閉じる メニュー
ニュース

Boxers are a valuable ‘blank canvas’ for drinks brands

元世界チャンピオンでスカイスポーツの解説者であるジョニー・ネルソンが、独占インタビューでサラ・ニーシュに、なぜボクシング界がプレミアム飲料ブランドにとってチャンスを広げようとしているのかを語っている。

スポーツチームや大会、アスリートとブランドを連携させれば、配当が得られることは間違いない。

カリフォルニアの生産者ケンダル・ジャクソンがNBAの公式ワイン・スポンサーになったり、デビッド・ベッカムがステラ・アルトワの新しい広告キャンペーンの前面に立つなど、飲料業界が新しいスポーツ・パートナーシップを報じない週はめったにない。

ABインベブは今年のオリンピックのスポンサーとなり、テニスのエース、ロジャー・フェデラーはモエ・エ・シャンドンと、サッカーのリオネル・メッシはミケロブ・ウルトラと提携した。

しかし、あるスポーツは飲料にとって未開拓の巨大な可能性を秘めており、大手ブランドにとってますます魅力的な存在になろうとしている。

これまで、高級ブランドはボクシングにあまり注目してこなかった。「テニスのように、ロレックスやテタンジェがスポンサーになっているボクシング・イベントはあまり見かけません」と、元クルーザー級世界チャンピオンのジョニー・ネルソンは独占インタビューでdbに語っている。

しかし、サウジアラビアがボクシングに何十億ポンドもの資金を投入し、先週末に行われたタイソン・フューリーとオレクサンドル・ウシクのヘビー級統一戦のような注目度の高い試合の開催地として入札を勝ち取ることで、このスポーツにおけるサウジアラビアの存在はますます大きくなっている。

サウジアラビアはラグジュアリーなサービスを誇り、年内にオープン予定のプライベート・アイランド、シンダラーに「大金持ち」を呼び込もうとしている。富裕層やヨット愛好家が主なゲストとして狙われている。

威信を重視する国がボクシングに本格的な関心を持ち始めれば、超高級ブランドがそれに追随する日もそう遠くはないだろう。

「ボクシングはドリンクブランドにとって、より魅力的になってきています。彼らは飲み物が好きです!ボクシングは人々のスポーツです。ボクシング観戦はイベントであり、イベントであり、2人のファイターがリングに上がるだけではありません。ボクサーがうまくやれば、多くのファンを得ることができる。そして、男性や女性といった層をターゲットにするのではなく、すべての人の前でブランドをアピールするのです」。

インスタグラム @johnnynelsonsky

ブランク・キャンバス

飲料ブランドとプロスポーツの結びつきがそうであるように、アスリートが自ら酒を飲むことはほとんどないという異常事態がある。リングの中のボクサーは酒を飲まないのに、リングのキャンバスにドリンクのロゴをプリントすることに矛盾はないのだろうか?

「プロボクサーが酒を飲むのは、ガソリンスタンドの店員がタバコを吸うようなものだ。あそこに行けば、吹っ飛ばされるよ」と、19年間のプロ・ボクシングのキャリアを通じて酒を控えていたネルソンは言う。

「アルコールを控えることは、プロボクサーとしての仕事を全うするために必要な犠牲のひとつだ。しかし、ドリンク会社が狙っているのはファイターではなく、ファイターのファン層だ。その支持やパーティーの環境におんぶに抱っこなんだ。ボクサーは、ブランドが自分たちのストーリーを投影するための真っ白なキャンバスなんだ」。

先週のフューリー対ウシクの試合は137カ国で5億5千万人以上の視聴者を集め、さらに世界中で2千万人の違法ストリームがあったという報告もある。

ボクシングにプレミアムスピリッツの未来はあるのか?

ボクシングファンにビールを売り込むのは当然のことだ。しかし、このスポーツで最も愛されている会場のバーの後ろに、プレミアムスピリッツの未来はあるのだろうか?

「間違いなく」とネルソンは言う。彼は最近、レミントン・スパにあるウォリックシャー・ジン・カンパニーが製造するラム、ザ・プジリストと提携した。というのも、パギリストの創設者デイブ・ブリックは、彼のプレミアム・ラムをより多くのボクシング会場に導入することを熱望しており、ネルソンはスカイ・スポーツのボクシング・コメンテーターとして、このスポーツの最大のイベントでこのスピリッツの旗を掲げることができるからだ。

「誰もがビールを飲みたいわけではない。私はビールが好きではなく、バーベキューで他に何もなければ飲みますが、そうでなければスピリッツにコーラやオレンジジュースを少し加えたものを飲みます。現実にはビールの量が多くなりすぎることがあるので、人々はスピリッツをもっと飲むことができます」と彼は言う。

ネルソンは、ザ・プジリストと1950年代の伝説的なボクシング選手ランドルフ・ターピンの物語とのつながりを最初に教えてくれたのは、共通の友人だったと明かす。驚いたことに、蒸留者に連絡を取ったのはネルソンであり、その逆ではなかった。

「ランドルフの知名度を上げようとする企業が、同時に製品の収益化に成功しているのを見るのは嬉しいことです。

「ランドルフはボクシング界の知られざるヒーローの一人であり、彼は正当な評価を受けていない。1951年にシュガー・レイ・ロビンソンを下して世界ミドル級王座を奪取した)当時、英国で黒人が彼のようなことをしたのは、彼のような風貌の選手はそれまで誰もいなかったんだ」と、ネルソンは言う。

彼はまた、ザ・プジリストのベース・スピリットがターピンの伝統にちなんでガイアナン・ラムであることも高く評価している。

「彼の伝統とストーリーにできるだけ近づけた、本格的な作品に仕上がったことが気に入っている。彼の名前にもっと敬意を表することができる。

彼は、このラムのプレミアム価格(1本38ポンド)が、ボクシング会場でのオン・トレード・リスト確保を困難にすると考えているのだろうか?

「いいラム酒が欲しければ、それなりのお金を払うことになる。安いラムや安いビールが欲しければ、人々は何でも手に入れるでしょう。

しかし、ネルソンは、このブランドはボクシング会場以外の高級バーでも同じように通用すると強調する。高級ホテルやレストラン、おそらくサウジアラビアのシンダラでも、サカパ、ディプロマティコ、エミネンテといったプレミアム・ラムの仲間たちとバック・バーで肩を並べることになるだろう。

ネルソンは将来、自分のスピリットを立ち上げることを考えるだろうか?

「そうしたいですね。The Pugilistに、しかもこのようなブランドの初期段階で関わることは、私がドリンク業界に入る方法であり、学ぶ機会でもある。チャンスは常にある..."

自分のドリンク・シリーズを発売するボクシング・スターは、彼が初めてではないだろう。

dbが報じたように、2023年11月、MMAスター、コナー・マクレガーは、LWCドリンクスとの提携により、英国のバーやパブで500軒以上のフォージド・アイリッシュ・スタウトの大規模なオン・トレード契約を獲得した。

これは、マクレガーが自身のプロパーNo.12ウイスキーの株式の過半数をプロキシモ・スピリッツに売却し、6億米ドルに上ると報じられた取引に続くものである。

メキシコのボクシング界のスーパースター、カネロも昨年、テキーラをベースにしたレディ・トゥ・ドリンクのVMC (ビバ・メキシコ・カブロネスの略)をアメリカで発売 した。

dbによる 2023年のスポーツ飲料パートナーシップ・トップ10はこちら。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ