月、ウクライナワインを英国に輸入する独占パートナーシップを締結した。

ウクライナの生産者たちもまた、他の地域に目を向け、新たに形成されたパートナーシップの数々を通じて、スパークリングワインを日本や他の新しい市場に輸出し始めた。

国際的な飲料業界は、ロシアとの戦争が始まって以来、さまざまな取り組みを通じてウクライナの生産者を支援するために結集してきた。例えば、シャンパーニュのピエール・モレは、ウクライナのアーティストに特別シリーズのボトルのラベルをデザインしてもらい、その収益をウクライナ国防省の主要軍事臨床病院や国内の他の移動軍事病院に寄付した。シャンパーニュの価格は1本380ユーロから。

ABインベブは、ウクライナの人気ビール「チェルニギフスケ」にインスパイアされたビールを醸造し、2022年5月からロサンゼルス、ニューヨーク、シカゴ、ヒューストン、フェニックスでドラフト販売を開始した。ビールの売上利益はCAREウクライナ危機基金に寄付された。

高級ワインのオークショニアであるiDealwineは750本以上のボトルからなるチャリティ・オークションを開催し、その収益金はすべて、ウクライナに経済援助と医療用品を送る慈善団体、ウクライナ・アミティエに寄付された。

一方、英国の蒸留酒輸入会社 エンポリアは 英国赤十字ウクライナ・アピールに2万ポンドを寄付するため、英国中のバーと提携して ウクライナのウォッカを使ったカクテルを提供した。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ