閉じる メニュー
ニュース

AIは酒類取引を民主化できるか?

先週開催されたdbAIカンファレンスでは、パネリストたちがAIソフトウェア開発がワイン・スピリッツ業界の雇用をどのように再編成するかについて議論した。

AIは酒類取引を民主化できるか?

AIの能力について議論しているときによく出てくる質問がある。

ワイン&スピリッツにおけるAI-ソフトウェア開発」と題されたディスカッションで、ソフトウェア会社プルーフワークスのロブ・ホランズ最高経営責任者(CEO)は、「AIが一部の産業、ひいては一部の仕事を変えないというのは非現実的だ」と説明した。

プルーフワークスは、AI技術を使った蒸留所向けのソリューション開発を支援しており、ホランズは、こうしたビジネスに関しては、AIを使うことは「仕事を変えなければならないほどプロセスが最適化される」ことを意味すると主張した。

ホランズはこれをポジティブに捉えている。「AIができることは、私たちが見るには多すぎる何千ものデータポイントを見ることです」と彼は例として言う。蒸留所の場合、これは高品質の蒸留酒を生み出す環境を再現するために不可欠なことかもしれない。コンピューターは人間の脳よりもはるかに多くのデータポイントを一度に評価し、活用することができる。

そのため、AIは事業や仕事を引き継ぐのではなく、合理化するために使うことができる。「蒸溜業者を置き換えるのではなく、彼らが得意とすることをできるようにするのだ」とホランズは付け加えた。

ワイン、蒸留酒、食品のディスカバリー&レコメンデーション・ソフトウェアを提供するPreferabliの共同設立者兼CEOのパム・ディロンも同意見だ。「私たちのソフトウェアは誰かに取って代わるものではありません。ワインと蒸留酒で私が見ているのは、最適化です」と彼女は言う。

ディロン氏は、最近ザ・ドーチェスターのアラン・デュカスに行ったときのことを例に挙げ、「友人とディナーを楽しむか、アラン・デュカスのワインリストを読むか」と語った。

このセッションの3人目のパネリストであるロンドン大学のバリー・C・スミス教授にとって、AIが決して引き継ぐことのできないもの、それはテイスティングである。「会場にいる皆さんに覚えておいてほしいのは、これらのシステムは試飲をしていないということです。"匂いは千の言葉に値する"

したがって、AIを活用する方法は、「専門知識と大量のデータ収集を組み合わせる」ことだとスミスは言う。

公平な競技場

AIはすでに日常的な意思決定の必然的な一部となっている。「テクノロジーは私たちの日常生活に知らず知らずのうちに入り込んでいるのです」とホランズは言う。

同氏は、AIは実際に「中小企業がより新しい技術を通じて競争することを可能にしており、すべてが大企業のためだけのものではない」と主張し、変化するAIの状況を把握し続けることができる限り、これらの企業に「競争力を持つための実に素晴らしい窓口」を提供していると述べた。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ