閉じる メニュー
ニュース

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ2021:逆境の中のエレガンス

2021年ヴィンテージのブルゴーニュは壊滅的な春の霜に見舞われたが、最も名高いドメーヌのワインはどうだったのだろうか?ルイ・トーマスがレポートする。

ドメーヌの共同責任者であるペリーヌ・フェナールとベルトラン・ド・ヴィレーヌは、商社Corney & Barrowのオフィスで、集まったワイン業界の専門家たちに2021年のアン・プリムールを披露した。

コーニー&バロウの社長アダム・ブレット=スミスは、このテイスティングは確実なものではなかったと明かした。

暖冬の後、決定的な打撃を受けたのは4月6日、7日、8日の夜で、突然の冷え込みにより、エステートの一部では水銀柱が-8℃まで下がった。4月7日には雪が降り、翌日の夜にはまた霜が降り、蕾は台無しになった。この災害は、ヴォーヌ・ロマネのラ・ターシュのような標高の高い地域がより深刻な影響を受けたため、低地のブドウ畑は(冷たく湿った空気が定着するため)霜に弱いという常識を覆した。夏は暖かかったが、しばしば雨に見舞われたため、収量減への不安はほとんど解消されなかった。

情けない」という言葉は強いが、この数字は実に厳しい。霜はブドウ畑に大打撃を与えた。ヴォーヌでは収穫量の約半分が失われ、コルトンとモンラッシェでは90%もの損失となった。9月26日から27日にかけて行われたコルトンの収穫では、1ヘクタールあたりの収量は5ヘクトリットル(2020年は24.6ヘクトリットル/ヘクタール)、ラ・ターシュの収量は8.6ヘクトリットル/ヘクタール(2020年は29.7ヘクトリットル/ヘクタール)とあまり良くなかった。救いだったのは、収穫前の天候が良好だったことだ。

量より質

しかし、ブレット=スミスは、莫大な損失が残されたものをより貴重なものにしたと示唆した。

前夜、Corney & Barrowは2008年のワインと2021年のワインを比較テイスティングした。

フェナレも同じようにストイックで、できたかもしれないブドウのことで泣いても仕方がないと言う:「量が少なかったことを残念に思うよりも、ブドウの木が実を熟すことができたことを祝福していると感じています」。生育期が終わる9月下旬から10月上旬にかけて、潜在的なアルコール度数は13.5%から14%だった。

セラーでは、ブドウを注意深く選果した後、マイスターであるアレクサンドル・ベルニエが全房で醸造を行った。

ワインの性質が比較的デリケートであるため、樽熟成の期間は短めに設定され、樽の特徴が出過ぎないようにした。その後、瓶詰め前にステンレスタンクで熟成させ、2022年12月から2023年4月の間に瓶詰めされた。

「最初にヴォーヌ・ロマネの1er Crue Cuvée Duvault-Blochetを試飲したとき、美味しすぎると思った。

続いてコルトンは、ド・ヴィレーヌに言わせれば "エレガンスを感じさせる "赤い果実の香りがした。実際、"エレガンス "は、試飲したワインの多くにとって非常に重要な表現であった。

フェナールは、最後の区画で収穫されたエシェゾー(収穫は10月2日に終了)について、凝縮感の欠如を「素晴らしいストラクチャー」で補っていると語った。さらに骨格がしっかりしていたのはグラン・エシェゾーで、その若さにもかかわらず、わずかにグリップのあるタンニンが感じられたが、決して青臭くはなかった。グラン・エシェゾーの畑自体も2021年で最も素晴らしい収量を記録し、21.6hl/haを生産した。

ド・ヴィレーヌの言葉を借りれば、ロマネ・サン・ヴィヴァンは "ベルベットの手袋をはめた拳...非常に伝統的で、エネルギーと力強さがある"。

このテイスティングでは、リシュブールの「エレガントさ」が強調され、ロマネ・サン・ヴィヴァンの後にテイスティングされるのは数年ぶりのことだった。

このような品質のワインであれば、生育期の問題を超越できるとさえ言われた。

ド・ヴィレーヌ曰く、「ロマネ・コンティは別世界」。「難しいヴィンテージであっても、すべてが常に快活でエレガントだ。爆発的な派手さはないが、口に含むとしっかりとした感触がある。

同様の見解は、アン・シャルルマーニュとル・シャルルマーニュの区画から醸造された、このドメーヌの白ワインのサード・ヴィンテージであるコルトン・シャルルマーニュについても表明された。霜に耐えたシャルドネのブドウ(2021年の収量は4.8hl/haで、2020年の10分の1以下)により、最終的にブレット=スミスのテイスティング・ノートによれば、"ジワジワとクリーミーでみずみずしい "ワインに仕上がった。

試飲された9つのワインの中で、この日参加者が満場一致で気に入ったのはラ・ターシュ(1本1,470ポンド、ボンド)だったようで、フェナールはその「静謐さ」が際立っていると評した。おそらく、ブレット=スミスが示唆したように、その魅力は難しい生育期に直接関係しているのだろう。

ド・ヴィレーヌは、その若さにもかかわらず、ラ・ターシュはすでに素晴らしい出来栄えであると述べた:「今は完璧にゴージャスだ。たとえば2019年のラ・ターシュを例にとると、力強くパワフルなので、しばらく寝かせておく必要がある。このワイン[2021年]はよりエレガントだ。"

コーニー&バローの飲み頃ガイドラインでは、ラ・ターシュは2029年から2040年の間に最盛期を迎えるとされている。

「2019年のワインは若くても飲みやすいと思っていました:"彼らには彼らの人生がある"。

熟成の可能性について尋ねられ、フェナールはこう答えた:"待つほどのワインはあまりありません!"

ド・ヴィレーヌは、若いうちに飲むためのワインを造ることは "ドメーヌの精神ではない "と示唆し、こうコメントした:「重要なのは、例えばエシェゾーのように、若いうちから飲めるワインでありながら、将来的に旅する能力を備えていることだ。

コーニー&バローの予想では、飲み頃は概ね2030年代までで、モンラッシェ(2021年の収穫から造られたのはわずか4樽)は2040年代まで傑出した存在であり続けると予測されている。

希少性は確かに価値を高めるが、ワインの価格はその少なさに比例するわけではない。コーニー&バローのパンフレットに掲載されている2020年ヴィンテージの価格は、比較的希少な2021年ヴィンテージの価格との差を示している。たとえば、当時、2020年ロマネ・コンティのボンドのボトルは3,870ポンドだったが、2021年ヴィンテージは4,250ポンド。同様に、比較的低価格帯のコルトンでは、2020年産の3本入りケース(ボンド)が1,185ポンドだったのに対し、2021年産は1,305ポンド。

2021年ヴィンテージのリリースが、Liv-ex Power 100におけるドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティのポジションにどのような影響を与えるか、確かに興味深い。

霜のレセプション

ブルゴーニュ中の霜が降りた夜にブドウを暖めるために使用されたキャンドルは、美しいイメージを作り出したが、この伝統的な防霜技術には多くの欠点があり、特に一晩中キャンドルを燃やし続けるには労力が必要で、その効果には疑問が残る。ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティにとって、2021年にキャンドルを使用することは、ド・ヴィレーヌによれば、このような決断を下した「初めてのこと」だった。

しかし、それも最後だったかもしれない。

「決して使わないキャンドルの貯蔵もあります」とフェナーレは明かした。

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティは以前、ブドウの木を換気するための風車にも投資したことがある。ド・ヴィレーヌによれば、ヒーター(およびそれに伴う余分なエネルギー消費)を追加しなければ、ブドウ畑に冷たい空気を送り込むだけで、問題を悪化させる可能性があるからだ。

また、このような気候上の危険を防ごうとすることは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの哲学やアイデンティティに反するという指摘もあった。

「ブドウの木に電熱線が通っていたら、10年後もロマネ・コンティを造っているのだろうか?どちらの提案に対しても、答えは断固として "ノー "である。ドゥ・ヴィレーヌは先に、2021年は異常な年であり、気候変動による温暖な生育期が近年のヴィンテージを「容易」にしていることを示唆していた。

フェナールは、有機栽培を実践しているドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティは、各栽培シーズンに配られるカードを尊重しなければならないと主張した。

デ・ヴィレーヌもこの考えに共鳴した。

「自然やテロワールの影響を消したくはない。「私たちは小さな生産者であり、何が起こるかを変える権利はありません。何をやっても自然が勝つんだ」。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ