閉じる メニュー
ニュース

ノーフォークでワイン戦争が勃発

ウェルズ・ネクスト・ザ・シーでの新しいワイン・バーの計画は、ライバル店のオーナーがノース・ノーフォーク地区議会に異議を申し立てたことで、暗礁に乗り上げた。

ウェルズ・ネクスト・ザ・シーは、絵葉書のような完璧な港で多くの観光客を惹きつけ、裕福な中流階級がセカンドハウスを購入する人気の場所となっている。しかしこのほど、この古風な海辺の町が、ワインバー同士の最近の抗争の舞台となっていたことが明らかになった。

今年初め、ウェルズ・キーに新しいワイン・バーの計画が発表された。ソムリエのバート・ブレイズは、かつてル・マノワール・オー・キャット・セゾンやショーディッチのクローブ・クラブで活躍し、ホルトを拠点とする商人ノース・ノーフォーク・セラーズの創設者でもある。

しかし、この発表の直後、リチャード・ターフリー氏から異議申し立てがなされた:真向かいに住み、石を投げれば届きそうな距離にいる永住者が、これまで認可施設に慣れたことのない環境で、避けられない騒音や出入りの影響を受けることは間違いありません。"彼らの静かな楽しみは永遠に失われ、町のこの地域で何百年も楽しまれてきた静かな環境は失われてしまうでしょう"。

この計画に対する別の反対者は、Blaize's wine barの建設予定地から250メートルほど離れた場所に、別のワインバーがあることにも触れ、この町はその2つを併設するには十分な大きさではない、と指摘した:「ウェルズにはすでにワインバーがある。ウェルズにはすでにワインバーがあります。

ターフリーが異議申し立ての際に明かさなかったのは、彼が実はウェルズ・ワインショップ&バーのオーナーであるということだった。

ターフリーの努力にもかかわらず、ノース・ノーフォーク・セラー・ワインバーのオープンは今月中に行われる予定だ。

ターフリーは、ウェルズ・ワインショップ&バーのオーナーであることが明らかになった後、計画への反対を取り下げたと伝えられている。ブレイズによれば、彼は自分の行動を詫びたという:"彼は私に謝罪し、面と向かって私のところに来た。

ブレイズはまた、ターフリーのビジネスが「ベストであることを祈る」とも語った。

関連記事

コメントジェレミー・クラークソンがパブを買うのは良いニュースだ

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ