閉じる メニュー
ニュース スポンサードリンク

トーア・ケンワードナパはブルゴーニュと同じくらい「多様性」を示すことができる

 ナパ・ヴァレーで50年の経験を積んできたトーア・ケンワードは、この地域の可能性と未来、そしてそれがトーア・ワインズにどのような影響を与えてきたかを振り返る。

「私のビジネスプランは、マスタープランというより有機的なものなんだ」と、トーア・ケンワードはロンドンでコーヒーを飲みながら説明する。このワインメーカーと話をするには、いい出発点だ。ボルドーのヴィンテージについての会話から、示唆に富む質問に身を乗り出す様子まで、彼にはワイン造りに生き、呼吸する男の静かな威厳がある。メモ帳を広げないうちに、春のジャケットとイギリスの天候の話から、ナパの現在の気温をチェックし、トーア・ワインズにとっての日較差の重要性を説明することになった。

ケンワードにとって、その気楽さは十分に価値のあるものだ。1970年代にナパ・ヴァレーに到着した彼は、1976年のパリ・ワインテイスティングのような出来事によってこの産地が地図に載るようになった頃、ベリンジャー・ヴィンヤードで働くことになった。同社で四半世紀以上働いた後、彼はレーンを変えるために必要な専門知識と資金を得た。2001年、ナパにトー・ワインズを設立。

2020年にポル・ロジェ・ポートフォリオに加わった同社は、20年の生産活動でカリフォルニアワインの上層部に食い込んだ。シングル・ヴィンヤードのカベルネ・ソーヴィニヨンとシャルドネを中心に、ブレンドやパッション・プロジェクトも手掛け、ナパ愛好家の間で確固たるファンを獲得している。実際、同社のワインは、ナパの偉大なアンバサダーであるロバート・パーカーを含む批評家たちから、日常的に最高点、時には満点を獲得している。成功の裏には、マスタープランとまではいかなくても、明らかに何らかの手法がある。

ブルゴーニュの複製

「ひとつ大きな考えがありました」とケンワードは説明する。「ナパはボルドーよりもブルゴーニュを模倣すべきだといつも思っていました」。西海岸のナパは、カベルネ・ソーヴィニヨンとメルローを名刺代わりにしているため、しばしばボルドーとの比較にさらされる。1976年のテイスティングのようなイベントは、そのような見方を強め、類似しているように見える産地同士を対立させてきた。

しかしケンワードは、ブルゴーニュとのより深いつながりを見出している。特にブドウ畑のモデルにおいて、この2つには類似点があり、小規模栽培農家による "市松模様 "がその土地に特化した生産を提供している。実際、これは同社のセールスポイントでもある。エレベーター・ピッチを開発したことがないことは認めるが、ケンワードは、ワイナリーの成功の中心は家族経営と、ブドウ園パートナーの家族経営にあると考えている。「結局のところ、"最高のブドウを手に入れれば、あとはついてくる "と彼は言う。

ナパのヴァイン・ヒル・ランチは、トーの単一畑ワインの生産地のひとつだ。

さらに、特にトー・ワインズの場合、ナパ・ヴァレーはテロワール主導のブドウ栽培を行っている。ケンワードは、カベルネ・ソーヴィニヨンこそがナパを代表するブドウだと力説する。彼はカベルネ・ソーヴィニヨンに、偉大なワイン造りの可能性を示す信頼性と多様性を見出している。

確かに、このブドウはカリフォルニアの気候に適しているようだ。ケンワードがブドウ畑で深刻な問題に直面することはほとんどない:「ほとんどの年、カベルネのフェノリックな要素を正確に引き出すことができます」。彼はこの状況をメンドーサになぞらえ、カベルネ・ソーヴィニヨンよりもマルベックの方が良いワインができると信じている。「ワインには素晴らしい結婚というものがあります」とケンワードは微笑む。

しかし、より大きな可能性は、カベルネ・ソーヴィニヨンが特定の土地を表現する能力にある。ピノ・ノワールはテロワールを表現する偉大な黒ブドウとしてよく挙げられるが、カベルネ・ソーヴィニヨンも同じように表現できるとケンワードは考えている。彼は次の(冒涜的とも言える)指摘を特に注意深く言い表す。「ナパには、サントネからジュヴレ・シャンベルタンまでと同じくらい多様性がある、と主張することもできる」。

変化する地域

トーア・ワインズを通じて、ケンワードはナパ・ヴァレーの区画の多様性を紹介することに専念している。これは主にシングル・ヴィンヤード・ワインによるもので、ナパ・ヴァレーでますます高く評価されるようになっているが、彼のブラック・マジック・ブレンドも高い評価を得ている。しかし、これは比較的最近の傾向である。カリフォルニアに来て50年、ケンワードはこの地域のワイン産業が計り知れないほど変化するのを見てきた。

「70年代初頭まで、ナパはハウススタイルに支配されていた。それが私たちのすべてでした」と彼は振り返る。カリフォルニア中のワインがブレンドされ、テロワールのニュアンスが排除されたビッグブランドのワインを見るのは、彼にとってフラストレーションの源だった。転機が訪れたのは1990年代に入ってからだ。パーカーのような批評家たちは、「彼は小規模生産者が破格のワインを造ることに熱中していた」ナパのワインを世界一と賞賛し、レストラン「ザ・フレンチ・ランドリー」のような美食レストランは、新しい世代の食通を呼び込んだ。ナパは愛飲家、美食家、観光客を問わず、地図に載っていた。

この変化は、ケンワードのプロジェクトを実現させ、高級ワイン・ラベルの立ち上げに必要な資金と興奮をもたらした。都市化が農業と対立し、水も住宅も希少な商品となった。彼は、ナパの急速な発展に胸を躍らせながらも、次第に疑問を抱くようになったことをはっきりと覚えている:「一時停止ボタンはいつ来るのか?

それでも、この地域が前進するための彼のアドバイスには、ブドウ畑と家屋での生活から生まれたシンプルさがある。「農業は金の卵である。農業は私たちをダンスに導いてくれました。

半世紀にわたる変化がもたらした試練を乗り越え、70代になった今も、ケンワードは晴れやかな性格を保っている。ナパにはまだ「膨大な才能がある」と彼は言う。立ち上げコストが上がっても、若い世代はまだワイン造りに携わっている。結局のところ、ナパでのワイン造りは、このベテラン生産者にとって依然としてスリルに満ちている。「故郷に帰るには素晴らしい場所だ。毎朝、挑戦の気持ちで目覚めます。76歳になった今でも、それはエキサイティングなことだ"

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ