閉じる メニュー
ニュース

ソーンダースコトリー・ホールディングス、国際的な事業拡大の野心的な計画を明らかに

コトリー・ホールディングスは、高級ワイン会社カルト・ワインズと新たな商業契約を結び、事業を国際的に成長させ、「高級ワインデータの宝庫」となる野心的な計画を明らかにした。

先週発表されたカルト・ワインズとの契約により、コトリーはカルト・ワインズの独占保管パートナーとなり、また高級ワイン専門店の顧客はコトリーのワイン貸出プラットフォーム「ジェラ」にアクセスできるようになる。

カルト・ワインズは、2023年にイプスウィッチ郊外のグレート・ブラーケナムにオープンした、温度と湿度が管理された環境でワインを熟成させるための最新鋭の1,000万本収容可能な施設であるコトリー・ボールトを使用する。

(なお、コトリー・ホールディングスが所有する姉妹会社レイ&ウィーラーはコトリー・ボールトの顧客であるが、両事業は完全に別個に運営されている。)

さらに、カルト・ワインの顧客は、コレクターや投資家に競争力のある金利で資産担保ローンを提供するジェラも利用できる。

カルト社との新たな契約は、この個人経営の会社が持つ野心的な計画を浮き彫りにするものであり、一連の計画的な開発の第一弾である。金曜日にドリンク・ビジネス誌の取材に応じたサンダース氏は、同社が業界にとって "有益なパートナー "となることを計画していると語った。

「私たちがしようとしているのは、私たち自身のため、そして彼らのビジネスを成功させるために、双方にとって有益な方法で、人々と賢く連携することです」とサンダースは語った。

このビジョンには、コトリーの目指す方向性という広範なゲームプランに適合するビジネスと「補完的な取り決め」をすることや、特定のもの(ブドウ畑の所有、蒸留酒、買収の乱発)が除外されていたとしても、「それぞれの機会をそれぞれのメリットで」扱う能力も含まれる。

一方、ジェラは創業以来発展してきた。当初は、個人の顧客が高級ワインのコレクションをもとに融資を受けるための手段であったが、最近では、企業が「より良く、より速く」ビジネスを遂行するための流動性を確保するのに役立っている。

英国に関しては、「やるべきことはたくさん」あるが、サンダースは、有名代理店の「いくつかが」コトリーに移籍し、レイ&ウィラーやホールガルテンに移籍すると確信している。

しかし、チームはイギリス国外でも成長する野心的な計画を持っている。

インターナショナル・プラン

「プレミアム・ワインと高級ワインの分野で成功するために設立されたプライベート・ビジネスなので、ビジネスのあらゆる分野で成長する野心を持っています」。サンダースは言う。"倉庫を利用すれば、他の管轄区域に他のユニットを持つことになり、それを背景にジェラをそれらの管轄区域に持ち込むことができます"

チームはすでにヨーロッパに目を向けており、その後アジアに進出する計画だ。 誰かが高級ワインの保管ネットワークを立ち上げるべきであることは誰もが認めるところだが、実際には2つの理由から複雑なのだと彼は指摘する。「ひとつは、複数の管轄区域にまたがる事業管理が必要なこと、もうひとつは、そのための資本が必要なことです。私たちにはその両方があります」。

「Coterie Vaultsを展開した後は、Jeraを展開することができる。英国で事業を展開する同業他社とは異なるサービスを提案できるからです。そして、他の管轄区域でのホスピタリティの提供にも目を向け始めることができるだろう"

ソーンダース氏は、ワイン業界では、「これまでは静的なものであったため」、何か違ったことが起こる必要があるというのが統一見解であり、同人誌は多くの連動したタッチポイントをカバーしているため、これを実現する可能性があると述べた。

データ主導

データは、この事業のもうひとつの重要な柱である。「私たちが全事業を通じて行おうとしているのは、この業界で最高のファインワイン・データの宝庫になることです」とサンダースは説明する。

このため、サンダースは2月にジェームズ・スコットをチーフ・データ・オフィサーとして迎え入れ、コトリーに「非常に優れたデータの基盤」を構築させた。

「Lay & Wheelerのおかげで、どんなワインが保管されているか、またジェラから送られてくる評価額を見ることができます。重要なのは、ホールガルテン社を通じて、オン・トレードで何が起こっているのかを読み取ることができることです。「そして、コトリー・ファミリーに他の断片を加えることで、市場で何が起こっているのか、私たちの知識はさらに広がっていくでしょう」。

「そう、我々は友好的な競争相手になるつもりだ。しかし、全体的には貿易に協力的でありたい」と語った。

これはおそらく、1982年から指揮を執っていたビバンダムが2016年にコンヴィヴィアリティ(当時はワインラック、バーゲンブーズ、マシュー・クラークのオーナー)に買収されるまで、サンダースにとって困難な時期であったことを物語っている。ビバンダムの事業はアイルランドの飲料グループC&Cによって救済され、サンダースは再び指揮を執ることになった。ソーンダースは、このテーマについて率直に語っている。

「というのも、私たちの業界は知的なものだけでなく、顧客との関係もサプライヤーとの関係もあるからだ。それを無視するのは危険です」。

Coterieの会長である元Berry Bros. & Rudd CFOのクリス・ロビンソンと、「本当に賢い人たちからなる取締役会」、COOのジェームズ・コウスン、チーフ・データ・オフィスのジェームズ・スコット、ワイン・ディレクターのアンドリュー・ショーの3人は、ビバンダムでサンダースと一緒に働いていた。

「私たちがやろうとしていることをやろうとしている人は誰もいない。「私の仕事はそれを加速させ、現実にすることだ。私の仕事はそれを加速させ、現実のものにすることだ。

"ここ数年で一番楽しいよ!"

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ