閉じる メニュー
ニュース

オレンジワインは「夏の飲み物」?

TikTokでは、オレンジワインを「夏の飲み物」と呼ぶ投稿が爆発的に増えている。

アペロール・スプリッツを追い越し、Z世代とミレニアル世代がソーシャルメディアで叫ぶ新しい飲み物が登場したようだ。オンライン小売業者Ocadoの販売データによると、オレンジワインは今年これまでに99%増加し、そのような商品の検索数も80%増加している。

この傾向はインターネット上でも顕著で、ソーシャルメディア、特にTikTokではオレンジワインが新たな「トレンド」となり、若い飲酒家たちがこのワインと、夏の間の爽やかなワインとしての可能性を見出している。

オレンジワインをアルディで見つけた!#orangewine #vinorange #rosorange #aldiwine #aldiorangewine #roséorangewineトレンドセッター - コナー・プライス & ハヴィア・マイティ

しかし、この飲み物がオレンジから作られたワインなのか、それとも単にオレンジ色なのかわからないユーザーもおり、混乱も生じている。また、ユーザーはオレンジ色の「絵文字」を使っており、オレンジ色の「絵文字」を使っている。

@kirstyabarrettオレンジワインのレビューは今晩中に。オレンジ ワインは好きだけど、再確認のためにもう一度飲んでみたかったんだ

もちろん、オレンジワインは、国際ブドウ・ワイン機構(OIV)によれば、「マセラシオンを伴う白ワイン」であり、マセラシオンの期間は最低1ヶ月である。果皮との接触が、琥珀色や「オレンジ色」の原因となる。

実際、ワインに果実の色をつけることは、おそらくそのような混乱を引き起こしかねない。一部のソーシャルメディアユーザーは、潜在的な飲用者がオレンジジュースを発酵させたものだと考えるのを避けるために、このワインを "琥珀色 "のワインと呼ぶべきだと述べている。

フリウリでピノ・グリージョ種のブドウから造られるこのスキンコンタクト・ワインは、イタリア語で「赤褐色」と訳される。

このトレンドについて、オカドのワイン・バイヤー、クリスチャン・ストリートフィールド氏はMailOnlineに次のように語っている:「オレンジ・ワインの人気はますます高まっています。

「一般的な白ワインの製造とは異なり、ブドウの果皮は発酵中も果汁と接触しているため、複雑な風味とテクスチャーが生まれ、色も濃くなる。

出来上がったワインは美味しく万能で、赤ワインファンにも白ワインファンにも楽しめるものだ」。

 

 

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ