閉じる メニュー
ニュース

カールスバーグ、排出量削減を達成

カールスバーグは、持続可能性目標を達成し続けることで、バリューチェーン全体の炭素排出量を2015年比で16%削減した。

このニュースは、カールスバーグ・グループが大麦の栽培からボトルやチェーンのリサイクルに至るまで、炭素排出量全体を評価した最新の結果を受けたものだ。カールスバーグ・グループは、カーボン・トラストの分析により、2022年の目標を、ビール1ヘクトリットルあたりのバリューチェーン排出量の相対値で1%上回ったことを発見した。

排出フットプリントに影響を与えたソリューションには、製麦工程における低炭素ソリューション、ビール工場における石炭発電の廃止、低炭素パッケージング、バーやレストランの冷蔵庫によるエネルギー消費の削減などがある。

相対的に見ると、カールスバーグは2015年に60kg-CO2e/hlだった排出量を、2022年には50kg-CO2e/hlまで削減し、バリューチェーン全体を通じておよそ550万トンの炭素を排出することになる。

特定の分野では、農業と加工で17%削減し、ビール工場では41%削減した。包装、流通、冷却の排出量はそれぞれ8%、4%、19%削減した。

db sponsored content

Big Story

What are the real-life success stories that improve the beverage production process?

Pall Corporation has collected a series of success stories that illustrate how using its depth filtration solutions can work. db reveals all.
Read more…

View Pall’s solutions here

カールスバーグは昨年、木質繊維と植物由来のライニングを使用した新しいファイバーボトルを試験的に導入した。この容器は、カールスバーグのパートナーであるアヴァンティウム社が開発した、植物由来のPEFポリマーで部分的に覆われている。PEFは天然原料のみで作られており、プラスチックのリサイクルシステムにも適合する。

このボトルは、カールスバーグの「Together Towards Zero」イニシアチブの一環であり、2030年までに二酸化炭素排出量をゼロにし、「フルバリューチェーンの二酸化炭素排出量」を30%削減することを約束している。

カールスバーグ・グループのヤコブ・アールプ=アンデルセン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べている:「次期CEOとしての私の野心は、進歩を推進することであり、2022年の節目にこのような堅実な結果を得たことで、2030年、2040年に向けて脱炭素化の旅を続けるにあたり、力強い足取りでスタートを切ることができます。

「特に農業や包装といった分野では、最近になって具体的な目標を掲げるようになった。これらの新たな目標を達成するのは容易なことではないが、これまでの成功は、具体的な行動と結果でフォロースルーする私たちの能力に大きな自信を与えてくれる。

2017年にTogether Towards ZEROプログラムを立ち上げたとき、私たちは気候変動に関するパリ協定に沿った科学的根拠に基づく気候変動目標をいち早く導入しました。それからわずか数年後、私たちは今や、事業とバリューチェーンを脱炭素化する野心的な目標を設定した企業の大きな動きの一部となっています。"

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ