閉じる メニュー
ニュース

ティトズ・ウォッカがバミューダの新航空会社、バミューダ・エアで販売開始

ティトズ・ウォッカは、バミューダ・エア・エアラインの注いでいるウォッカとなり、現在ヨーロッパ中のGTRでの拡大を目指している。

ティトーズ・ウォッカのインターナショナル・マネージング・ディレクターであるジョン・マクドネル氏は、ドリンク・ビジネス誌の取材に対し、次のように語っている:「私たちは、先月就航したばかりのバミューダ・エアという新しい航空会社でウォッカを提供することになりました。この航空会社は、バミューダ諸島のオールビジネスクラスの新しい航空会社です。座席はすべて取り払われ、約半分しか戻されませんでした。ゴスリングス・ラムは私たちの代理店で、機内でも提供されています」。

ウォッカ会社の今年の抱負について、マクドネルはこう明かした:「特にイギリスの空港、フランス、スペイン、イタリアです」。

マクドネルはdbにこう語った:「ヨーロッパでは非常に積極的で、順調に成長しています。昨年から多くのパートナーを変更し、クロアチア、イタリア、ギリシャに進出しています。どちらか一方だけではだめで、両方が必要です。それがゲームプランだ

さらにマクドネルは、ブランドはアジアで大きく成長したが、現在はヨーロッパとハイエンドのポジショニングの機会に焦点を絞っていると指摘した。

彼はこう説明した:「私たちはアジアで大きな1年を過ごし、この12カ月で多くの項目をチェックした。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ