閉じる メニュー
ニュース

グローバル・カベルネ・フラン・マスターズ2024より20本

今年は、第1回グローバル・カベルネ・フラン・マスターズ・コンペティションが開催された。パトリシア・ステファノヴィッチMWが、テイスティング・ノートと料理との相性とともに、ベスト・ボトルを選んだ。

x`VIÑA MAQUIS グラン・レゼルバ・カベルネ・フラン 2020

生産者 ヴィーニャ・マキス

地域 コルチャグア・バレー

国: チリ

ブドウ品種 カベルネ・フラン87%、カルメネール7%、カベルネ・ソーヴィニヨン3%、プティ・ヴェルド3%、

アルコール度数: 14%、

ビンテージ: 2020年

おおよその小売価格: ポンド19.49

1916年以来フルタド家が所有し、2000年に農学者であり醸造学者でもあるリカルド・リヴァデネイラ・フルタド氏がヴィーニャ・マキスに加わり、現在はエグゼクティブ・ディレクター兼ワインメーカーとして、フルタド家のヴィニェドス・カルクの役割も担っている。ヴィーニャ・マキは2つの川の間に位置し、この貴重な立地の恩恵を受けている。このワインはテロワールを見事に表現している。

深みのあるルビー色で、アロマは夏のプディングのような果実味にブラックペッパーとバニラポッドのアクセント。ジューシーなアタックは、溌剌とした酸とシルキーなタンニンに縁取られた層状の味わいへと続く。非常にスパイシーで香ばしく、余韻の長いフィニッシュは、ルイジアナのクレオール・ジャンバラヤや、アルプスの冷涼な気候では、クロート・サヴォヤルドと相性が良いことを示唆している。

 

ザ・ドリフト・エステート ゴースト・イン・ザ・マシーン カベルネ・フラン 2022

生産者 ブルース・ジャック・ワインズ ザ・ドリフト・エステート

地域 西ケープ州C

南アフリカ

ブドウ品種 カベルネ・フラン87%、プティ・ヴェルド13

アルコール度数: 13.5%

ビンテージ: 2022年

小売価格: 17.99ポンド(マジェスティック・オン・トレード限定価格)

オーヴァーバーグ高原の標高が高く、古い土壌を持つこの農場では、適切な言い方をすれば、ブドウだけでなく野菜、オリーブ、蜂蜜も収穫している。冬は寒く、夏は涼しいこの極端な気候で可能な限りオーガニックに重点を置いている。また、持続可能性だけでなく、包括性と多様性にも重点を置いている。

少量生産がこの「夢のワイン」を生み出した。ブドウはドリフト・ファームをはじめとする西ケープ地方から調達している。深みのあるルビー色で、凝縮したブランブル、クリスマス・プディング、ラズベリーの果実味に、複雑なバニラ、タバコ、クローブがアクセントを添え、レザーやフレッシュ・ハーブのニュアンスもある。甘い果実味を持ち、味わいはクリスピーな酸とリネンのようなテクスチャーのタンニンが中重量の味わいを支えている。サッパリとした飲み応えのあるフィニッシュが長く続く。力強さと複雑さがあるので、ローズマリーとニンニクの香りを添えた子羊のラックなど、かなりシンプルな料理と合わせることをお勧めする。

 

エル・エネミーゴ・カベルネ・フラン 2021

プロデューサー エル・エネミーゴ

地域 メンドーサ州トゥプンガト、グアルタラリー

国名 アルゼンチン

ブドウ品種 カベルネ・フラン90%、マルベック10

アルコール度数: 13.5%

ビンテージ: 2021年

おおよその小売価格: ポンド22

標高1,470mのウコ・ヴァレー北部に位置するトゥプンガト県グアルタラリーの、岩石が散在する深い石灰質土壌で栽培されたブドウから、エル・エネミーゴは驚異的なワインを生み出した。ほとんど不透明な紫黒色で、ダークベリーと花崗岩のタッチとハーブのヒントが溶け込んでいる。

スモークと杉材を伴うよく溶け込んだオークが、リッチで洗練された味わいにアクセントを加える。生き生きとした酸とリネンのような質感のタンニンが骨格を加える。若々しくはあるが調和のとれたこのワインは、余韻が長く温かみがあり、グリルした霜降りの牛肉や、栗茸のソテーと柔らかくマリネしたダチョウのステーキに合う。

 

VIK 'A' 2021

生産者 ヴィーニャ・ヴィーク

地域 カチャポール・バレー、ミラフエ

国: チリ

ブドウ品種 カベルネ・フラン85%、カベルネ・ソーヴィニヨン15

アルコール度数: 14%、

ビンテージ: 2021年

おおよその小売価格: ポンド22

VIKチリは、VIKワイナリーに関連した隠れ家的ホテルで、絵のように美しいミラフエ渓谷の丘の上に位置し、背景にはアンデス山脈、眼下にはブドウ畑が広がる。建築家フランク・ゲーリーと著名な彫刻家リチャード・セラが設計したVIKチリは、青銅色のチタンでできた彫刻のような屋根が浮かんでいる。

このワインは彫刻的でエレガント。深みのあるルビー紫色で、熟した赤いベリー、ブラックカラントに杉の木とタバコのニュアンスが感じられる。甘く果実味豊かな味わいは、さわやかな酸味、ベルベットのようなタンニン、複雑なシナモンとカルダモンのスパイスを持つ。フルボディのこのワインはチャーミングで、ハーブの効いたポークチョップに合わせると素晴らしい。

 

アルバ・ワイン キジル・アルバ カベルネ・フラン 2013

生産者 アーバ・ワイン

地域 アルマトイ州

国名 カザフスタン

ブドウ品種: カベルネ・フラン100%、

アルコール度数: 12.8

ヴィンテージ: 2013年

小売価格: 32ポンド カラケメルに近いアルマトイのアッサ・ヴァレー、標高約1,000mにアルバ・ワインズのブドウ畑がある。イタリアのブドウ栽培者マリオ・フレゴーニとトリノの醸造学者ドナート・ラナーティの専門知識を得て、アルバ・ワインズはフランスから厳選したブドウの木と台木を畑に植えた。その成功のひとつがこの美しいカベルネ・フランである。深いルビー色をしたこのヴィンテージは、レッドラズベリー、チェリー、クランベリーにフローラルなアロマと優しいバニラオークの香りが感じられる。中重量で、味わいは美しく溶け込んでおり、生き生きとした酸とサテンのような質感のタンニンがある。余韻の長いワインで、鶏レバーのソテー、スイスチャード、トマトのグリルと相性が良い。

 

リエヴァレイ・JMB・カベルネ・フラン 2019

生産者 リートヴァレイ・ワイン・エステート

地域 ロバートソン

南アフリカ

葡萄品種: カベルネ・フラン100

アルコール度数: 13.81

ビンテージ: 2019年

おおよその小売価格: ポンド43.99

リートヴァレイはロバートソンの東、リトル・カルー方面に位置するサブリージョンで、長い歴史を持っている。1864年、アレウィン・バーガーが息子のヤコブス・フランソワのために土地を購入した。畑は現在、6代目のコブス・バーガーとその家族によって耕作されている。土壌は水はけがよく、石灰質/粘土石灰質から砂質ロームまで、ボルドーと同じようにさまざまだ。そのため、カベルネ・フランがこの地で素晴らしいワインを生み出すことは、さほど驚くことではない。このシングル・ヴィンヤードは623Bクローンから造られている。深いルビー色のノーズは、赤い果実、葉巻タバコ、杉の木の香りを示し、スミレのニュアンスもある。甘い果実の風味は、乾燥した赤いプラムを示し、キビキビした酸味とビロードのようなタンニンとキッチンスパイスでバランスが取れている。ローストビーフやウズラの赤ワインプラムソースと合わせて。

 

バックスバーグ・パトリアーク・カベルネ・フラン 2022

生産者 バックスバーグ、産地ステレンボッシュ

南アフリカ

葡萄品種: カベルネ・フラン100

アルコール度数: 14%

ビンテージ: 2022年

おおよその小売価格: ポンド35

1916年に農場として設立されたバックスバーグは、2006年頃、南アフリカで初めてカーボンニュートラルの認定を受けたワイナリーである。このワイナリーは、炭素隔離やその他の持続可能なプロジェクトを数多く後援している。バックスバーグが提供するワインの頂点に立つのが、パトラッシュだ。このワインは、一握りの区画から厳選されたブドウから、特別なヴィンテージにのみ造られる。

このカベルネ・フランは美味しい。深みのあるルビー色で、スミレ、砕いたバラの花びら、杉の木が美しく、濃い赤のベリー系果実にアクセントを与えている。中重量で、味わいは爽やかな酸とシルキーなタンニンが風味を支えている。芳香があり、一体感があり、余韻の長いこのゴージャスなワインは、玉ねぎとマッシュルームのソテーを詰めた豚ロースのローストや、デリケートなクリームソースの子牛肉に合う。

 

ヒッキンボッサム・ザ・ネスト・カベルネ・フラン 2021

生産者: ヒッキンボッサム・ヴィンヤード

産地 南オーストラリア州、マクラーレン・ヴェイル

国: オーストラリア

葡萄品種: カベルネ・フラン100

アルコール度数: 14%

ビンテージ: 2021年

おおよその小売価格: ポンド70

ヒッキンボッサムは1971年、マクラーレン・ヴェイルの上限に位置するクラレンドンの集落の近くに、ドライ・ファームのブドウ畑を初めて植えた。この地の気候は、海岸、オンカパリンカ・リヴァーの峡谷、なだらかな丘陵の影響を受けており、さまざまな日照条件とさわやかな風を生み出している。ほとんど不透明な紫黒色で、カシス、ワラビ、クリスマス・ケーキにタバコ、生垣や皮革のニュアンスが感じられる。

辛口だが甘い果実味があり、風味はさわやかな酸味とリネンのような質感のタンニンでバランスが取れている。白ワインとチキンブイヨンで煮たウサギに、玉ねぎとニンニクを少々加えた料理がよく合う。

 

カヴァクリデレ・サラプラリ 1929 カベルネ・フラン 2021

プロデューサー カヴァクリデレ・サラプラリ

地域 エーゲ海

トルコ

葡萄品種: カベルネ・フラン100

アルコール度数: 14.5%

ビンテージ: 2021年

おおよその小売価格: ポンド46.50

カヴァクリデレがアンカラに設立された年にちなんで、ボルドー品種と相性の良いことで知られるエーゲ海地方のグネイ高原でブドウを栽培している。1929」のカベルネ・フランは模範的である。

非常に深い紫黒色で、果実味にはブラックベリーとれんげの香りがあり、バニラとトースティーなオーク、鉛筆の削りかすのニュアンスがアクセントになっている。辛口だが、果実味に甘いエッジがあり、フルボディの味わいはキレのある酸と緻密でコーデュロイなテクスチャーのタンニンで縁取られている。シナモンのスパイスと白胡椒のニュアンスが興味をそそり、オークの香りがうまく溶け込んでいて、余韻の長いジューシーなワインに仕上がっている。優しいスパイスの効いたトルコ料理と一緒に味わいたいワインだが、スペインの濃厚なパエリアにも合うだろう。

 

パスクアル・トッソ・アルタ・カベルネ・フラン 2022

生産者 ボデガス・イ・ヴィニェドス・パスクアル・トーソ

地域 メンドーサ州マイプー

国名 アルゼンチン

葡萄品種: カベルネ・フラン100

アルコール度数: 14%

ビンテージ: 2022年

おおよその小売価格: ポンド70

ラス・バランカスは、メンドーサの高原、海抜約750mのマイプー地区に位置する。パスクアル・トソの畑は220ヘクタールを超え、様々な腐敗土壌にあり、様々な品種に適している。フランス産とアメリカ産の樽で14ヶ月熟成させたこのカベルネ・フランは、非常に深い紫がかったルビー色で、濃密な黒い果実とスモーキーなオークの香りを示し、ハーブの香りとスミレのニュアンスがある。

風味は生き生きとした酸味、サテンのようなタンニンと温かみのあるアルコールに支えられている。フィニッシュは甘く、香ばしく、唇を刺激する。モルモットとネギ、栗茸の赤ワイン煮など、面白いソースを使った料理がこのワインにふさわしいことを示唆している。

 

ワーウィック・カベルネ・フラン 2021

生産者 ワーウィック・ワイン・エステート

地域 ステレンボッシュ

南アフリカ

葡萄品種: カベルネ・フラン100

アルコール度数: 14%

ビンテージ: 2021年

おおよその小売価格: ポンド55

標高240~360mのシモンズバーグ山の麓と中腹に位置し、ブドウ畑は標高と涼しい海風の両方から恩恵を受けている。エステートの大部分をボルドー品種が占めており、このカベルネ・フランは逸品だ。濃いルビー色で、ダークプラムとモレロチェリーにバニラポッドと魅力的なバラの花びらのアクセントが感じられる。

中重量の味わいは美しくバランスが取れており、キレのある酸とサテンのような質感のタンニンがフレーバーを縁取り、余韻にスパイシーなフィニッシュへと導く。エレガントで質感のあるこのワインは、伝統的な中華料理によく合うが、バーベキューの肉料理にも合う。

 

テヌータ・デイ・セット・チエリ・スキピオ 2019

生産者 ソシエタ・アグリコラ・テヌータ・デイ・セッテ・チエーリ

地域: トスカーナ

国: イタリア

葡萄品種: カベルネ・フラン100

アルコール度数: 14.5%

ヴィンテージ: 2019年

おおよその小売価格: ポンド90

ボルゲリ近郊、モンテヴェルディ・マリッティモの豊かな森に囲まれた標高400mの丘に2001年に設立され、10ヘクタールのブドウ畑はティレニア海を眼下に臨み、涼しい風が吹き抜ける。このカベルネ・フランは土着酵母で発酵され、バリックで24ヶ月熟成される。深いルビー色で、ブラックチェリーと熟したラズベリーを示し、スモーキーな木とキッチンのスパイスがアクセントとなり、下草のニュアンスがある。

口に含むと、甘い果実味と溶け込んだ木の香りが広がり、キレのある酸味とリネンのような質感のタンニンがバランスをとっている。ミディアムボディで、余韻には甘い赤唐辛子のニュアンスが感じられ、レンズ豆、赤いんげん豆、白いんげん豆をミックスしたもの、玉ねぎとラードンをじっくり煮込んだもの、豚バラ肉と一緒にご飯にかけたものとよく合う。

 

フースグ 翡翠月 カベルネ・フラン 2018

プロデューサー: フースグ(フィリップ・ショウ

地域 ニューサウスウェールズ州オレンジ

国: オーストラリア

葡萄品種: カベルネ・フラン100

アルコール度数: 13.2

ヴィンテージ: 2018年

おおよその小売価格: ポンド73

Hooseegはフィリップ・ショーの夢の実現である。2015年にフィリップ・ショーのレーベルを息子たちに譲渡したフィリップは、この新しい「ビジョン」を確立した。フー」はショー、「エッグ」はこの新しい始まりを象徴するキャッチーな名前だ。このカベルネ・フランはセンセーショナルで忘れがたい。

ワインは深い紫黒色で、ラズベリーとモレロチェリーの果実味に杉の木とスモークのアクセントがある。味わいはかなり重みがあるがエレガントで、キレのある酸味とサテンのような質感のタンニンが、凝縮した重層的な風味を縁取っている。余韻の長いテクスチャーのあるワインで、ビーフ・ウェリントンやフィレ・ミニョンに合う。

 

チャムリヤ・トゥーランドット 2020

プロデューサー チャムリヤ

地域 トラキア、ストランジャ山脈

トルコ

葡萄品種: カベルネ・フラン100

アルコール度数: 15%

ビンテージ: 2020年

おおよその小売価格: ポンド110

シャムリヤのブドウ畑はキルクラレリ県にある。ブルガリア語から取られた県名は「ブドウの街」を意味する。カベルネ・フランは、標高380mの最北の畑をはじめ、標高280mと150mの畑で栽培されている。表情は模範的で、ほぼ不透明な紫黒色、ダークベリーの果実味、タバコとチョコレート、皮革のニュアンスを示す。濃密で陰鬱な味わいで、リッチでフルボディ、ほとんど肉付きが良く、十分なフレッシュな酸と豊かなタンニンがあり、余韻も長い。濃厚なワインなので、鹿肉や鴨肉のカスレのような料理でないと、その良さが最大限に発揮されない。

 

フースグ 翡翠月 カベルネ・フラン 2019

プロデューサー: フースグ(フィリップ・ショウ

地域 ニューサウスウェールズ州オレンジ

国: オーストラリア

葡萄品種: カベルネ・フラン100

アルコール度数: 13.4

ビンテージ: 2019年

おおよその小売価格: ポンド75

オレンジ地区にあるショウの畑から、2018年のカベルネ・フランの弟分にあたるワインが誕生した。アロマティックでエレガントなノーズには、深いルビーパープルの色調、ブラックチェリー、熟したラズベリー、トーストした木、ココアと花のアクセントが感じられる。ミディアムボディの味わいは、生き生きとした酸と麻のようなテクスチャーのタンニンが力強い風味を支え、ベーキングスパイス(バニラのさや、オールスパイス、シナモン、カルダモン)の香りがする長い余韻へと続く。赤ワイン、オリーブオイル、ニンニク、カルダモン、醤油でマリネしたジューシーなイノシシやカンガルーのステーキによく合う。エレガントで温かみのあるこのワインは、レモンとオレンジジュース、ローリエ、赤唐辛子でマリネし、ローストした鶏肉ともよく合う。

 

ヘアー・アプリック・カベルネ・フラン 2019

プロデューサー: Heir Apparent

産地 カリフォルニア州、ナパ・ヴァレー、スプリング・マウンテン

アメリカ

ブドウ品種 カベルネ・フラン90%、カベルネ・ソーヴィニヨン10

アルコール度数: 14.6

ビンテージ: 2019年

おおよその小売価格: ポンド80

セント・ヘレナ上部のマヤカマス・マウンテンズの険しい段々畑を含む地形と不安定な天候パターンが、この地をナパ・ヴァレーで最も涼しく湿ったアペラシオンにしており、ボルドーのメソ気候に似ていることから、カベルネ・フランの栽培に最適なエリアとなっている。このワインは深いルビー色で、カシス、ブラックラズベリー、甘いレッドペッパーが感じられ、トーストした木と鉛筆の削りかすのノートがアクセントになっている。味わいはかなりふくよかでリッチ。きれいに溶け込んだこのワインは、動物、野菜、魚など、どんなバーベキューとも完璧にマッチする。

 

ガリカ・カベルネ・フラン 2019

プロデューサー ガリカ

産地 カリフォルニア州、ナパ・ヴァレー、オークヴィル

アメリカ

ブドウ品種 カベルネ・フラン98%、カベルネ・ソーヴィニヨン2

アルコール度数: 14.5%

ビンテージ: 2019年

おおよその小売価格: ポンド150

ナパ・ヴァレー、オークヴィルにあるガリカの経営者であるローズマリー・ケークブレッド。このワインのカベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニヨンは、有機農法で栽培されたオークヴィル・ランチ・ヴィンヤードのブドウを使用し、このボルドー・スタイルのブレンドを造るために共同発酵させた。

深みのある紫がかったルビー色をしたこのワインのブーケは、濃いブラックフルーツとモレロチェリーに、杉の木、甘いピーマンとラベンダーのニュアンス。テクスチャーがあり、層が厚く、輪郭がはっきりとしており、ベーキングスパイスとバニラのさやの香りがする、香ばしくサッパリとした後味が長く続く。熟していながらエレガントなスタイルは、パースニップのピュレを添えた牛肉や、クワトレエピスのアクセントを効かせたシャルドネの煮込みに合う。

 

カヴァクリデレ・サラプラリ・エジオ・カベルネ・フラン/メルロー 2019

プロデューサー カヴァクリデレ・サラプラリ

地域 エーゲ海

トルコ

ブドウ品種 カベルネ・フラン60%、メルロー40

アルコール度数: 13.5%

ビンテージ: 2019年

おおよその小売価格: 9.75ポンド 1929年にアンカラで創業したカバクリデレは、一族の4代目が所有している。

カヴァクリデレは、トルコの土着品種から、最近では国際品種まで、幅広いワインを提供している。このワインはエーゲ海地方にあるペンドレ・ワイナリーの畑から造られ、メルロとブレンドされた優しく樽の効いたカベルネ・フランの美しい表情を楽しむことができる。深いルビー色で縁はガーネット色。ワインは鮮やかなカシスとヴィクトリア・プラムを示し、花のような香りとバニラのさやのようなアクセントがある。味わいは中重量で、キレのある酸とリネンのタンニンがきれいに引き締まった風味を支えている。シンプルなロースト・チキンと相性抜群。

 

パラダイス・レスキュード B1OCKONE カベルネ・フラン 2017

プロデューサー パラダイス・レスキュー

地域 ボルドー

国: フランス

葡萄品種: カベルネ・フラン100

アルコール度数: 13.5%

ヴィンテージ: 2017

小売価格: 16.30ポンド 2010年、パラダイス・レスキュードがサステイナビリティ・プロジェクトを開始した時、カベルネのオウル・カット・スッド・ブロックは、その葡萄品種に適した葡萄品種であった。

同社が所有する畑はカベルネ・フランだけだった。そのため、100%カベルネ・フランを造るしかなかった。当初は "クラウド9 "と命名されていたが、ヴィンテージを重ねるごとに "創業者の遺産 "となり、現在ではオーガニック・ブランドとなり、"B1ockOne "と改名された。深みのあるルビー色で、縁にガーネットのニュアンスがあり、ストロベリー、ラズベリー、ブループラムの果実味に、砕いたバラの花びらと杉の木が感じられる。ミディアムボディの風味は、ジューシーな果実味と爽やかな酸味、ベルベットのようなタンニンを示し、余韻は長い。うまく溶け込んだ優しいバニラ・オークが深みを加え、職人技が光るエキゾチックな肉のテリーヌや、コルニッションを添えたソーシソンによく合う。

 

ヴィニェドス・カルク タイニー・ブロック カベルネ・フラン 2020

生産者 ヴィニェドス・カルク

地域 コルチャグア・バレー

国: チリ

ブドウ品種 カベルネ・フラン95%、プティ・ヴェルド3%、カルメネール2

アルコール度数: 14%

ビンテージ: 2020年

おおよその小売価格: ポンド18.99

コルチャグア・ヴァレーのマルキグエを拠点とするヴィニェドス・カルクは、周囲の丘陵地帯の田園風景を取り込んでいる。カルキュ "という名前は、"山 "を意味する "Calel "と "石 "を意味する "Curá "に由来する。ブドウの木は、鉄分を多く含む石灰質の花崗岩質土壌で持続的に栽培され、わずか26キロ離れた太平洋からの涼しい風の影響を受けている。このワインはカベルネ・フランの素敵な見本である。非常に深いルビー色で、熟したダークフルーツとトースティーなオークの風味が豊かで、カベルネ・フランの特徴であるスミレの香りが感じられる。

フルボディの味わいは、キビキビした酸と豊かな麻のテクスチャーのタンニンに縁取られ、リッチなフィニッシュにはキッチンスパイス(カルダモン、オールスパイス、シナモン)と紡績糖のヒントがアクセントを添える。魅力的なワインで、かなり温かく、ジューシーなシャトーブリアンによく合う。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ