閉じる メニュー
ニュース

日本、セルフレジでの酒類販売を合法化

先週、河野太郎デジタル担当大臣は、店員が客の身分証明書を確認することなく、セルフレジで酒やタバコを販売することを認めると発表した。

以前は、セルフレジでお酒を購入しようとすると、店員は20歳以上(タバコやお酒の購入適齢期)であることを確認するボタンを押すよう促し、身分証明書の提示を求めることもあった。

デジタル技術を活用した酒類・たばこの年齢確認ガイドライン」と題されたこの新たな展開により、セルフレジには運転免許証かマイナンバーカード(2016年に初めて導入された政府発行の身分証明書)のいずれかをスキャンするためのカードリーダーが発行される。なお、利用者が本人のカードを使用していることを確認する技術的手段は導入されないようだ。

法制化の大きな動機は、インセンティブを与えることでマイナンバーカードの普及を促進することにあったと河野氏は説明する:デジタル庁としても、本ガイドラインの策定は、年齢確認の確実性の向上に加え、マイナンバーカードのさらなる普及に資する重要な取り組みであると考えている」と説明した。本日の国会終了後、このガイドラインに沿って酒・タバコの販売を開始するコンビニエンスストアを訪問する予定です。今後、この取り組みは徐々に拡大していくと認識している。マイナンバーカードの利便性を実感していただく機会にもなると思います。"

健康保険証にもなるマイナンバーカードの普及は遅れている。 日本経済新聞は、2022年8月までに国民の47.4%しか申請していないと報じている。

未成年者の飲酒を抑制するためにテクノロジーが活用されているが、日本は経済を活性化させるために若年層(20歳以上)にもっとアルコールを摂取するよう奨励している。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ