閉じる メニュー
ニュース

ディラン・トマスの地元パブに30万ポンドの改修助成金

ウェールズ西部のイストラッド・アーロンにあるヴェイル・オブ・アーロンは、かつて詩人であり劇作家でもあったディラン・トーマスのお気に入りの場所であったが、コミュニティ・オーナーシップ・ファンドから改修のために30万ポンドの助成金を受けた。

画像クレジット:Ben Brooksbank

アンダー・ミルク・ウッド』や『ウェールズの子供のクリスマス』などで有名になったトーマスは、1940年代に近くのタルサーンに住んでいた頃、ウェールズ語でタファーン・ディフリン・アエロンと呼ばれるこのパブによく通っていた。

2021年、このパブが9月のリース契約終了に伴い閉店し、永久閉店の危機に瀕したとき、地元コミュニティはパブを救うために結集した。同年12月、メンター・タファーン・イ・ヴェール協同組合はパブを買い取るために30万ポンドを集めた。

そしてこのたび、このパブが英国政府から資金提供を受けた数件のうちのひとつであることが発表された。コミュニティ・オーナーシップ基金は、これまでにウェールズで18のプロジェクトに総額400万ポンドを提供している。

この資金は、厨房の改修、トイレの改善、バリアフリー化、全体的なエネルギー効率の改善に使われる。

パブを守る協同組合の幹事であるイワン・トーマスは、30万ポンドの助成金が発表された後、こう語った:「ご想像の通り、この建物は19世紀の古い建物で、断熱性があまり高くなく、一枚ガラスの窓が冬の間ガタガタと音を立てていました。だから私たちは、少なくとも持続可能性と環境性能の点で、この建物を21世紀型にしたいという思いが強かったのです」。

ケレディギオン州選出のベン・レイク議員は、募金キャンペーンの成功を賞賛した:「雇用を創出し、地域経済を活性化させるだけでなく、地元の人々に社交の場と集いの場を提供している。

故トーマスは、地元の水飲み場を知らない人ではなかった。彼のお気に入りの場所や、他の著名な作家たちのお気に入りの場所については、ここをクリックしてください。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ