閉じる メニュー
ニュース

シャンパーニュ・ジャケソンの栄枯盛衰

フランスの億万長者、フランソワ・ピノーが所有するシャンパーニュ・ジャケソンを筆頭に、近年、生産者シャンパーニュの人気が開花しつつある。 

ここ数年、シャンパーニュの生産者は記録的な成功を収めており、2022年には3億2,000万本以上を出荷し、初めて60億ユーロの売上を突破した。それに伴い、iDealwineのオークションにおいても、シャンパーニュ地方はますます重要性を増しており、2022年には金額で4位(122%増)、数量で5位(55%増)となっている。

この最近の勝利には、生産者シャンパーニュの包括的な成功が埋め込まれている。多くのシャンパーニュ・メゾンが、自社所有以外の数十の畑からブドウを調達するのに対し、グロワー・シャンパーニュは、ほぼ自社所有のブドウのみを使用して生産される(自社所有以外のブドウはわずか5%)。この地域の生産量に占める割合はわずかだが、グロワー・シャンパーニュの人気は急速に高まっている。

シャンパーニュ愛好家は、ノン・ヴィンテージのシャンパーニュ生産では一般的でない、テロワールやヴィンテージごとに異なるニュアンスを覗き見ることができる窓のようなものを高く評価するようになった。対照的に、多くのノン・ヴィンテージ・シャンパーニュに共通する厳格な製造方法と複数の畑を利用したアプローチは、より高いレベルの一貫性を保証する傾向がある。この一貫性はしばしば「ハウススタイル」と呼ばれる。

2022年のiDealwineオークションでは、生産者シャンパーニュの人気が高まっていることが明らかになった。このリストで15位にランクインしたジャケソンは、栽培シャンパーニュの象徴的な生産者であり、2022年には156本以上のボトルの前面をその名前が飾り、その総額は24,000ユーロを超えた。

ジャケッソンという名前には、2世紀にわたる豊かで興味深い歴史がある。1798年に創設されたジャケッソン家は、19世紀前半に2つの大きな出来事によってその名を知られるようになった。ひとつはナポレオン・ボナパルトから金メダルを授与されたことで、ボナパルトはジャケッソンがお気に入りのシャンパーニュだったと言われている。もうひとつは、ワインの歴史の中でおそらく最も見過ごされているエンジニアリングのナゲットのひとつ、ミュズレの発明である。ミュズレとは、世界中のスパークリングワインのボトルのコルクを囲む、小さなワイヤー入りのかごのことである。1844年、アドルフ・ジャケッソンによって作られた。

アドルフの指揮の下、ジャケソンの生産量は年間100万本を超えた。しかし、1876年のアドルフの死後、1974年にジャン・シケに買収されるまで、何度も所有者が変わり、会社は長い衰退期に入った。

1990年から2022年まで、ジャケソンはシケの息子であるジャン・エルヴェとローランによって経営され、彼らは多くの重要な改革を行った。有機農業の導入、オーク樽での発酵、自主的な生産量の制限などである。

比類なき情熱

そして2022年12月、フランソワ・ピノーがこのドメーヌを購入した。ピノーは現在、アルテミス・ドメーヌを形成する彼の素晴らしいラベル・コレクションにジャケソンを数えている。グループの経営責任者であるフレデリック・エンジュラーは、実績ある実践的なリーダーシップと、ワインに対する比類なき情熱を持っている。シャトー・ラトゥールでの仕事ぶりは有名で、社長とセラーマスターを兼任している。

今日、ジャケソンの糧となっているのはキュヴェ700シリーズである。できる限り個性とオリジナリティを引き出すために、700シリーズの各キュヴェは1つのヴィンテージに焦点を当て、少量のリザーヴワインをブレンドしている。ブドウは、グラン・クリュのアヴィーズ、オワリー、アイ、プルミエ・クリュのディジー、オー・ヴィレールを含む5つの格付けクリュからのみ使用される。ブレンドは主にシャルドネとピノ・ノワールで、ピノ・ムニエは少量。

2000年にオリジナルの728キュヴェが発表されて以来、毎年新しいシリーズが追加されている。2022年のiDealwineオークションでは、700シリーズの平均的なボトルは82.70ユーロで落札された。最高値は2017年ヴィンテージのキュヴェ736デゴルジュマン・タルディフ・エクストラ・ブリュットで、1本あたり163.30ユーロで落札された(3本を含むロットより)。

700シリーズは、ジャケッソンにとってユニークな主要キュヴェではあるが、オークションで最高値をつけるワインではない。その代わりに、区画ごとに熟成したヴィンテージのシャンパーニュが上位を占めることが多い。2022年、iDealwineのオークションで落札されたジャケッソンの最高値は、2002年のマグナム・アイ・ヴォーゼル・テルメ(750ml換算で403ユーロ)、1989年のアヴィーズDT(396.80ユーロ)、1990年のアヴィーズDT(372ユーロ)の3本だった。同様に、2023年に販売されたジャケッソンのボトルで最も高値がついたのは2002年のAÿ Vauzelle Termeで、1月にiDealwineで347ユーロで販売された。

生産者シャンパーニュの象徴として、ジャケソンの経歴は、最近の革新と歴史的名声のユニークな融合を特徴としている。常にテロワールを完璧に表現しようと努力し、自らの生産方法を見直すという立派な意欲を示してきた。ピノーによる買収は、畑でもセラーでも完璧を追求し続けることにつながるだろう。しかし、それに伴う価格の上昇も考慮する必要がある。生産者シャンパーニュ全体の将来については、2023年までの好調なスタートと、ジャケッソンのような世界的な生産者が指揮を執っていることから、確かに見通しは明るい。

オークション最新情報

iDealwine.comについて

- 2000年に設立されたiDealwineは、フランスのトップ・ワイン・オークショニアであり、世界有数のオンライン・ワイン・オークション・ハウスである。

- ファイン・スピリッツ・オークション(FSA)は、1956年創業のフランスの高級蒸留酒専門店、ラ・メゾン・デュ・ウイスキーとの提携により開始されたiDealwineの蒸留酒専用プラットフォームです。最高級のウイスキー、ラム、コニャックなどのオークションが年に7回開催される。

- パリを拠点とし、ボルドーと香港にオフィスを構えるiDealwineは、ヨーロッパのセラー、個人のコレクション、生産者からの直接購入など、希少なボトルを仕入れ、細心の注意を払って鑑定し、世界中の愛好家、コレクター、取引先に出荷している。

- iDealwineは、300万以上のオークション価格を基にした、60,000以上の価格見積もりで、ワインとスピリッツの市場データと分析を提供する。

- ワインやスピリッツの売却をお考えなら、iDealwineの現在のオークション、販売、価格予想をwww.idealwine.comまたはFineSpirits.Auctionでご覧ください。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ