閉じる メニュー
ニュース

業界はCBDワインの準備ができているのか?

CBDの特性と伝統的なワインを組み合わせたCBDワインは、今後数年で「爆発的な成長」を遂げると予測されている。

アライド・マーケット・リサーチが発表した新しいレポートによると、消費量では北米がリードしており、アナリストは「CBDワインはイノベーションとウェルネスを組み合わせ、飲料消費の未来を形成している」ため、このカテゴリーに注目すべきだと述べている。

報告書によると、世界のCBDワインセクターの2021年の市場規模は1110万米ドルで、2031年には1120億米ドルに達し、2022年から2031年までの年平均成長率は27.8%と予測されている。

アナリストは、CBDワインは「産業拡大の大きな可能性」を持っていると指摘し、「市場はまだ発展の初期段階にあるが、予測期間中、市場全体に対する貢献度は大幅に上昇すると予想される」と指摘した。

このカテゴリーに対する消費者の関心が高まっている理由は、「世界的な人口の拡大と一人当たりの所得の上昇」によるものだと説明されている。

CBDワインは通常、製造過程でワインにCBDエキスや分離物を注入する。研究者らは、「この注入により、CBDの治療特性をワインに統合することができ、ワイン愛好家とCBDの潜在的な効能を探求することに関心のある消費者の両方にアピールする斬新な製品を生み出すことができる」と指摘している。

同報告書は、「CBDとワインの組み合わせは、ワインを飲むという体験に新たな次元を導入し、風味と潜在的なウェルネス効果の融合を提供する」と強調した。しかし、研究者は「CBD入り製品の生産と販売を取り巻く規制は地域によって異なるため、消費者は関連法規を遵守する信頼できる供給元から購入することを確認する必要がある」と警告している。

研究者たちは、このトレンドがどのように定着していくかを明らかにし、「アメリカ、カナダ、オーストラリアを含む先進国で大麻が合法化されたことで、CBDエキス入り飲料の需要が高まっている」と指摘した。これに加え、「CBD入りの大麻やワインの需要増は、一人当たり所得の上昇と人口増加によって押し上げられ、大麻の生産量も増加している」。

その結果、「CBDワインの消費量は、先進国よりも一人当たりの所得が多い新興国の方が最終的に多い」ことがわかった。

タイプ別では、CBDワイン市場はヘンプベースのCBDワインとマリファナベースのCBDワインに分けられるという。このうち、「麻ベースのCBDワイン分野は2021年にCBDワイン市場の主要シェアを占め、予測期間中もその優位性を維持すると予測される」と同レポートは明らかにしている。

ヘンプとは、カンナビス属に属するカンナビス・サティバ種のことで、テトラヒドロカンナビノール(THC)濃度は0.3%未満であり、通常、ヘンプ植物の葉と花から作られる。

同レポートはさらに、「CBDワイン市場の成長は、オフラインの流通チャネルを好む消費者によって促進されると予想される」[店舗やスーパーマーケット]ことを詳述している。この成長を支援するために、カリフォルニア州が最もCBDワインを消費する米国の州としてリードする見込みであると予測している。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ