閉じる メニュー
ニュース

声にはワインよりシャンパン」とオペラ界のスター、キャサリン・ジェンキンス

クラシック・アーティストのキャサリン・ジェンキンスがdbの 独占インタビューに答えた。

写真 / Instagram @katherinejenkinsobe

ウルトラ・プレミアム・ジン「シグネット22」の発売から5ヶ月、キャサリン・ジェンキンスは、なぜロックですっきり飲むのが好きなのか、その理由を ドリンク・ビジネスに独占インタビューした。

「王立音楽院で歌を学ぶためにロンドンに来たとき、チューターはアルコールと声の関係についてたくさん話してくれました。

"製品がクリーンであればあるほど、そして含まれる成分が少なければ少ないほど、声への害は少なくなる"

全体として、ビール、ワイン、一部のミキサー(「1998年当時は、現在ほど多様なミキサーが市場に出回っていなかった」)は、スピリッツよりも「クリーンではない」傾向があるとジェンキンスは説明する。

さらに、「ワインよりもシャンパンの方が(声帯に)良い」と、クラシックFMで今世紀最も売れたクラシック・アーティストに輝き、270万枚という記録的なアルバム・セールスを記録したジェンキンスは言う。

「歌の勉強をしていたとき、ジンを飲むのを完全に止めたんだ。

音楽教育を受けているときに、「最高の原料を使った上質なジンで、薄めすぎず、すっきり飲めるもの」を作れば、また何杯か飲めるかもしれないというアイデアが芽生え始めた。

「何が入っているのかはっきりわかるものを飲みたかったんです」とシンガーは説明する。

その結果、レモンバーム、バラの花びら、ホワイトペッパーコーン、そしてジェンキンス氏の隠し味であるマヌカハニーを含む22種類の植物を配合した「シグネット22」が誕生した。

「マヌカハニーは、抗菌作用と抗酸化作用が素晴らしいので、喉と声のためにいつも使っています」と彼女はdbに話す。

この組み合わせは、市場に出回っている他のジンと比べて「はるかにソフトな液体」をもたらす。そして、この絹のように滑らかな口当たりは、瞬く間にシグネット22のユニークなセールスポイントのひとつとなった。

キャサリン・ジェンキンスのインタビューの全文は、ドリンクビジネス2023年11月号をご覧ください。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ