閉じる メニュー
ニュース

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの2019年代について知っておくべきこと

先日のブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・エン・プリムールに続き、 フィリッポ・バルトロッタ がトスカーナ地方の2019年ヴィンテージをワインごとに解説します。

そして、ここでもブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・アン・プリムールの試飲をお楽しみください。今回は2019年ヴィンテージが中心でした。ご存じの通り、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノはリリースまでに少なくとも5年間はセラーで過ごさなければならないため、このヴィンテージは2024年2月から店頭に並ぶことになります。

このヴィンテージは、暑い夏と涼しい夜、比較的雨量に恵まれ、モンタルチーノを囲む丘陵地帯の幾何学的にデザインされたブドウの木が比較的ストレスなく成長するのに役立ったため、期待は非常に高かったようです。このヴィンテージを、今のところ今世紀最高のヴィンテージである「クラシック」な2016年と比較する人もいましたが、サンプルの一部が16年のようにしっかりとした構造を持ち、熟成の可能性を秘めた非常にエレガントなものであったとすれば、かなりの数のサンプルが、よりホットで、より飲みやすく、寛大な2015年ヴィンテージに近いように思えます。確かに、多くのワインがボディビルダーのキャリアを選んだように見えた灼熱の2017年や、雨の多い2018年ヴィンテージの直線的でアスレチックな構造とは似ても似つかないものでした。

2019年で私が特に気に入っているのは、たっぷりのアロマ、しなやかな果実味、心地よいジューシーさ、そして子供の18歳の誕生日にワインを保管するための重要な構造の組み合わせです!ですから、全体的に見て、非常に良いヴィンテージであり、時には少しアルコール度数が高すぎることもありますが、素晴らしい未来があります:ワインは原産地と非常に直接的なつながりを示しているようです。私は必ずしも特定の丘やブドウ畑について話しているのではなく、むしろより広い地域について話しています。実際のところ、モンタルチーノのワインは、北西、北東、南西、南東の4つの主要な象限に分けることができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Filippo Bartolotta(@filippo.bartolotta)が共有する投稿

ちなみに、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノについて語るとき、これらのワインの品質に寄与する3つの主要な要因があります。

  1. 高度。 モンタルチーノ州のサンジョヴェーゼは、アザラシのレベルから200メートルから約600メートルの高さまで移動することができます。酢が高いほど、ワインの色が薄くなり、ワインの酸性度が上がり、熟成プロセスが遅くなります(多くの場合、涼しい夜を楽しむことで、より新鮮なアロマが得られます)。
  2. 風。モンタルチーノはいつも風が強い。涼しい北風と穏やかな南西の海風にさらされる丘の上の村です。これらの空気循環は、カビに対する香油であり、2018年のような雨の多いヴィンテージの魔法の杖であり、非常に陰鬱な雨の収穫の数日前に、強い乾燥した風が文字通りすべてのサンジョヴェーゼを乾かし、ヴィンテージが救われました!
  3. 土壌組成。 モンタルチーノの大部分は、多かれ少なかれ活発な石灰質の存在を持つ泥灰土であり、南部も砂地です。一言で言えば、粘土質の土壌はボディと長寿をもたらし、砂質の土壌は爆発的な芳香とタンニンをもたらし、カルカルを含む片岩粘土はワインにミネラルと塩分をもたらします。

それでは、4つの象限と、このヴィンテージのより興味深い解釈のいくつかを見てみましょう、通常アン・プリムールに存在する約30のワイナリーが今年は現れなかったことを念頭に置いてください。

北と北東

2019年は、宗派の北部が最も多くの一流ワインを生産し、スタイルと地理的な多様性を表現しながら、フィネスと緊張感を共通点として共有しました。これらのワインは、ラズベリー、サワーチェリー、ブラッドオレンジ、ザクロなどの果実味を純粋でエレガントに表現し、ドライバルサムハーブ、ミネラル、ちょっとしたガミーさ、時にはエキゾチックなスパイスの魅惑的な香りと絡み合っています。

モンタルチーノの最北端から始まり、モンタルチーノとシエナを結ぶ道路から町に入ると、モントーリの丘の吹きさらしの斜面が右側に現れます。このブドウ畑は、ブルネッロの生産に最適な場所の1つとして高い評価を得ています。「スキエナ・ダシーノ」(ロバの背中)の形と、濃い粘土と漂砂堆積物が混ざり合った独特の土壌は、生き生きとした芳香と高い酸味を保ちながら、最適な熟成度と素晴らしい味わいの深さを達成することができます。このヴィンテージでは、モントソリの最も象徴的なワインの1つであるカパルツォのラ・カーサは、クリュのユニークでほとんどエキゾチックな特徴を表現し、ブルゴーニュを彷彿とさせるブルネッロと呼ぶべきでしょうか?

対照的に、カナリッキオ・ディ・ソプラのヴィーニャ・モントーリは、タンニンの重さを取り除くのにもう少し時間が必要ですが、この場合でもアロマは実に素晴らしいです!

約2km南下し、菅川を渡ると、町の真下に位置し、粘土質のなだらかな丘陵地帯のヴァル・ドルチャの絵に描いたような美しい景色を望む北東の象限は、2019年に優れたワインを造った中小規模の生産者が集中していることを誇ります。際どい酸味は常に重要な要素であり、高い評価を得た2016年のブルネッロに匹敵する数少ないワインの一つとなっていますが、不均質な地質により、石灰質の上り坂から、さらに東に行くにつれてかなり粘土質の土壌まで、土壌は大きな変動性をもたらします。

異なるワイン造りのアプローチは、スタイルの多様性をさらに強調します。例えば、フランコ・パチェンティ、リドルフィ、フリニーニ、レニエリ、サン・フィリッポのワインは、ビロードのようで表現力豊かで、短期または中期の消費に適していますが、カパンナとサルヴィオーニのワインは、同様のフィネスとややタイトでエッジの効いた味わいを混ぜ合わせており、少しのセラーリングやジューシーなビステッカ・アッラ・フィオレンティーナが必要です。

北東象限に収まるもう一つの非常に重要な地域は、モンタルチーノの町のすぐ南に伸びる急な丘の連続です。渓谷に面したこの地区は、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの歴史的な発祥地であり、バルビ・コロンビーニやビオンディ・サンティなどの古代王朝のポデーリ(農園)があり、ジャンニ・ブルネッリのキウス・ディ・ソットまで広がっています。 私たちの見解では、そのブドウ畑は、東側の2つの象限の間の境界を示しています。

片岩粘土とピエトラフォルテ(石灰質砂岩)を豊富に含む土壌と、標高400メートルから500メートルのこれらのワインは、モンタルチーノで最もパワフルで質素なワインの一つに数えられ、非常に控えめに始まり、やがて花を咲かせます。最近試飲した1988年式ビオンディ・サンティ・リゼルヴァは、その長期的なポテンシャルを証明しました:その際どくエネルギッシュな味わいを考えると、2019年のビオンディ・サンティ・アナタが2025年まで店頭に並ばず、リゼルヴァがさらに長く控えられるのは当然のことです。

ジャンニ・ブルネッリの2019年も際立っており、ブドウ畑は南東部に面し、アミアータ山を見下ろすため、ワインはほんの少しだけ豊かさを示していますが、それでも北からのブルネッロのタンニンの活力と堅固さを際立たせています。

カパルソ – ラ・カサ

魅惑的なラズベリーとザクロがスミレ、サンダルウッド、ほのかな鉄分、エキゾチックなスパイスのキックと混ざり合います。とてもピュアでエネルギッシュで、カリカリの赤と黒の果実、バルサムハーブ、ミネラルのシームレスな流れを通して、並外れたエレガンスの感覚を伝えます。よく溶け込んだタンニンが、長く洗練されたフィニッシュを支えます。

ジャンニ・ブルネッリ – Le Chiuse di Sotto

深みと重層性があり、ウッディ、アーシー、バルサミコのアロマのベールの下に、摘みたてのブランブルフルーツのヒントがあります。スミレとダークスパイスも放映で浮かび上がります。後部にさらなる豊かさとクリーミーさが加わりますが、鋭い酸味とよく抽出されたタンニンが、美しく落ち着きのあるクラシカルなレーシーなワインを生み出し、長く洗練されたフィニッシュで最高潮に達します。

フランコ・パチェンティ – ロシルド

スイカのゼリーとエキゾチックな花、そして植物のハーブと下草が続く、驚くほど香りがします。親しみやすいが、長期的にうまく機能するのに十分な内なるエネルギーを持っている。ブラッドオレンジとピンポイントのタンニンが、長く美しく落ち着いた進行を支えています。

サルヴィオーニ

昔ながらのスモーキーさとガミっぽさが、ザクロ、バルサムハーブ、ダークスパイスと混ざり合っています。クラシカルなスタイルで、堂々としながらもよく管理されたタンニンが中心となり、歯ごたえのあるダークフルーツとほんの少しの説得力のある土っぽさがバックボーンになっています。本当に深くて複雑な、このワインは長い道のりを歩むために造られたワインです。

カナリッキオ・ディ・ソプラ – ヴィーニャ・モントソリ

サンダルウッド、オリエンタルスパイス、コーヒー、そして背景にある最も純粋な赤い果実と花など、香りは実にうっとりさせます。若々しく印象的なタンニンとさわやかな酸味がサワーチェリーとザクロを縁取り、口当たりは鼻が示唆するよりも厳格でしっかりと巻かれています。それでも、これは優雅に進化するモントソリの素敵な演出です。

カパンナ

ダークチェリーとブラックベリーが、アニス、リコリス、そして焙煎したコーヒーの香りに取って代わられます。比較的幅広でありながら、優れた酸味を示し、固体構造を抑制します。若々しく食いしばるタンニンが、ジューシーなブランブルフルーツと香ばしい酸味を特徴とする、厳格でありながら落ち着いたフィニッシュになります。

フリニー

風通しの良いスミレとサワーチェリー、ボタニカルでビターオレンジのエッジ、ほとんどネグローニのようです。一見しなやかで、ショ糖の赤い果実がしっかりとしたタンニン構造をカモフラージュしています。エレガントで洗練されたこのワインは、ゲートから出してすぐによく飲みますが、美しく熟成するのに十分な肉と中口蓋の構造も備えています。

レニエリ

エキゾチックなフローラル、ユーカリ、そして湿った土のヒントと混ざり合う甘い赤い果実。上品で親しみやすい:明るい酸味は、爽やかなハーブ/バルサミコの酸味と結びついており、熟した赤い果実のしっかりとした芯を持ち上げ、長く主にフローラルなフィニッシュを伸ばします。力強さよりもフィネスを重視した親しみやすいワイン。

リドルフィ

魅惑的なラズベリーとビターオレンジがメントール、ポプリ、レザーと絡み合っています。優雅さと深みを同時に備え、ほこりっぽいタンニンがスミレ、イチゴ、ブラッドオレンジの魅惑的な流れを後押しします。ピュアで軽やかで、タルトベリーとブラッドオレンジが特徴の長い余韻。

カサノヴァ・ディ・ネリ

カサノヴァ・ディ・ネリの特異なスタイルが存分に発揮されており、カサノヴァ・ディ・ネリの商品の中で最も伝統的でありながら、甘いブラックベリー、動物性ムスク、ダークチョコレートの後に同様のフレーバーが続く、ダークで力強いプロファイルを示しています。優れた酸味が口蓋を染めるダークフルーツの層を切り裂き、長く若々しいパウダリーなフィニッシュへと導きます。

カステッロ・トリチェルキ

すぐに魅力的な赤いチェリーが、革とダークスパイスと混ざり合います。しなやかでビロードのような、よく溶け込んだタンニンが、熟した甘美な赤い果実を口いっぱいに引き出します。短期・中期的な消費に最適なブルネッロです。

ドナテッラ・チネッリ・コロンビーニ – Prime Donne

落ち着いたバルサミコ:甘草、コーラ、スミレ、そして湿った土のヒントが空気とともに浮かび上がります。爽やかな酸味とビロードのようなタンニンがミディアムボディの味わいを支え、長く洗練されたフィニッシュに余韻を残します。

ファットリア・デイ・バルビ – ヴィーニャ・デル・フィオーレ

若々しく寡黙で、ハーブのニュアンスが酸味のあるダークベリーとスミレを支えています。同様に、口当たりも厳格で、パウダリーなタンニンと明るい酸味が前面にあり、長期的に優れたパフォーマンスを発揮するのにふさわしい資質を持っています。

ゴレリ

熟した赤い果実、革、ポプリが混ざった湿った大地。非常にクラシカルなスタイルで、際どいタンニンがサワーチェリーと下草を重ね合わせています。タバコとタールが香ばしいフィニッシュに響きます。

パトリツィア・チェンチョーニ – オフェリオ

焙煎したコーヒーと煙の匂いが、カリカリのブラックベリー、甘草、湿った土を複雑にする魅力的なダーク。口に含むとかなり陰鬱ですが、酸味は構造全体を支え、リフトを提供するのに十分な活気があります。甘草とミネラルがミディアムロングのフィニッシュに響きます。

北西

モンタルチーノの町の西側には、ヴァル・ドルチャの糸杉が生い茂るむき出しの丘ではなく、緑豊かな山々が広がり、ブドウ畑はほとんどなく、ほとんどが森の中に点在しています。

この象限は、あまり知られていないものの、いくつかの特徴的なワインを提供します。町のすぐ西側には、ライエッタ、ピエトロソ、ティエッツィ、コッレオーニの所有地があり、モンタルチーノの都会のブドウ畑と見なすことができます。ブルネッロの畑は、もともと19世紀後半にブルネッロの見捨てられた開拓者であるリッカルド・パッカニーニが所有していたエステートの一部でした。

残念なことに、パッカニーニがブドウを栽培していた他の段々畑は、劇的な斜面が長い間、大規模な土地所有者の投資を妨げてきたため、いまだに救済が必要だ。しかし最近では、この地域全体が上昇傾向にある:ティエッツィのヴィーニャ・ソッコルソは、アルベレッロで調教されたブドウの木から造られ、古いマッサル・セレクションに植えられている。2019年は、超伝統的なワイン造りのスタイルに由来する三次的な進化のタッチが見られるが、長持ちするエネルギーも十分にある。

2019年のピエトロソは、ミッドウェイトとフレグランスのあるスタイルでも輝いていますが、この象限を純粋に表現しているわけではなく、一部の果実は北東部の保有地から調達されています。

モンタルチーノと西の高い丘を隔てる渓谷の向こうには、いくつかのワイナリーが見られ、カステッロ・ロミトリオ、コルテ・パヴォーネ、サンロレンツォ、カスティリオン・デル・ボスコ、テヌーテ・シルヴィオ・ナルディなどのSP103道路の脇にあるワイナリーは、モンタルチーノのブドウ栽培の最西端のフロンティアを表しており、その区画のいくつかは完全に森に囲まれています。特定のスタイルの選択により、これらのワインのいくつかは、予想以上に豊かで熟した味わいになることがよくありますが、最近のヴィンテージはフィネスに重点が置かれており、北東部よりもさらにさわやかな酸味、タイトなタンニン、わずかに暗いアロマがブラックフルーツに向かっています。

ピエトロソ

鉄と動物のムスクは、摘みたてのレッドチェリー、メントール、アニスを複雑にします。明るく魅力的で、レーザーのような酸味と香り高い赤い果実、エッジの効いたタンニンが組み合わさっています。タイトすぎず明るくエレガント。

サンロレンツォ

スミレ、ラズベリー、アニスを中心に、上品で香り高い香り。中重量で酸味が強く、若々しく際どい味わいは、高地(約500m)のブドウ畑の原産地をはっきりと示唆しています。エレガントでピュアな、それでも非常にタイトな味わいで、バルサムハーブとハードキャンディーの共鳴するフレーバーで終わります。

ティエッツィ – ヴィーニャ・ソッコルソ

革、鉄、林床は、魅惑的な赤いチェリーとポプリに徐々に道を譲ります。味わいも同様に魅力的で、甘いチェリーとクレーム・ド・カシスを支える香ばしいブラッドオレンジが、ほんのりパウダリーなフィニッシュを複雑にしています。今は魅力的ですが、セラーにもふさわしいです。

カステッロ・ロミトリオ – フィーロ・ディ・セタ

今は極端に恥ずかしがり屋で、ココアパウダーのベールの下にスミレとカリカリのブラックベリーの控えめなニュアンスがあります。味わいも同様にタイトですが、魅惑的なフローラルとバルサミコオークの舐めが、エネルギッシュで酸味のある進行を複雑にしています。

カスティリオン・デル・ボスコ – カンポ・デル・ドラゴ

焙煎したコーヒーとエルダーフラワーが甘いブラックベリーとスミレを重ね合わせた、ダークで素朴な香り。幅広でビロードのような香りが漂い、この地域の他のワインよりも少しクリーミーですぐに魅力的な感じがしますが、生き生きとした酸味と完璧に統合されたタンニンのおかげで、優れた落ち着きを保っています。

コルテ・パヴォーネ – フィオーレ・ディ・メリロート

鉄分、メントール、そしてほんの少しのスパイシーなオークが、タルトのブランブルフルーツをカモフラージュしています。力強さよりもフィネスに重点を置き、非常に優雅で優美な感じがし、さわやかな酸味がミッドウェイトの進行に活力を与え、メントールとリコリスが上品なフィニッシュを引き延ばします。

テヌーテ・シルヴィオ・ナルディ – ポッジョ・ドリア

特徴的な赤いリンゴとラベンダーがウッディな色調と混ざり合います。この段階では、ダスティなタンニンが果実を上回り、ミディアムロングのフィニッシュにドライな印象を残します。少しボトルを熟成させると改善する場合があります。

東南

Passo del Lume Spento, ;The passage of the mulled light」と書かれています。トールキンの小説から取られた名前で、モンタルチーノの町の南にあるこの地域は、一般的に宗派の北部と南部の境界の1つと見なされています。標高700mのこの町の最高地点でもあり、歴史的に高品質のワイン生産には適していないと考えられていましたが、アンティノリやサンタ・レスティトゥータ(ガジャ)などの大手企業が近くのブドウ園に投資し、地球温暖化に直面してその可能性が再評価されています。ル・ラグネの名を冠したワインなど、このテロワールを純粋に表現したものは非常に少ないですが、2019年にはその周辺で造られたワインが堅実であることが証明されました。イル・ポッジョーネのフランチェスキ家が最近設立したプロジェクト、ラ・カサッチャは、森に完全に囲まれた450-480mの区画から、特に有望なブルネッロを造りました。これはモンタルチーノの南東部では珍しい環境であり、主に北西部で見られ、ワインは場所自体と同じくらい独特です。

実績の高いワイナリーが集まっているのは、パッソ・デル・ルメ・スペント(Passo del Lume Spento)の東側、ル・チウゼ・ディ・ソット(Le Chiuse di Sotto)のすぐ南側にあります。宗派の南東端まで続くSP55道路の東側では、サン・ポーロ、ル・マチョーシュ、サン・ポリーノが、セクシーなフローラルとエキゾチックなスパイスが複雑な甘い赤い果実を思わせ、親しみやすく繊細な味わいとバランスの取れた酸味を期待して、特に魅力的なワインを生産しています。

さらに南下すると、カステルヌオーヴォ・デッラバーテは、モンテ・アミアータを背景にしたブドウ畑や田舎の家々の絵に描いたような景色で、訪問者を息を呑ませます。ランドマーク的なモニュメントである中世のサンタンティモ修道院は、魅力的な小さな町がある渓谷の底にあります。周辺の斜面にある邸宅は、モンタルチーノで最も尊敬されているものの一つです。

アミアータ山に近いことによる冷却効果は、日中の暖かい気温と夜の涼しさを補い、通常、赤果実の豊かさと熟した酸味がマッチした優れたバランスを保ちながら、大きくて力強いワインを生み出します。

ポッジョ・ディ・ソットなど、この分野で最も野心的な2019年は、パワーとエネルギーの魅惑的な組み合わせを示していますが、最も成功していない例は、通常よりも濃い果実味を示し、フィニッシュが少し暖かく乾燥しているように感じます。

カステルヌオーヴォ・デッラバーテの西に位置するサンタンジェロ・イン・コッレには、このドメーヌで最も多くのブドウ畑があり、そのほとんどがアルベレーゼ(灰色の石灰岩)とガレストロに富んだ土壌のなだらかな丘陵地帯にある。この地域のブルネッロは、カステルヌオーヴォ・デッラバーテのものよりもさらにリッチな傾向にある。コル・ドルチャの古いヴィンテージ、例えば素晴らしいポッジョ・アル・ヴェント1990などはその一例である。

カステルヌオーヴォ・デッラバーテとまったく同じように、このエリアは2015年や2016年のようなトップヴィンテージよりも2019年の一貫性が低いことが証明されました。しかし、2019年のコル・ドルチャを含む、かなりの数の堅実なワインを提供しています。最高のヴィンテージよりもやや熟成し、果実味が増したこのブルネッロは、ゲートから出してすぐによく飲むことができます。

いずれにせよ、サンタンジェロ・イン・コッレのヴィンテージの真の主役はジオドです:世界的に有名なワインメーカーのカルロ・フェリーニは、超濃縮ワイン造りで有名になりましたが、彼の娘のビアンカは、このドメーヌで正反対のスタイルを追求しているようです。このワイナリーは、この若いワイナリーがこれまでに作った中で最高のヴィンテージであるだけでなく、ブルネッロのまったく新しいスタイルを象徴しています。伝統的に質素で素朴なバージョンに慣れている人は、その初期の魅力、洗練され、果実味を前面に押し出したアイデンティティが特に好きではないかもしれませんが、洗練されたブルゴーニュにインスパイアされた赤の愛好家は、多くのことを気に入るでしょう。

ジオド

信じられないほどピュアで風通しの良いラズベリーと赤いバラが、ラベンダー、サンダルウッド、オリエンタルスパイスと混ざり合います。ミッドウェイトでシルキーなこのワインは、スクロースレッドとブルーの果実味の魅惑的な芯を持ち、後部にはピノ風のフィネスとブラッドオレンジのさわやかさがあります。ピンポイントのタンニンがシームレスな進行を愛撫し、ボタニカルハーブとオークスパイスのわずかなヒントを特徴とする長いフィニッシュをサポートします。

ポッジョ・ディ・ソット

グリルしたハーブ、スモーク、動物性ムスクが、サワーチェリーやポプリの明るい色合いにマッチします。この段階ではやや控えめで、印象的なタンニンと香ばしいミネラルが、カステルヌオーヴォ・デッラバーテ産のブルネッロの典型的な赤い果実の豊かさをカモフラージュしています。それでも、爽やかなブラッドオレンジの酸味と微妙な土っぽさが「明暗法」のフィニッシュを引き延ばし、美しいグリップと落ち着きを見せています。長距離用に構築されています。

カサノヴァ・ディ・ネリ – テヌータ・ヌオーヴァ

この紛れもなくモダンな樽熟成のブルネッロは、ココアパウダー、メントール、グラファイト、ダークスパイスと混ざり合うプラムとスミレのあふれんばかりのアロマを予想する比較的暗い色を示しています。肩幅が広く、ビロードのような、優れた酸味が退廃的な赤い果実を芯まで持ち上げ、クリーミーなオークの舐めがシームレスな進行のエッジを丸め、長くわずかにタール状に仕上げます。

ラ・カサッチャ・ディ・フランチェスキ

ダークで魅惑的:バルサミコ酢のニュアンスは、ブラックベリー、スミレ、黒トリュフの魅惑的な香りを予想します。クラシカルで素朴でややスモーキーですが、スリムで明るく、カリカリのブランブルフルーツが前面に出て、ハーブのひねりが風味豊かなフィニッシュをリフレッシュします。

マストロジャンニ – ヴィーニャ・ロレート

甘いラズベリーとクレーム・ド・カシスは、鉄分、葉巻の灰、地中海のハーブに取って代わられ、カステルヌオーヴォ・デッラバーテの教科書的な香りを形作ります。同様のフレーバーが口に含み、ビターオレンジのキックがすべてを抑制し、よく統合されたタンニンが長く鉄分を帯びたフィニッシュを縁取ります。

タレンティ – ピエロ

ダークで深みのある、狩猟肉のような素朴なアロマが、芳醇な黒と赤の果実をカモフラージュし、重すぎずサンタンジェロ・イン・コッレの力強さを醸し出す、同様に豊かな口当たりを期待しています。若々しく掴みどころのあるタンニンが、ダスティなミネラルと優れた酸味のバランスを特徴とする長いフィニッシュをサポートします。

カジサーノ

プラム、チェリー、生き生きとしたバルサミコのエッジ。エレガントなノーズは、幾つかの冷たいスパイスと温かみのある果実味主体のキャラクターを持つ。非常によく溶け込んだタンニンと力強い土っぽさがあり、昔ながらのトスカーナの風格がある。

コッレマットーニ

鉄とバルサムのハーブが魅力的な赤い果実を複雑にします。ピリッとしたハーブとブラッドオレンジ、甘美なレッドチェリー、湿った土のニュアンス、味付けされた木材のニュアンスが長く際どいフィニッシュを延長し、口蓋をしっかりと掴みます。

Ciacci Piccolomi d' Aragona – ピアンロッソ

この段階では、摘みたての赤い果実に煙と鉄が重なり合って、少し閉じています。ブラッドオレンジと際どいタンニンが口蓋の中心となり、やや厳格ではあるが有望な進行となる。芳香の幅が広がるまで時間をかけてください。

ラ・マギア – Ciliegio

非常にモダンで、赤いバラ、プラム、甘いスパイスの下に土っぽさがほんの少ししか感じられません。赤い果実の豊かな芯とは裏腹にピンポイントのタンニンが、ジューシーで洗練された口当たりと、ベルベットのようなバルサミコ酢のフィニッシュを生み出します。中期的な消費に最適です。

ル・マシオッシュ

ローズマリーと白胡椒は、ダークチェリーとスミレを増幅します。落ち着きがあり親しみやすく、継ぎ目のないタンニンがミディアムからフルストラクチャーを支え、よく溶け込んだ酸と香ばしい酸味が長く集中したフィニッシュに余韻を残します。

サンポーロ - ポデルノヴィ

スイカのゼリー、ボタニカルハーブ、ポプリなど、チャーミングな香りがピノ風の魅力を放ちます。非常に明るくフレッシュで、ショーで最も深いワインではありませんが、爽やかな酸が甘美な赤い果実の中重量のコアをサポートし、長い余韻を延ばす、優れた洗練と集中力を示しています。

サンポリーノ - ヘリクリサム

魅惑的ですぐに喜ばれる:バルサムハーブ、ダークスパイス、トーストの香りが、赤いチェリーとポプリを複雑にします。スクロースの赤い果実が口に広がり、甘美でオープンニットの口当たりが形作られ、バランスのとれた酸味と、主張の強いタンニンが長く続くバルサミコ酢のフィニッシュまで盛り上がります。

ウッチェリエラ

ダークチェリーは、タバコ、グリルしたハーブ、そして湿った土の匂いと混ざり合います。熟した酸味としっかりとしたストラクチャーを支え、サワーチェリーとスモークが長い余韻に響き渡るクラシカルなスタイル。

Ciacci Piccolomini d'Aragona (チャッチ・ピッコロミーニ・ダラゴーナ)

ピアンロッソよりも、甘い赤い果実の上に野生のフェンネルとアニスが添えられています。親しみやすく、適度に温かく、熟した酸味が官能的な赤い果実を持ち上げ、わずかにほこりっぽいフィニッシュに残ります。

コル・ドルチャ

野イチゴと赤いチェリーの可憐な香りが、甘草、スミレ、オレガノと組み合わされています。口当たりも同様に洗練されており、複雑さの最後の言葉ではありませんが、すぐに心地よい赤い果実と熟した酸味の組み合わせは非常に魅力的です。ドライハーブがミディアムロングの余韻に残ります。

イル・ポッジョーネ

昔ながらの素朴さとガミっぽさがブラックフルーツを上回り、三次進化のほんの少し、主張の強いタンニン、わずかに暖かくスモーキーなフィニッシュとバランスの取れた香ばしい酸味が、しっかりとした味わいを期待しています。

ラ・フィオリータ – フィオーレ・ディ・ノー

ブラックベリーとフローラルは、湿った土、革、ココアパウダーと混ざり合います。親しみやすく、口に含むと、クリーミーなストラクチャーが賢明な酸とよく統合されたタンニンによって活性化されます。ドライハーブがミディアムロングの余韻に残ります。

テヌータ・ブオン・テンポ

ダークチェリーとレザーが、塩気とハーブのタッチと混ざり合います。口に含むと同様で、控えめな赤い果実に素朴なエッジ、際どいタンニン、そしてミディアムロングのフィニッシュを引き上げる程よい酸味があります。

南西部

パッソ・デル・ルメ・スペントから南西へ向かうと、なだらかな丘陵地帯がマレンマに向かって緩やかに下降し、頂上からは水平線上にティレニア海が見えます。

この地域の輝きはまばゆいばかりのもので、海の影響と相まって、モンタルチーノのいくつかの非常に成功したスーパートスカーナを含む、独特の地中海の魅力を持つワインを形作ります。

アルジアーノ通り沿いのタヴェルネッレ地区には、ケース・バッセ・ディ・ソルダーラ・ガジャのピエーヴェ・レスティトゥータ、ファットイ、カプリリなど、その規模をはるかに超える中小規模のワイナリーが集まっています。2019年は、アルベレーゼが豊富で、標高が450mを超える比較的高い土壌により、地中海の魅惑的な活気を誇りながら、スタイルの多様性を際立たせる優れたブルネッロを生産することができました。若い頃は一見楽しいようですが、よく年をとってしまいます。

タヴェルネルの北と南には、モンタルチーノで最大かつ最も歴史的な邸宅がいくつかあります。中世にまでさかのぼる歴史を持つアルジャーノは、ブラジルの起業家アンドレ・エステベスの指揮の下、再び台頭しています。2018年に続き、2019年のアルジャーノも大きな成果です。

北側に横たわり、四方を森に囲まれたフレスコバルディ家のカステルジョコンドミニアムは、なんと190ヘクタールにも及びます。また、テヌータ・ルーチェも併設されており、そのブドウ畑は同名のスーペルトスカーナとブルネッロ・ディ・モンタルチーノの生産に捧げられています。

さらに西には、モンタルチーノで最も有名なワイナリーの1つとなった魅惑的な小さな村、カミリアーノのブドウ畑が、宗派の西の境界を示すオンブローネ川に隣接しています。過去数十年で最も温暖なヴィンテージでは、ここで造られたワインは過剰な熱と乾燥を示し、革のようなスパイシーな風味が果実を上回りましたが、2019年は完璧にバランスが取れていることが証明されました:良好な酸味は、モンタルチーノで最も暖かい地域の1つに期待されるしっかりとした構造とアロマの活気を調整します。

大事なことを言い忘れましたが、カステッロバンフィの保有物は、オルチャ川に向かって下降し、このセクターの最南端を占めています。約200ヘクタールの敷地を持つバンフィは、イタリアで最も有名なワインブランドの1つです。マリアーニ・メイ家と歴史あるワインメーカーのエツィオ・リヴェッラは、1970年代以降、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの興隆への道を切り開いたとされています。

平均年間500,000本以上のボトルが生産され、エントリーレベルのバンフィ・ブルネッロ・ディ・モンタルチーノは商業的に輝かしい成功を収めており、2019年は良い努力です。一方、2019年のVigna Marruchetoは特に魅力的な演出で、全体的な落ち着きが際立っていますが、豊かさと即時の魅力に焦点を当てたBanfiの特徴的なスタイルを体現しています。

カプリリ

タヴェルネル/サンタ・レスティトゥータ地区では、イチゴとザクロが主役で、ブラッドオレンジ、ドライハーブ、そしてほんの少しの下草が続きます。口に含むと、同様に純粋で明るいシャープな酸がミディアムからフルストラクチャーに活力を与え、芯にはショ糖の赤い果実味があり、背景にはほんの少しのタンニンのほこりがあり、並外れたバランスと焦点を保つこのテロワールの独特の表現を生み出しています。

アルジャーノ

表情豊かで魅力的なオークスパイスのキスが、純粋な赤いチェリーをリコリスとピリッとしたハーブに変化させます。魅惑的なオープンニットで、甘美な赤い果実のミディアムボディの芯にブラッドオレンジの酸味がバックボーンし、長く香ばしく仕上げられます。

バンフィ – ヴィーニャ・マルチェート

陰鬱でパワフルで、煙と下草がアニス、ケッパー、ブラックベリー、スミレを縁取っています。幅広でクリーミーな味わいで、生き生きとした酸味、充実したタンニン、そして長い余韻で魅惑的なハーブとスパイシーな要素が際立つことで、バランスが保たれています。

カミリアーノ – パエザッジョ・イナッテソ

スパイス、ハーブ、動物のニュアンスが重なり合った赤と黒の果実が、その場所の独特の感覚を伝えます。大胆でスモーキーでありながら重すぎず、よく溶け込んだタンニンが、香ばしいミネラルとともに実質的な構造を支え、ガリーグの香りが長く続くフィニッシュでグリップを緩めます。

ファットイ

塩辛くて動物的な、湿った土とガリーグのベールの下に隠された赤と黒の果実。クラシカルなスタイルで、印象的なタンニンが徐々にダークフルーツとスパイスに取って代わられ、長くスモーキーなフィニッシュが続きます。

カミリアーノ

ブラッドオレンジ、オレガノ、パプリカ、スモークの香りが表情豊かな鼻を作り、ほんの少しの粉っぽさで魅力的な味わいを期待し、フルーツ酸のバランスがとれ、親しみやすさを育みます。スパイシーなハーブがミディアムロングの余韻に残ります。

エリア・パラッツェージ

ピリッとしたハーブ、タプナード、ダークスパイスの上に赤いチェリー。ミディアムボディで親しみやすい、狩猟肉のようなスパイシーな輪郭からミッドウェイトのストラクチャーは、太陽の光を浴びたブドウ園の産地を思わせますが、果実味と酸味は十分に明るく、早飲みの魅力をたっぷりと与えます。

モカリ – ル・ラウナーテ

タヴェルネル近郊のブドウ畑では、地中海のハーブ、甘いラズベリー、スミレに焦点を当て、素朴で木の香りが背景に響き渡ります。口に含むとややフルーティーで、やや埃っぽいタンニンのベッドに熟した赤い果実味が現れ、ハーブのひねりがミディアムロングのフィニッシュを延長します。

セスティ

非常に表現力豊かで、スイートチェリー、アニス、ココアパウダーを支える第三次進化のタッチがあります。果実味が豊かで、よりタンニンが強く、フレッシュな後味に変わり、ミディアムロングのフィニッシュにアルコールの熱が加わります。

バンフィ

教科書通りの土っぽさと乾燥ハーブをダークチェリーに重ね合わせ、トーストしたオークとタールを添えています。口に含むと直線的:やや渋みのあるタンニンがバックボーンとなり、クリーミーなダークフルーツに焦点をあて、スモーキーでハーブの風味で仕上げるオープンニットの進行。

関連記事

ケレライ・ボーゼン・TAL:アルト・アディジェの2つの新しいアイコン

バローロ・アン・プリムール2023:「ワインの連帯に国境はない

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ