閉じる メニュー
ニュース

ブリアルグループ、ブリック・アンド・ビーノをブラックシープに統合

ブリアルグループに買収されたロンドンの醸造所ブリックとブリュー・バイ・ナンバーズ(BBNo)は閉鎖の過程にあり、スタッフは解雇され、醸造キットはブラックシープの敷地内に移される。

最近、ロンドンのブリック、BBNo、ヨークシャーのブラック・シープ、ウォリックシャーのピュリティ・ブルーイングなど、経営難に陥っているイギリスのビール会社を買収し、それぞれ経営破綻の危機から救ってきたプライベート・エクイティ会社ブリアルグループは先月、ピュリティを統合する計画はないと安心させたが、他のビールブランドについては明言しなかった。

ブリーアル・グループの広報担当者は、ドリンク・ビジネスの独占取材にこう答えた:「醸造キットはマシャムに移されます。設備はマシャムと、場合によってはピュアリティの両方に移設される予定です」。

業界関係者は、そのプロセスはすでに進行中であり、「皆がブリーアルによるブラック・シープとピュリティの買収に集中している間に、彼らは買収したロンドンの2つの醸造所から目を離してしまった」と明かし、次のように説明した:「ブリック醸造所は物理的に閉鎖され、キットはマッシャムに移された。ブリック・ブリュワリーは物理的に閉鎖され、キットはマッシャムに移された。営業スタッフは営業部長を除いて全員退職した。創業者たちはまだそこにいますが、いつまで続くのでしょうか?"

ブリック・ブリュワリーの創業者であるイアン・スチュワート夫妻とサリー・スチュワート夫妻は昨年夏、「ブリック製品の味わいと同様に、重要なこととして、私たちのコミュニティ精神においても、会社の強い理念と価値観が保たれることを保証し続ける」と述べ、ブリック・ブリュワリーには「前途洋々な未来がある」と確信し、「皆様に愛されるビールが、ブリック・ブリュワリーの素晴らしいチームによって、同じレベルの情熱をもって醸造され続ける」と付け加えた。

スチュワートは当時、ブリックはブライアル・グループというパートナーを見つけたことで「非常に幸運だった」と述べ、「私たちはこれからも品質と革新性に妥協することなく、皆様に愛される信頼されるブランドであり続ける」と断言した。

ブリュー・バイ・ナンバーズは、ロンドンのタップルームとeコマースの販売チャネルを持つ地ビール醸造所として2011年に設立され、オリジナルの醸造所とタップルームは「バーモンジービアマイル」の中心にあるエニッド・ストリートにオープンした。2021年までに主要生産拠点をグリニッジのモーデン・ワーフに移し、テムズ川のほとりに400人収容のタップルームと屋外スペースを増設した

ブリアルグループの広報担当者は、解雇の噂が事実であることを認め、「ブリックでは6人の解雇があった」とし、これをさらに強調するかのように、情報筋はさらに、醸造キットを「3週間後」にマシャムに移転する計画で、BBNoの状況はほぼ同じであることをほのめかしている。

業界関係者が明らかにしたところによると、「現在、北部を拠点とする2つの営業職の求人広告が代理店によって出されているが、これは明らかにBREALである。募集要項には、革新的なビールの醸造を開始する伝統的な醸造所(醸造所のポートフォリオの一部)での仕事と書かれている」とある。

しかし、情報筋はdbにこう語っている:「醸造スタッフは全員余剰人員となり、キットがマシャムに運ばれた時点で退社する予定です。現在、ブリックのブルワーが移転前に十分な在庫を確保するためにビールを醸造しているが、当然彼も去ることになる。また、ブリックと同様、営業部長と両ブルワリーの配送とロジスティクスを担当する営業サポートマネージャー以外の営業チームはいません」。

この噂に対し、ブリーアル・グループは、当面の間、ロンドンのビールブランドがヨークシャーの工場で醸造される予定であることを認めた。プライベート・エクイティ会社の広報担当者はdbにこう語った:「BBNoとBrickのビールを醸造するために、マシャムに全く新しい醸造所が建設されます。ノース・ヨークシャーにサウス・イースト・ロンドンの一部ができることになります」。

ビール会社を買収して以来、ビール業界からは様々な憶測が飛び交い、ソーシャルメディアを通じてその動向が議論されている。全体として、この会社が冷酷なのか英雄的なのか、多くの人はまだ決めかねている。

ブリーアル・グループの評判は、主に、買収のニュースに続いて行われた同社の活動や、スタッフや事業に近しい人々がやや不満を感じるような一連の行動によって低下した。例えば、同社がブラック・シープを買収したわずか数週間後には、人員削減と閉鎖のニュースが流れ、さらに最近では、ブラック・シープの株主が、ブレアル・グループによるヨークシャーの事業の買収前の管理取引を「白昼強盗」と呼んだ。

先月、リーズで醸造所とバーを経営するブリーアルは、ここ数年で醸造能力を倍増させたにもかかわらず、管財人を選任する意向の通知を提出したため、ノース・ブルーイングの買収に乗り出すともされていた。しかし、ノース買収への執念が噂されていたにもかかわらず、カークストールの創業者スティーブ・ホルトによって事業は救われ、ノースの独立性を維持する一助となった。

しかし、ブレアル・グループの活動にはまだ懐疑的な見方が多い。業界関係者は、「今月末には醸造所はなくなり、ブランドだけが存在し、ビールはブラックシープ(ロンドンの営業担当者2名も余剰人員となった)で醸造される」と主張している。

ブリーアル・グループは、ロンドンのキャベンディッシュ・スクエアに本社を置き、そのウェブサイトによれば、自らを「エクイティ、融資、アドバイザリーサービスの複合企業」と位置づけている。

業界全体からの懸念にもかかわらず、ブレアル・グループの広報担当者は、「ロンドンでの6つの新しい営業職を含め、同グループは全国で営業スタッフを募集している」と安心させ、dbに「全体として、人員削減後も雇用されるスタッフは増えるだろう」と語った。

しかし内部関係者は、苦境に陥っている他の醸造所は、ブレアル・グループが既存の小規模な独立系醸造所に何をしているのか、そして実際にそのアイデンティティと実績を見てみるべきだと述べ、人々はプライベート・エクイティ・グループがどのように活動しているのかに注意を払う必要があると促した。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ