閉じる メニュー
ニュース

ビールの残りを使ったレストラン・パネル

コペンハーゲンのスタジオが、ビール製造に使われた使用済み穀物からレストラン用のパネルを作った。

(画像:Instagram/アベン醸造所)

ナチュラル・マテリアル・スタジオは、コペンハーゲンのアベン醸造所から調達した使用済み穀物で「渦巻き」パネルを制作した。

粒子は湿ったパルプとして抽出され、さまざまなサイズに粉砕された後、スタジオが作成したプラスチックとチョーク製品を使ってパネルにされた。

パネルができあがると、醸造所のレストラン&バー「エアポート・アベン」の壁の間仕切りとして設置された。

インタビュー Dezeenこのスタジオでパネルをデザインしたボニー・フビラムは、使用済みの穀物を含む「マスク」は「ほとんどペンキのようなもの」だと語った。

彼女は同サイトに、スタジオのチームは乾燥の過程で発酵しないようにしなければならなかったと語った。

dbスポンサード・コンテンツ

ビッグ・ストーリー

飲料製造工程を改善する実際の成功例とは?

ポール・コーポレーションは、深層ろ過ソリューションの使用による効果を示す一連の成功事例を収集した。
続きを読む...

ポールのソリューションはこちら

彼女は言った:「ビール製造の過程で、すでに一度処理されたものを扱っていました。マスクグレインの再加熱には細心の注意が必要でした。

「マスクが再び発酵すれば、パネルが乾くことはなかっただろう。

その結果、またキャスト中に余分な水分が抜けるようにするため、マスクが発酵し始めることなくパネルをセットするのは「ゲーム」だったという。

フビラムはまた、このパネルが「醸造所のビールを実に具現化している」ため、このスペースでうまく機能していると考えていると語った。

アベンはまた、オーフスでタップルームとボトルショップを運営しているほか、コペンハーゲンのミートパッキング地区の中心に位置する、レストランとタップルームを併設した別のサイトも運営している。

その代表的なビールには、「レシピを正確に理解するまでに試行錯誤を繰り返した回数にちなんで」命名されたBryg 61(Brew 61)がある。

さらに、毎月2~3種類の新しいビールを製造しており、IPA、インペリアル・スタウト、多数のサワーを含む100種類以上の「ビール・アーカイブ」を作っているという。コリングにある醸造所の生産能力は限られているため、ほとんどのビールは季節限定であり、短期間で限られた数しか販売されないという。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ