閉じる メニュー
ニュース

チリのエキサイティングな赤ワイン11種

チリの上質な白ワイン、偉大なカルメネールやカベルネに続き、今回はより無名の赤ワインをお届けしよう。珍しいブレンドや最高級のシラー、そして忘れ去られようとしているブドウから造られたヴァラエタルワインなど、エキサイティングな赤ワイン11種を紹介する。

エル・パクト - ロマーノ

  • プロデューサー サンタ・カロライナ
  • 地域 カウケネス
  • ヴィンテージ: 2021年
  • ブドウ品種 ロマーノ100
  • アルコール度数: 13
  • おおよその小売価格: ポンド15
  • スコア: 90

チリでは数ヘクタール、ブルゴーニュ北部ではイランシーでしか栽培されていない。フランスではセザールと呼ばれるこのブドウの風味は、肉付きの良い熟したラズベリーとカシスのタッチをたっぷりと感じさせ、フレッシュなレッドカラントの歯ごたえと、しっかりとした歯ごたえのあるドライなタンニンが続く。ミディアム・ウエイトで、もっと凝縮した赤ワインにふさわしい骨格を持っている。しかし、ますます多彩になり、それゆえにエキサイティングになるチリワインシーンに、興味深い1本が加わった。

パイ

  • プロデューサー LFE
  • 地域 イタタ・バレー
  • ヴィンテージ: 2022年
  • ブドウ品種 100%パイス
  • アルコール度数: 12.5
  • おおよその小売価格: ポンド9
  • スコア: 88

淡い色合いで、わずかに濁りがあり、甘いイチゴとさわやかなリンゴのニュアンスがある。興味深いことに、この赤ワインは熟した、ほとんどジャムのようなキャラクターと軽いボディと爽やかなフィニッシュが混ざり合っている。要するに、80年の歴史を持つパイスの "自然 "なワインで、冷やして飲めるほど軽い。

ミラポア

  • プロデューサー ミゲル・トーレス
  • 地域 ビオビオ
  • ヴィンテージ: 2020年
  • ブドウ品種 パイス100
  • アルコール度数: 12.5
  • おおよその小売価格: なし
  • スコア: 90

かなり淡い色合いとフレッシュな赤いベリーの果実味など、ピノらしい特徴を持つ興味深いワイン。熟した茎、ドライハーブ、新鮮なリンゴ、しっかりとしたドライなタンニンが感じられる。樹齢100年のパイスで造られたこのワインは、非常に古い樹齢のブドウから造られたワインを試すチャンスであり、チリにおけるワイン造りの起源を代表する、忘れ去られようとしているブドウ品種である。また、このワインはパイスをベースにした赤ワインの本当に良い例だ。しかし、かなり素朴で、噛みごたえのあるタンニンがある。

モングラス手造り希少ガルナッチャ

  • プロデューサー モングラス
  • 地域 コルチャグア・バレー
  • ヴィンテージ: 2022年
  • ブドウ品種 グルナッシュ100
  • アルコール度数: 14
  • おおよその小売価格: ポンド19
  • スコア: 93

淡いルビー色で、赤いベリーと白胡椒のデリケートなノーズを持ち、口に含むとジューシーで完熟した肉付きの良いイチゴの果実味、デリケートな胡椒のようなスパイシーなノート、ドライで非常に繊細なタンニンとフレッシュな酸味が調和している。持続性があり、おいしく、おおらかで食欲をそそる。実際、これはチリがグルナッシュから実に魅力的でバランスの取れた赤ワインを造ることができることを示している(ピノのような甘い赤い果実味を持つが、茎っぽさはない)。

メルロ・アンプラス

  • プロデューサー サンタ・イーマ
  • 地域 マイポ・アンデス
  • ヴィンテージ: 2021年
  • ブドウ品種 メルロー100
  • アルコール度数: 14
  • おおよその小売価格: ポンド28
  • スコア: 91

チリのヴァラエタル・メルロー、特にマイポ・アンデス、別名アルト・マイポの上質な "ボルドー "ブレンドの産地のメルローを試す貴重なチャンスだ。少しジャミーな赤い果実のアロマがはじけ、トースティーなオークの香りがそれを引き立てる。フィニッシュは、スモーキーな焦がしたパンと熟したイチゴの果実味の余韻が残る。時間が経てば柔らかくなるかもしれないが、今はメルローのバランスの取れたバージョンを表現している。

モングラス・ハンドクラフテッド・レア・カベルネ・フラン

  • プロデューサー モングラス
  • 地域 マイポ・バレー、ブイン
  • チリ
  • ヴィンテージ: 2022年
  • ブドウ品種 カベルネ・フラン100
  • アルコール度数: 12.5
  • おおよその小売価格: ポンド19
  • スコア: 94+。

魅力的な熟したラズベリーとブラックチェリーのアロマを持ち、ブラックベリーもある。口に含むと、ジューシーな生垣の果実味があり、クリーミーさもあり、バニラ・オークの影響もある。ワインは若々しく、層が厚く、濃厚で、フィニッシュにはかなりグリップのある熟した、しかしドライなタンニンがある。熟した赤いベリーの風味と白胡椒のニュアンスが残る。アルコール度数わずか12.5%とは思えないほど凝縮感があり、爽やかなワインだ。それだけでなく、型にはまらないワインで素晴らしいことをやっているように見える生産者、モングラスからまた新たな発見があった--素晴らしい品種のガルナッチャと、今度はマイポのブインで造られる純粋なカベルネ・フランだ。

モランデ・ヴィティス・ウニカ・ムールヴェードル

  • プロデューサー モランデ
  • 地域 マウル・バレー
  • チリ
  • ヴィンテージ: 2020年
  • ブドウ品種 ムールヴェードル94%、シラー4
  • アルコール度数: 13.5
  • おおよその小売価格: ポンド20
  • スコア: 92

このエキサイティングな発見は、チリがヴァラエタルワインとしても一流のムヴェードルを造ることができることを示している。マウレ産の古木のムヴェードルを使用し、ミディアム・ウエイトのフィーリング、フレッシュさ、ドライで繊細なタンニンを持つ赤ワインに仕上がっている。チェリー、プラム、レーズンなどの甘い果実の核と、スパイシーでコショウのようなエッジ、そして樽熟成によるものであろうトーストとバニラもある。アルコール度数は13.5%と控えめで、過度ではなく、持続性と活力がある。

ラ・トランパ

  • プロデューサー カサス・デル・ボスケ
  • 地域 カサブランカ・ヴァレー
  • ヴィンテージ: 2020年
  • ブドウ品種 シラー72%、マルベック20%、ピノ・ノワール8
  • アルコール度数: 14.5
  • おおよその小売価格: ポンド50
  • スコア: 95

カサブランカ産のシラー、マルベック、ピノ・ノワールをブレンドした非常に珍しいワインだ。カシス、モレロチェリー、プラム、甘いストロベリーなどの果実味が幾重にも重なり、スパイシーでコショウのようなエッジもある。このような特徴は、ロースト・コーヒーからダーク・チョコレートまで、樽由来のフレーバーによって補完され、フィニッシュはドライで、口中を覆うタンニンがたっぷりあり、その後、アルコール度数14.5%から優しく温まる感覚がある。

LFE 900 BLEND

  • プロデューサー LFE
  • 地域 コルチャグア・バレー
  • ヴィンテージ: 2018年
  • ブドウ品種 シラー60%、カベルネ・ソーヴィニヨン15%、カルメネール15%、プティ・シラー7%、グルナッシュ3
  • アルコール度数: 14.5
  • おおよその小売価格: ポンド31
  • スコア: 95

瓶熟成を経た上質な高地のチリ産赤ワインを試す絶好のチャンスを提供するこのLFEワインは、コルチャグアにある同じ900mの畑のブドウをブレンドしたシラー主体の2018年ヴィンテージ。チェリーやブラックベリーの熟成香に加え、熟したストロベリー、コーヒー、シダーウッド、オレンジの皮のニュアンスも感じられる。口に含むと、同じようにプラムやシガーボックス、甘いバルサミコ、コーヒー豆のキャラクターが加わり、フィニッシュはグリップの効いたドライだがかなりソフトなタンニンと、フレッシュさをもたらすミカンのようなニュアンス。要するに、甘さとフィネスを備えた、余韻の長い、層の厚い熟成した赤ワインである。チリで最もお買い得なワインのひとつ。

モランデ・ブラック・シラー

  • プロデューサー モランデ
  • 地域 リマリ・バレー
  • ヴィンテージ: 2021年
  • ブドウ品種 シラー100
  • アルコール度数: 14.4
  • おおよその小売価格: ポンド30
  • スコア: 94+。

ピノ・ノワールや白ワインではシャルドネの方が有名だが、このシラーはリマリがこのブドウを栽培するのに適した場所であることを示している。凝縮したチェリーとブラックベリー、そしてプラムとブラックペッパーがトーストとバニラのニュアンスと調和し、きめ細かくグリップ力のあるタンニンに縁取られたこのワインは、甘ったるさや派手さを感じさせない、熟した果実の風味がたっぷりと感じられる濃密できめ細かい構造の赤ワインだ。

クロ・デュ・リカン

  • プロデューサー ラポストール
  • 地域 アパルタ
  • ヴィンテージ: 2020年
  • ブドウ品種 シラー100
  • アルコール度数: 15
  • おおよその小売価格: ポンド135
  • スコア: 95

この大きなボトルには確かに大きなワインが収められている。不透明な外観、紫色の輝き、その力強さと香りにすぐに感銘を受けるノーズは、若々しく熟したブラックベリーやチェリーのノートにリンゴやプラム、ペッパーやトーストが混じり合っている。口に含むと、チェリーやブラックベリーの果実味とともにブラックペッパーがひび割れ、次にローストしたコーヒーと焦がしたキャラメル、そして甘いバルサミコとリンゴのような特徴を持つトーストが続く。フィニッシュには、余韻の残るプラムのようなフレッシュさとしっかりとしたグリップのあるドライなタンニンがあり、甘いオークのニュアンスと混じり合っている。印象的で力強く、層の厚いワインで、世界でも偉大なシラーのひとつである。

チリワインシーンの全レポートと、テイスティングで上位に評価されたワインについては、 ドリンクビジネス9月号をご覧ください。

もっと読む

チリの極上カベルネ6種

チリの素晴らしい白ワイン7選

チリの偉大なカルメネール5種

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ