閉じる メニュー
ニュース

オーストラリアン・ヴィンテージ、1500万豪ドルを調達

同国第3位の生産量を誇るオーストラリアン・ヴィンテージは、機関投資家から1500万豪ドル(800万ポンド)の資金調達に成功し、当面の経営危機を回避した。

これは、月曜日に発表された大幅値引きによる株式公開買付けで求めていた1,990万豪ドルの4分の3にあたる。

残りの新株は、既存の個人投資家に提供され、来月初旬までに割り当てを受けるかどうかを決定する。

機関投資家からの支援の結果、AV社の株式はオーストラリア証券取引所での取引を再開した。

最低レベル

0.19豪ドルで、先月末の取引停止価格より44%以上低く、2010年7月以来の低水準である。

これは新株発行による既存株主の希薄化を反映している。

この増資がなければ、6月30日時点の純負債は7,000万豪ドルから7,500万豪ドルとなり、以前の予想では4,300万豪ドルから5,000万豪ドルであった。

McGuiganとTempus Twoブランドで有名なオーストラリアン・ヴィンテージ社は、ナショナル・オーストラリア銀行との間で、1,500万豪ドルの負債枠を2026年11月まで延長することで基本合意した。

より適切な

資金調達計画を発表したピーター・ペリン最高経営責任者代理は、新株発行と負債の再編成により、オーストラリアの生産者が直面している現在の厳しい状況を乗り切るため、AV社に「より適切な」レベルの流動性と柔軟性をもたらすと述べた。

20億本ものワインの供給過剰に悩まされており、その多くがAVの商品レンジの多くを占めるAU$10の価格帯である。

その引き金となったのは、中国が2020年に課した懲罰的関税障壁を撤廃したこと、世界的なインフレの背景、そして消費者が品質レベルを上げているという事実である。

新株発行の目論見書の中で、AV社は、一部のライバルがキャッシュフローを生み出すために生産コストを下回る価格でワインを提供していると主張した。

ペランは、ワイン部門の統合は "論理的 "であり、AVはそのプロセスに参加したいと述べている。

不採用

アコレード・ワインズは、南オーストラリア州最大の生産者であるアコレード・ワインズ(Accolade Wines)との合併を協議していたが、アコレードが南オーストラリア州の生産者との最大規模の契約再交渉に乗り出したものの大反対され、合併を断念した。

アコレードは、今年初めに負債の山の下から買収されたが、ペルノ・リカールと、フランスの巨大企業のオーストラリアワイン権益の買収について交渉していると見られている。

これらの報道について、両者ともコメントしていない。

AVの筆頭株主であるファンド・マネージャー、アラン・グレイのマネージング・ディレクター、サイモン・モーヒニーは、オーストラリアン・フィナンシャル・レビュー紙に対し、「業界の合理化には、統廃合か、既存の余剰生産能力を閉鎖する積極的な措置が必要だ」と述べた。

挑戦

ペリンは、この業界で40年間経験してきた中で最も厳しい状況だと言う。

「現在のサイクルは、オーストラリアのワイン業界にとって、記録上最も厳しいもののひとつである。

追加資金の提供により、AVはそのプロセスで役割を果たし、クレイグの突然の解任に続く新最高経営責任者探しを支援することができる。

ガービンは先月、"重大な判断力不足 "を指摘された。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ