閉じる メニュー
ニュース

トク・サケ、新最高執行責任者を任命

日本で最も寒い県、北海道のプレミアム日本酒ブランドであるトク・サケ・リミテッドは、「英国日本酒市場での加速をリード」するため、同社の元アドボカシー責任者グレース・ハントを新COOに任命した。

トク・サケ、新最高執行責任者を任命

トク・サケは、戦略的成長を推進し、グローバル・リーダーとしてのブランドをさらに確立することを目的として、ハントを新しい最高執行責任者に任命したとプレスリリースで発表した。

ハントは前職のアドボカシー部長からこの役職に就いた。トク・サケは昨年11月に発売され、「例外的な初年度」を経験した、と同社は述べている。

同社の共同設立者の一人であるピーター・ハドソンは、ハントが「私たちのブランドにおいて重要な役割を果たし、トクの知名度と評判を高めることに大きく貢献した」と称賛した。

また、「COOとしての彼女の役割は、英国日本酒市場における我々の加速を引き続きリードしてくれると確信している」と付け加えた。

ハントは新職について次のように語っている:「11月下旬の立ち上げ以来、私たちは目覚ましいマイルストーンを達成し、英国有数のレストランとのパートナーシップを獲得し、この業界で最も優秀な人材とともに仕事をしてきました。個人的かつ専門的な成長を優先し、社内の女性を大切にする先見性のある創設者が率いるチームの一員であることに感謝しています。擁護活動を続け、パートナーと緊密に協力しながら、私はトクをグローバル・ブランドに押し上げることに集中しています。"

徳の酒は、北海道で最も古い酒蔵のひとつで製造されている。ほぼ毎日、杜氏が酒造りの進捗状況を確認に訪れる。代々の杜氏が受け継いできた知識を生かし、手作業で少しずつ条件を変えながら、最終的な製品に仕上げていく。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ