閉じる メニュー
ニュース

下院バーの閉鎖計画が進行中

総選挙を1週間後に控え、ウェストミンスターの重鎮スー・グレイが、もし労働党が政権を取ったら、国会内の酒場を閉鎖するつもりだと報じられた。

ボリス・ジョンソン首相(当時)のもとで「パーティーゲート」スキャンダルを調査し、公務員として一躍脚光を浴びたグレイは、2023年3月から野党参謀長を務めている。世論調査の結果を信じ、7月4日の投票でキーア・スターマー率いる労働党が過半数を獲得することになれば、グレイは議会の規律を含む多くの事柄について首相の重要なアドバイザーとなる。

メール・オンラインによると、グレイはバーテンダーの娘であり、自身も北アイルランドの元公営業者である。

メール・オンラインが引用した情報筋は言う:「アルコールの危険性とコモンズバーに対するスーのアプローチはシンプルです。彼女曰く、"私なら全部閉める"。

下院には、プギン・ルーム、スモーキング・ルーム、ストレンジャーズ・バーの3つのバーがある。

後者では、カールスバーグ1パイントが4.05ポンド、LBVポート1本が34.80ポンドとなっており、一般大衆がパイントの値上げに次ぐ値上げに見舞われているのに、国会議員が酒代をこれほど安く済ませるのは不公平だという意見もあり、議論の的となっている。

リンジー・ホイル議長は、このバーが飲酒や乱暴な行為で「評判が悪い」ことは認めたが、2022年には事態を改善するための努力がなされていると述べた。

バー禁止案に批判的なのは、バーミンガム・ヤードリーの労働党候補ジェス・フィリップスだと言われているが、彼女は「禁止することが答え」だとは思っておらず、グレイはそれをうまく実行するよりも「羽が生える可能性の方が高い」と述べたらしい。

バーでの飲酒禁止に反対する他の意見には、国会議員が国会の外のバーで飲酒することは、飲酒している場合、機密情報を不注意に一般市民と共有する可能性があるため、安全保障上のリスクがあるという見解がある。

昨年、フランスの国民議会でも、過度の飲酒をした議員の間で悪行が蔓延したため、同様の計画が提案された。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ