閉じる メニュー
ニュース

素晴らしいカクテルの条件とは?

今週開催されたdbAIカンファレンスで、ロンドンを代表するミクソロジーの専門家2人が、なぜ一流のカクテルを作るにはグラスの中身以上のものが必要なのかについて見識を披露した。

ドリンク・ビジネスの編集長パトリック・シュミットMW、カクテル・バーのベテランでデイジー・エイジ・ドリンクス社のディレクター、ウィル・メレディス氏、テムズ川沿いの名高いバー、リャネスでヘッド・ウェイターを務めるルーシー・トーマス氏が司会を務めたパネルディスカッションでは、カクテルを作る際に本当に重要なことは何かについて、幅広い議論が交わされた。

メレディスは冒頭で、ミクソロジーとは単に何かを混ぜ合わせることではない、と示唆した:「フレーバーを理解している人のほとんどは、A、B、そしてそれらを組み合わせてバランスの取れたドリンクを作る方法を知っている。

実際、メレディスは、カクテルについて "材料の話をせずに "話すことが秘訣であり、その代わりに注文されるかもしれないカクテルの "エモーショナル "な側面を伝えることだと示唆した。

「私が今まで飲んだ中で一番美味しいと感じたのは、話を聞いてもらえたと感じた時です」とトーマスは提案し、「取引的」なバー体験ではなく「全体的」なバー体験を主張した。

トーマスとメレディスの両氏にとって、"ありがたく美味しい "カクテルは、素晴らしいカクテル体験を生み出すのに必要なものでしかない。

「高級で素敵なバーに行くと、気後れするものです」とメレディスは言う。「私たちの仕事は、それを打ち破ることです」。

トーマスは、「人は自分の好みを知らないことが多い」と主張する。実際、過去に提供されたリアネスのカクテルには、牡蠣から豚の血まで、あらゆるものが含まれており、これは本当に売り方次第であることを示唆している。

実際、メレディスは「サービスとは相手が望むものを与えることであり、ホスピタリティとは相手が望まないと思っていたものを与えることである」という格言を引用した。

客、つまりメレディスとトーマスが好んで呼ぶ "ゲスト "が酒を楽しんでいないことを示すサインについて尋ねられたところ、酒を飲むのが遅いことがひとつの大きなサインであることが明らかになった。

しかし、トーマスの言葉を借りれば、"1ラウンドを3ラウンドに変える "ような個人的な工夫こそが、ゲストの購買意欲を高めるという点では、両パネリストとも意見が一致した。

トーマスとメレディスによれば、カクテルを美味しくする秘訣は、あれもこれもひねることではなく、少なくともカクテル・バーで楽しい時間を過ごすことなのだという。トーマスは簡潔にこう言った:"コカ・コーラを飲めば、そこでいい経験ができる"。

人工的な強化

会議のテーマが人工知能と飲料業界であったことから、ミクソロジーにおけるAIの役割について質問が出た。

トーマスは、Lyanessがカクテルレシピの開発やメニューの作成以外の用途を検討していることを明かした。彼女は、バーでのアプローチは非常に "民主的 "であり、"チーム全体 "の意見がドリンクリストを形成していると話した。

その代わりに、Lyanessが行ったのは、グラフィックデザイナーの代わりにテクノロジーを活用することで、主要な原材料の入力に基づいて、付随的なマーケティング資料のイメージを生成するようAIに依頼した。これらの画像を作成する際、AIは人間のアーティストよりも創造的である可能性さえ示唆されている。

トレンドセッター

オッペンハイマーと バービーの映画が同じ日に公開され、オッペンハイマーにインスパイアされたマティーニやバービーにインスパイアされたピンクのドリンクが流行した。

しかし、メレディスは、ギミックや "低空飛行の果実 "を追い求めることに警告を発し、その代わりに、これらのトレンドを利用したカクテルは、"より広いスケールでストーリーを構築する "べきであると提案した。

関連記事

ソムリエとAIは完璧な組み合わせなのだろうか?

シード・ライブラリーで飲むもの

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ