閉じる メニュー
ニュース

チリの極上カベルネ6種

今年初めに行われたチリの新リリースの徹底的な "ブラインド "テイスティングの結果、25ポンドから135ポンドの極上のカベルネ・ソーヴィニヨン6種が選ばれた。

サンタ・リタ・フロレスタ・カベルネ・ソーヴィニヨン

  • プロデューサー サンタ・リタ
  • 地域 マイポ・アンデス
  • ヴィンテージ: 2021年
  • ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン100
  • アルコール度数: 13.5
  • おおよその小売価格: ポンド25
  • スコア: 92

かなり控えめなスタイルのマイポ・カベルネで、ローズマリーやブラックカラント、ローストしたコーヒー、ラズベリーの葉のニュアンスがあり、赤とダークベリーの果実味、若干のキャラメルとトーストの風味、コショウのようなスパイス、清涼感のあるトウガラシのタッチによって補完されている。構造的には、肉付きの良い果実味がある一方で、フィニッシュにはやや固めのタンニンがある。

カタリーナ

  • プロデューサー サンタ・イーマ
  • 地域 マイポ・アンデス
  • チリ
  • ヴィンテージ: 2019年
  • ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン72%、カルメネール20%、カベルネ・フラン8
  • アルコール度数: 14
  • おおよその小売価格: ポンド50
  • スコア: 96

アルト・マイポのカベルネ、カルメネール、カベルネ・フランを使用したサンタ・エマのこのトップ・ワインは、トースト、バニラ、杉、ラズベリーの魅力的なアロマに加え、凝縮したカシスの香りがあり、実に即効性のある魅力を持っている。口中でも期待を裏切らず、同様に魅力的な風味があり、熟した口当たりだが重すぎず、フレッシュさもある。ラズベリー、プラム、ブラックカラント、チェリーなどの柔らかい果肉、クリーミーなバニラとシガーボックス、コショウのようなスパイス、しっかりとしたタンニンがドライなフィニッシュをもたらす。味わう喜びがある。

VIK

  • プロデューサー ヴィック
  • 地域 カチャポール・バレー、ミラフエ
  • ヴィンテージ: 2020年
  • ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン76%、カベルネ・フラン24
  • アルコール度数: 14.9
  • おおよその小売価格: ポンド100
  • スコア: 96+。

コルチャグアのミラウエ・ヴァレーにあるヴィックのこのトップ・エクスプレッションは、非常に印象的だが、非常に若々しい。アロマ的には、ココナッツの殻やバニラのさや、甘く熟した赤やダーク・ベリーの果実味など、2年以上の樽熟成の特徴がまだたくさん表れている。口に含むと、とてもジューシーで、肉付きの良い赤い果実と凝縮したカシスがあり、チェリーやプラム、ひび割れた黒コショウ、シナモン、シダーがそれを引き立てる。構造的には驚くほど生き生きとしているが、確かに木質的でタンニンがあり、ドライで噛み応えのあるフィニッシュ。つまり、10年以上寝かせるために造られたワインなのだ。

カルクフォテム

  • プロデューサー カルク&マキ
  • 地域 マルキゲ - コルチャグア
  • チリ
  • ヴィンテージ: 2019年
  • ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン86%、カベルネ・フラン11%、カルメネール3
  • アルコール度数: 14
  • おおよその小売価格: ポンド23
  • スコア: 94+。

コルチャグアの最良の区画のカベルネを使用したカルクのこの上級表現は、本格的なワインである。カシス、杉、トーストの豊かな香りがあり、凝縮したカシスの風味が豊かで、力強さと純粋さを備えたカベルネを思わせる。コショウの実、ローズマリー、シガーボックスのニュアンスもある。タンニンも非常に強く、ドライさを与え、印象的で真面目な骨格のある赤ワインに仕上がっている。

ル・ディクス

  • プロデューサー ロス・ヴァスコス
  • 地域 コルチャグア
  • ヴィンテージ: 2019年
  • ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン92%、シラー8
  • アルコール度数: 14.5
  • おおよその小売価格: ポンド45
  • スコア: 95+。

ロス・ヴァスコのフラッグシップ・ワイン、ル・ディックスの最新ヴィンテージは、コルチャグアのカベルネの品質の高さを示す、相変わらずの出来栄えだ。赤とダークベリーの果実味、カシスとクリーム、そして黒胡椒、杉、甘いタバコ、そして新鮮なローズマリーのヒントが続く。濃厚な風味と緻密な骨格を持ち、果実味とタンニンが豊富で、まるで瓶詰めされたばかりのような味わいの本格的なワインだ。そのため、美味しく寛大でありながら、エレガンスがないわけではないが、飲む前に瓶内でもう少し熟成させた方がいいだろう。

ラ・パルセル8

  • プロデューサー ラポストール
  • 地域 アパルタ(コルチャグア)
  • ヴィンテージ: 2020年
  • ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン100
  • アルコール度数: 15
  • おおよその小売価格: ポンド135
  • スコア: 96

アパルタの樹齢110年の接木なしのカベルネから造られるこの特別で希少なワインは、カシスやチェリーからトースト、リンゴ、スパイスまで、魅力的な香りの層を示す。このような樹齢の古木から予想されるように、ドライでしっかりとしたタンニンの塊があり、凝縮した果実味もあり、ブラックベリーからプラムに続き、コショウ、トースト、ダークチョコレート、そしてバルサミコのタッチもある。タンニンの壁は時間が経てば柔らかくなるだろうが、このワインは果実味もストラクチャーも力強く、樽の影響もある。

ワインの選び方

このセレクションで紹介するワインは、チリを代表する生産者のものである。ワインズ・オブ・チリは、試飲用に2種類以内のワインを提出するよう求めた。ワイナリーは市販されているサンプルの中で、最も自信のあるもの、新しくてエキサイティングなもの、そして定評のあるラベルの最新ヴィンテージを提出した。ワインはテイスティングされた順に、品種と産地別に並べられている。すべてのサンプルはブラインドで評価された。上記のボトルは、テイスティングの白ワインである。

チリワインシーンの全レポートと、テイスティングで上位に評価されたワインについては、 ドリンクビジネス9月号をご覧ください。

もっと読む

チリの素晴らしい白ワイン7選

チリの偉大なカルメネール5種

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ