閉じる メニュー
ニュース

当直財務相:「勝者と敗者が出るだろう

ガレス・デイビーズ財務相は酒類業界に対し、先週首相が関税凍結を発表したのは、8月に「我々が導入した改革によって影響を受けた人がいることを認識するため」でもあると語った。

財務大臣「勝者と敗者がいる」
Small Beer Brew Coの共同創業者であるフェリックス・ジェームズ氏(右)からビールを振る舞われるギャレス・デイヴィス議員(左)

ジェレミー・ハント首相の関税凍結は、先週の秋の声明で発表され、8月の50年間で最大の関税変更に続いて、わずか数ヶ月で2回目のアルコール税の大幅な増税となるはずだったものを停止します。この変更 により、 以前のアルコール税システムに取って代わられました。

リシ・スナク氏が首相在任中の2021年に初めて提案した以前の改革は、 新システムがワインやスピリッツを不公平に扱っていると主張する業界団体や専門家からの継続的な反発に見舞われました。

財務長官のガレス・デイヴィス氏は、先週の発表を受けてサウスバーモンジーのスモール・ビール・ブリュー・カンパニーを訪問し、共同創業者のフェリックス・ジェームズ氏の主催を受け、独立系醸造業者協会(SIBA)の広報責任者であるバリー・ワッツ氏も同行した。

デイヴィス、ジェームズ、SIBAの広報責任者であるバリー・ワッツ

Small Beer Brew Coは、アルコール度数が2.8%未満の低強度ビールを製造しており、8月1日に実施された小規模生産者救済制度など、いくつかの変更の恩恵を受けています。また、この新システムは「アルコール度数が高ければ高い」というコンセプトをモデルにしており、スモールビールのような低アルコールメーカーも結果としていくらかの救済を受けることになる。

ジェームズは db に、7月から8月の間に、企業が支払う関税率は「数百ポンド」引き下げられたと語った。しかし、彼は、ビジネスが直面している他のコスト圧力と比較すると、これは「大海の一滴」であることを強調しました。

dbスポンサード・コンテンツ

ビッグ・ストーリー

飲料製造工程を改善する実際の成功例とは?

ポール・コーポレーションは、深層ろ過ソリューションの使用による効果を示す一連の成功事例を収集した。
続きを読む...

ポールのソリューションはこちら

関税の引き下げは「インフレ、個人消費の変化、コスト上昇に比べれば微々たるもの」だと述べた。将来に目を向けると、彼は、税金で節約された数百ポンドは「確かに、この量を生産するビジネスを維持するつもりはない」と付け加えました。

ジェームズ氏と直接話したデイビス財務長官は、政府は「人々が望むほどの支援はできない」と認めた。

「今年がいかにひどい年であったかは理解している」と述べ、インフレ圧力に関しては「われわれも厄介な状況にある」と指摘した。

デイビス氏は2023年4月21日に財務長官に任命された

ワインやスピリッツはどうですか?

8月1日の関税改革がワインとスピリッツの生産者に与える影響について尋ねられたとき、デイヴィスは「アルコールが強いほど、より多くの関税を支払う」という新しいシステムに基づいて、「勝者もいれば敗者もいる」ことを認めました。

「私が簡単に言えるのは、私たちはワインとスピリッツ業界とプロセス全体を通して多くの関与を提供してきたということです。私が言うように、一般の人々だけでなく、企業にとっても非常に明確に理解できる方法で設計しました。そして、特にワイン業界には、ワイン地役権を提供しています。私たちは、この変更と、それが製品に影響を与えるかどうか、またどのように影響するかについての懸念に耳を傾けてきました」と彼は述べています。

「ワインとスピリッツ業界では、いくつかの関税が上がり、一部が下がったことは完全に認めますが、ワイン業界にとってすべてが上がったと言うのは公平ではありません。」

デイヴィス氏は、ブレグジットの国民投票の結果、政府は「アルコール税を改革する能力に基づいて改革する決定を下した」と説明した。彼は、英国がブレグジット前に採用を余儀なくされたEUの関税制度は「非常に複雑で、ばらばらで、一貫性がなかった」と主張した。

「私たちは初めて、公衆衛生上の優先事項に従って勤務システムを簡素化することができました。アルコールが多ければ多いほど、義務も増えるという意味で簡素化することができました」と彼は言いました。

ワインとスピリッツのビジネスは、関税の上昇の結果として苦戦しています。先週発表された関税の凍結は、これらの関税引き上げには影響しませんが、 夏以降のワイン関税の全体的な引き上げを30%に引き上げるインフレに沿った2回目の関税引き上げを阻止します。

11月22日(水)に発表された秋の声明に先立ち、ワイン・スピリッツ・トレード・アソシエーション(WSTA)、ワイン・ソサエティ、スコッチ・ウイスキー・アソシエーション(SWA)などの飲料協会は、英国最大のアルコール生産者数社とともに、 アルコール税の引き上げにより財務省の税収が減少したと主張しました。

協会は、8月の関税引き上げ以降の最近の売上高を指摘し、過去28日間でスピリッツのオフトレード売上高が約20%減少し、同じ期間にワインが2桁減少したことを明らかにしました。

関税の凍結は、改革が飲料業界に与えた悪影響を緩和するための政府の試みであるかどうか尋ねられたとき、デイビスはdbに、凍結は企業が変化に「適応するより多くの時間」を与えるために実施されたと語った。

「われわれが行ったのは、インフレ率が非常に高い時期に業界により多くの支援を提供するために関税を凍結できたことだが、われわれが導入した改革によって影響を受けた人がいることを認識し、それに適応する時間を増やしたい」と述べた。

関税凍結は延長されますか?

関税凍結の延長の可能性について尋ねられたとき、デイビスは「我々はすべての税金を見直している」と述べた。

「私たちは、消費者、主に生産者に、関税がどこに行くのかという点で確実性を提供するために、凍結を8月まで延長したいとはっきりと考えていました。」

独立醸造者協会(SIBA)の広報責任者であるバリー・ワッツ氏は、この確実性に異議を唱え、6カ月間の凍結では十分ではないと主張した。SIBAやその他の業界団体は、2025年2月1日までの1年間の凍結を望んでいました。ワッツ氏は、財政改革は毎年2月に行われると予想されており、そのギャップを縮めれば、英国企業は準備する時間が少なくなると説明した。

しかし、デイヴィス氏は、関税凍結の延長はまだ検討中であると強調した。「何年にもわたって多くのフリーズが発生しました」と彼は言います。「今回はインフレ率が下がったので凍結できるが、まだ森から抜け出していないので、8月に状況を見ることになる」と述べた。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ