閉じる メニュー
ニュース

シャトー・モンローズのオーナーが米国のワイン・エステートRdVヴィンヤーズを買収

シャトー・モンローズの億万長者オーナーが、米国のブドウ畑RdVヴィンヤーズを買収した。

RdVヴィンヤードはブルーリッジ・マウンテンズの麓に位置する。

このドメーヌは、2024年ヴィンテージまでコンサルタントとして留まる創業者ルトガー・デル・ヴィンクの名前にちなんでロスト・マウンテンと改名され、同社は「かつてアメリカ建国の父ジョージ・ワシントンが愛したこの古代の小高い丘の驚くべきテロワールに敬意を表している」と述べている。

2006年にシャトー・モンローズを買収したマルタン・ブイグとオリヴィエ・ブイグは、フランス第3位の電気通信会社を含む複合企業ブイグ・グループを経営している。彼らはまた、サン・テステフのシャトー・トロンコワ・ラランド、ロワールのソーミュール・シャンピニーの25エーカーのドメーヌ、クロ・ルジャールも所有しており、2018年にはコート・ド・ニュイのブルゴーニュのドメーヌ、ドメーヌ・アンリ・ルボルソーの支配的株式を購入 コニャック 蒸留所、ドメーヌ・ド・メタリーも所有している

両社の声明によると、すべてのワイン事業は、SCDMの新社名である新会社ユートピア・エステートの支援の下に移され、グループの戦略的開発を率いるマーティンの娘シャルロット・ブイグと、その母親でシャトー・モンローズの会長である米国出身のメリッサ・ブイグが率いることになる。ワインメーカー、ジョシュア・グレイナーMWが率いるRdVチームは、モンローズのピエール・グラフィーユとともに活動を続ける。

この声明は、ヴァージニア・ワイナリーの「新時代」を告げるもので、ブイグ家は「ありそうもない場所で象徴的なワインを造るというルトガーのビジョンを受け入れ、完璧にフィットした」と付け加えた。

「この買収は、ドメーヌの名声を築いた厳格な仕事を発展させ続けるまたとない機会です。

ドゥ・ヴィンクが2004年に購入したこのエステートは、ブルー・リッジ・マウンテンズの麓にある93エーカーの羊牧場だったが、現在は18エーカーのブドウ畑を所有し、カベルネ・ソーヴィニヨン50%、メルロ22%、カベルネ・フラン20%、プティ・ヴェルド8%が植えられている。デ・ヴィンクは、このプロジェクトにブドウ畑コンサルタントのジャン・フィリップ・ロビとワイン醸造コンサルタントのエリック・ボワセノを起用し(彼は今後もロスト・マウンテンで働き続ける)、2008年に初ヴィンテージをリリースした。ロゼも少量生産しており、今年はエステート初の白ワイン、アルバリーニョとセミヨンのブレンドを造る予定だ。

ワシントン・ポスト紙の報道によると、デ・ヴィンクは今週、彼のチームとサポーターに感謝のメールを送り、共に「世界クラスのワインを造り上げ、ヴァージニアを世界のワイン地図に載せる手助けをした」と述べたという。

シャトー・モンローズにコメントを求めた。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ