閉じる メニュー
ニュース

ボルドーの馬」キャンペーンで南米でリリースされたトップワイン

この9月には、コルチャグア・ヴァレーのクロ・アパルタとヴィーニャ・マキがデビューし、アルゼンチンのカロはニコラス・カテナとドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトのジョイント・ベンチャーによる初リリースとなる。 db特派員のコリンが、アルゼンチン、チリ、ウルグアイの最新リリースをラ・プレイスで評価する。

 

チリのリリース

ヴィンテージ 地域 第1 リリース? 評価
ロカス・デ・セーニャ 2021 アコンカグア渓谷 いいえ 95
セーニャ 2021 アコンカグア渓谷 いいえ 97+
ヴィニェドス・チャドウィック 2021 マイポ・バレー いいえ 98
ル・プティ・クロ 2020 コルチャグア はい 93+
クロ・アパルタ 2020 コルチャグア はい 97
EPU(アルマヴィーヴァ) 2021 マイポ・バレー いいえ 94
アルマヴィーヴァ 2021 マイポ・バレー いいえ 98
モンテス・ミューズ 2020 マイポ・バレー いいえ 94
ヴィーニュ・マキス・フランコ 2013 コルチャグア いいえ 94
ヴィーニュ・マキス・フランコ 2019 コルチャグア いいえ 95
ヴィーニュ・マキ・ヴィオラ 2013 コルチャグア いいえ 94
ヴィーニュ・マキ・ヴィオラ 2019 コルチャグア いいえ 96+
サンタ・リタ 'カーサ・レアル' キャブソーヴィニヨン 2020 マイポ・バレー いいえ ニューヨークタイムズ

ロカス・デ・セーニャ2021(アコナグア・ヴァレー、マルベック35%、シラー21%、カベルネ・ソーヴィニヨン20%、グルナッシュ10%、プティ・ヴェルド9%、ムールヴェードル5%、プティ・ヴェルド6%、オーク樽熟成(うち40%は新樽、コンクリートエッグ)、アルコール度数14%)。2度試飲し、2度目はフランシスコ・ベティグとズームで。きれい。自然に甘い。ザクロ、ラズベリー、割ったグリーンペッパーとブラックペッパーの実、キビキビした酸味。ほのかなスペアミントとラベンダー。甘くスパイスが効いている!カレー粉。コリアンダー。ナツメグ。クローブ。ブラックペッパー。繊細に判断されたオークのニュアンス。ピュアで正確、グリップ感があり、非常に洗練されたタンニンから来る美しい氷のような結晶性。柔らかく張りがある。重厚さはないが非常に素晴らしく、印象的なほどコンパクトで濃密、フレッシュな果実の核を持つ。セーニャ自体、比較的最近までこのレベルではなかった。その進歩は本当に素晴らしい。95.

セーニャ2021(アコンカグア・ヴァレー、カベルネ・ソーヴィニヨン50%、マルベック27%、カルメネール17%、プティ・ヴェルド6%、オーク樽熟成(うち70%は新樽、フードル)、アルコール度数14%)。2回試飲し、2回目はフランシスコ・ベティグとズームで。ヴィンテージとしては涼しく、マルベックがやや多く、カルメネールがやや少ない。フレッシュで複雑、アロマの表現力が高い。ロカスよりもスパイシーさは控えめ。クローブ。ナツメグ。クミン。砕いたバラの花びらとスミレ。しかし、すべて控えめ。グレナディン。ザクロと赤いベリーの果実味。素晴らしい複雑性と印象的な層。このワインは張りがあり、タイトで、素晴らしい凝縮感があり、きめ細かいタンニンが背骨に密着し、素晴らしい密度とコンパクトさを持つ。97+.

ヴィニェドス・チャドウィック2021(マイポ・アルト、カベルネ・ソーヴィニヨン97%、プティ・ヴェルド3%、新樽(80%)とフードルで熟成、アルコール度数14%)。2度試飲し、2度目はフランシスコ・ベティグとズームで。エレガントで、ノーズは少しゆったりとしていて垂直ではなく、口に含むとセーニャより広く豊か。スパイシーなカレーの香り(コリアンダー、クミン、カレーリーフ、少量のカルダモン)と並んで、古典的なバラの花びらのフローラルな香り。スミレ。リコリス。カシスとラズベリーのピューレの非常にピュアで力強い果実味。非常に濃縮され、正確で氷河のような結晶性。コーダイトとマッチのタッチもある。素晴らしい。この冷涼なヴィンテージのタンニンは驚くほどきめ細かく、ハングタイムが長い。輝きのある長いフィニッシュはクール。98.

ル・プティ・クロ2020(チリ、コルチャグア、アパルタ・ヴァレー、カルメネール、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、少量のプティ・ヴェルドのブレンド、アルコール度数15%)。クロ・アパルタのセカンドワイン。アロマは非常に開放的で、お香、オリーブのタプナード、エキゾチックな甘いスパイス、ダーク・ベリーやストーン・フルーツが混じり合い、少しミモザも感じられる。タンニンはやわらかくふくよかで、中口は豊かなコクがあり、フィニッシュは印象的なほどよくまとまっている。今すぐコルクを抜きたくなるが、このワインは熟成能力も高く、セラーで2~3年寝かせればその恩恵にあずかれるだろう。93+.

クロ・アパルタ2020(チリ、コルチャグア、アパルタ・ヴァレー、カルメネール64%、カベルネ・ソーヴィニヨン19%、メルロー15%、プティ・ヴェルド2%、アルコール度数15%)。ああ、これは素敵だ。ラ・プレイスで9月にリリースされるワインの中には、とてもフローラルなワインがたくさんあるが、このワインはその中でも最も強烈にフローラルなアロマを放っている。ユリとアイリス、スミレ、ローズマリーとラベンダーのタッチ、サフランと花粉の粒、蜜蝋、そして大量の黒いベリーとストーンフルーツ。少し木の煙もあり、四川胡椒のタッチもある。口に含むと、しなやかで清冽、エネルギッシュでダイナミック、ノーズから想像するよりもむしろ塩味の強いミネラル感があり、塩辛い甘草がたっぷり感じられる。タンニンはゴッシリとしたものだが、口に含むと、輪郭のはっきりした、細部まで豊かなミッドパレットをゆっくりと形作り、彫刻していく。これは本当に素晴らしい。97.

EPU(アルマヴィーヴァ)2021(マイポ・ヴァレー、カベルネ・ソーヴィニヨン80%、カルメネール15%、メルロ5%、アルコール度数15%)。アルマヴィーヴァのセカンドワイン。非常に表現力豊かなノーズには、たくさんの垂直的なリフトとエネルギーがある。美しいカベルネの葉の香りとふくよかなダークベリーの果実味、杉のほのかなニュアンス、甘いスパイスの繊細なタッチ、少しローストしたエスプレッソビーンズ、冷涼な石のようなミネラル。非常にピュアで、非常にソフト、非常にエレガントで、非常に洗練されたタンニンが美しいが、まだグリップがあり、口中で優雅に進化し、印象的なほど長く緩やかに先細りのフィニッシュを持つ。94.

アルマヴィーヴァ2021 (マイポ・ヴァレー、カベルネ・ソーヴィニヨン71%、カルメネール22%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド2%、アルコール度数15%)。ラ・プレイスからリリースされたオリジナルのオード・ボルドーで、今でも9月のキャンペーンにおける絶対的なスーパースターの1つである。期待を裏切らない。驚くほど洗練されているが、アロマは華やかで表現力に富んでいる。輝きのあるフレッシュな花の香りがあり、黒鉛、鉛筆削り、杉の香り、そしてもちろん、深く、濃く、豊かで、ふくよかだが柔らかいベリーや石の果実の香りと交じり合い、素晴らしく魅惑的だ。黒胡椒と四川山椒の実がひび割れ、唐辛子のニュアンスもある。ゴッサゴサのタンニンは驚異的にきめ細かく、それでいて、口当たりとワインのきめ細かく輪郭のはっきりしたピクセルのような個性に欠かせない、チョークのようなグリップ感を醸し出している。素晴らしく洗練されており、まさにボルドーの技巧と洗練の典型である。モーツァルトのオペラやボーマルシェの戯曲のように魅力的で魅惑的である。98.

モンテス・ミューズ2020 (ヴァレ・デ・マイポ、カベルネ・ソーヴィニヨン100%、アルコール度数14%)。気品があり、魅力的で表現力豊かなアロマを持つこのワインもまた、マイポ・ヴァレーのトップ・カベルネ・ソーヴィニヨンの非常にピュアで正確な表現である。中盤の味わいは印象的なダイナミズムと透明感があり、心地よいコショウのような華やかさ、ほのかなバニラとスパイスのタッチが、カシスとブラックベリーの果実を優しく包み込んでいる。バランスが良く、親しみやすい。94.

ヴィーニュ・マキス・ヴィオラ2019(コルチャグア・ヴァレー、カルメネール87%、カベルネ・フラン13%、アルコール度数14%)。エリック・ボワスノがコンサルタントを務め、これはまさにボワスノのワインだ。フローラルで、高揚感があり、ピュアで、明るく、さわやかで、フレッシュで、非常にピュアで、カルメネールの葉っぱのような素敵なタッチと、繊細で微妙な塩味とわずかに鉄っぽいミネラルがある。カルメネールのピュアで生き生きとしたアロマティックな表現。非常にソフトなタンニンが、この非常によく引き締まった骨格を持つワインの豊満なコアを包んでおり、非常に正確で細身でありながら、十分に肉付きの良いコアの周りに構築されている。柔らかくゴージャス。私はこれが大好きだ。 フィニッシュは非常にサッパリしており、果実味が見事に表現されている。96+.

ヴィーニュ・マキス・ヴィオラ2013(コルチャグア・ヴァレー、カルメネール87%、カベルネ・フラン11%、カベルネ・ソーヴィニヨン2%、アルコール度数14%、コンサルタントは今回もエリック・ボワセノ)。同じヴィンテージのキュヴェ・フランコよりも香りが少し進化しているようで、二次的、三次的な要素がより強い。かなり狩猟的で、ほとんど少し野性的だが、ほのかな森林の床や野生のキノコ、白トリュフのノートがあり、まだ発展し始めたばかり。塩味のミネラルもかなり顕著で、砥石のニュアンスも少しある。アタックはやや豊満で、味わいも少し凝縮感がある。しかし、中盤にはボワスノらしいフレッシュで優雅な艶がある。スタイリッシュでなめらか、とても洗練されており、フィニッシュには心地よいフレッシュな酸味がある。94.

ヴィーニュ・マキス・フランコ 2019(コルチャグア・ヴァレー、カベルネ・フラン94%、カベルネ・ソーヴィニヨン6%。)洗練され、ピュアで、リフト感があり、とてもエレガント。葉の香りはやや弱く、ブルーベリーの果実味が強く、黒鉛が多く、ミネラル感はやや弱い。ナツメグのような甘いスパイス香がやや強い。中盤は流麗で気品があり、ミネラルの塩味がより際立つ。印象的な密度とコンパクトさ、より濃い果実味、同じように明確で引き締まった背骨と芯。超フレッシュ。長い。フィニッシュのタンニンはソフトだが相当なもの。後味のタンニンはソフトだが、かなり強い。フレッシュなペッパーコーンが口中に長く残る。95.

ヴィーニュ・マキス・フランコ2013(コルチャグア・ヴァレー、カベルネ・フラン94%、カベルネ・ソーヴィニヨン6%、エリック・ボワセノがコンサルタント)。このワインは香り高く、明るく、フレッシュで、葉とハーブのカベルネ・フランによってアロマが大きく定義されている-おそらく2019年よりも少しフローラルさが抑えられ、野生のタイムとラベンダーのノートにもう少しアクセントがある。口当たりは柔らかくしなやかで、フィネスとエレガンスに溢れ、カシスとブルーベリーの果実味は印象的な純度を持ち、核となる部分は美しい結晶のようなしなやかさを持つ。非常に繊細で優しい。94.

サンタ・リタ・カサ・レアル・レセルバ2020 (マイポ・アルト、カベルネ・ソーヴィニヨン100%、pH3.56、アルコール度数13.8%、フレンチオーク樽で20カ月熟成(うち85%は新樽)。チリがスペイン王室から独立した記念日である9月18日にリリースされた。このワインはアンデス山脈のふもとにあるサンタ・リタ・アルト・ジャフエル農園で造られ、かなり暑いヴィンテージのものだ。しかし、日差しを感じる一方で(フランス語で言うところの「ソレール」)、正真正銘のフレッシュさ、印象的な空気感、そしてパフュミエールの実験室的なフローラリティの強さがある。これらは野性的な花の香りではなく、洗練され、強調され、注意深く組み合わされた花のエッセンスである。それらは、ダークベリーの果実、煮詰めたお菓子のわずかな暗示、ブラックペッパーの実を包み込み、豊かにしている。しかし、ふくよかで完熟したラズベリーのニュアンスもあり、地中海的な温かみのあるスパイス、特にクローブとコリアンダーシードのニュアンスもある。タンニンは非常に丁寧で、きめ細かく、非常に洗練されており、層の深さ、力強さ、深刻な凝縮感にもかかわらず、このワインにエレガンスと優雅さを与えている。現段階では、味わいの輪郭をはっきりさせるよりも、その層がより細かく感じられるかもしれないが、それでも印象的だ。余韻のフィニッシュには心地よいフレッシュさがある。95.

ウルグアイのリリース

ボデガ・ガルソン・バラスト2020(ウルグアイ、タナ42%、カベルネ・フラン39%、プティ・ヴェルド19%、アルコール度数14%)。10月初旬にパリで開催されたユリス・カザボンヌの「カルネ・ド・ボヤージュ」試飲会で試飲。タナの主な経験がヨーロッパの畑やマディランのようなアペラシオンのものであるなら、このワインは驚きをもたらすだろう。アロマ的には、ローズマリー、ガリーグのハーブ、野生のラベンダーのヒントが、ふくよかなダーク・ベリーやストーン・フルーツに寄り添う。ほこりっぽい土っぽさもある。シナモンやナツメグ、オークのスモークのタッチもあり、フォークランドからの南風が運んでくる海の蒸気が、このワインのフレッシュさの秘訣かもしれない。口に含むと、濃密でコンパクトだが、ノーズからは想像できないようなエフォートレスな優美さと透明感がある。タンニンはソフトで洗練されており、驚くほど親しみやすい。94+.

アルゼンチン・リリース

アルゼンチン・リリース ヴィンテージ 地域 第1 リリース? 評価
カロ 2021 メンドーサ はい 95+
ニコラス・カテナ・サパタ 2020 メンドーサ いいえ 97
アドリアナ・ヴィンヤード ムンドゥス・バチルス・テラエ 2020 メンドーサ いいえ 97
シュヴァル・デ・アンデス 2020 メンドーサ いいえ 98
ラ・ビオレタ(ボデガス・モンテビエホ) 2014 メンドーサ いいえ 96
コボス 2020 メンドーサ いいえ 99
ズッカルディ・フィンカ・カナル・ウコ 2020 メンドーサ いいえ 96

カロ2021(メンドーサ、マルベック79%、カベルネ・ソーヴィニヨン21%、アルコール度数14.5%、熟成はもちろんポイヤックのドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトの樽熟成)。今年のラ・プレースの初リリース。ニコラ・カテナとドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトのジョイント・ベンチャー。豊満でスパイシー、スミレのアロマが迸る。非常にピュア。洗練されている。光沢がある。コンパクトで凝縮している。印象的。最終的にカベルネ・ソーヴィニヨンが21%ブレンドされているが、非常にマルベックのワインである。少しコボスのようなスタイル。ピュア。フレッシュ。フィニッシュはレーザーのよう。その純粋さは、このワインを少し単調に感じさせるが、それはこのワインに不親切な言い方で、正直言って素晴らしいワインだからだ。余韻は長く、官能的で非常にエーテル的。95+.

ニコラス・カテナ・サパタ2020(メンドーサ、カベルネ・ソーヴィニヨン54%、カベルネ・フラン25%、マルベック21%、pH3.64、アルコール度数13.9%)。少量収穫。非常にピュア。非常にクラシック。非常に果実味が強い。非常にフレッシュ。カベルネ・フランの比率が高いため、香り高いフローラルさが強調されている。かなりボルドー的な個性。フレッシュで美しい葉の風味。非常に気品があり、美しく艶やかで繊細な骨格。冷涼。コンパクト。素晴らしい。今まで味わったこのワインの中で最高のヴィンテージだと思う。97.

アドリアナ・ヴィンヤード・ムンドゥス・バシラス・テッラエ2020 (メンドーサ、マルベック100%、アルコール度数14%)。ニコラよりも繊細で、すぐには表現できない。フローラル。バラとシャクヤク。ダークベリーとチェリー。張り詰めた緊張感と優しさ。タンニンはいまのところ少し厳しい。タンニンは今のところ、もう少し厳しく、非常に直線的で、味わいにやや四角い特徴を与えている。濃縮している。濃密。長い。97.

シュヴァル・デ・アンデス2020(メンドーサ、マルベック49%、カベルネ・ソーヴィニヨン49%、プティ・ヴェルド2%)。このヴィンテージは非常に調子が戻っており、タンニンがより洗練され洗練されている。お香とコルダイト。砕けた花びら。紅茶の葉。ピュアでリフト感があり、アロマティック。クリスタルで清冽、非常に正確な味わい。なめらかだが、実に力強く凝縮している。シュヴァル・デ・アンデスの最近のヴィンテージの中ではおそらく最高。タイト。優雅。クール。そしてとても印象的。98.

ラ・ビオレタ (ボデガス・モンテビエホ)2014 (メンドーサ;マルベック100%;アルコール度数15%)。リコリス。チョコレート。ラベンダー。バラの花びら、そしてもちろんスミレ。キャンドルワックス。非常に表情豊か。やや電撃的で、石鹸のようでさえある。しかしこれはしなやかで、しなやかで柔らかく、印象的な凝縮感がある。すぐにでも飲めるし、とても快楽的だ。フィニッシュにはドライなタッチがわずかにあり、空のグラスにはバニラがわずかに感じられる。96.

コボス2020 (メンドーサ、マルベック100%、アルコール度数14%)。ポール・ホッブスより。非常に印象的。洗練され、ピュアで正確。繊細でフローラル。砕いたラベンダーとバラの花びら。濃厚でとてもフレッシュ。素晴らしい集中力と正確さ、見事なグリップと形。タイトでなめらか。非常に余韻が長く、非常に洗練されており、タンニンの質が際立っている。99.

ズッカルディ・フィンカ・カナル・ウコ2020 (メンドーサ、マルベック100%、全房発酵、現在はオークも使用せず、すべてコンクリートタンクで熟成、アルコール度数14%)。しなやかでピュア、フレッシュで非常に垂直的なアロマを持つこのワインは、標高の高い石灰岩のテロワールから生まれたワインである。このワインの華やかさと、ラズベリーとローガンベリーの果実の力強さの両方が好きだ。アロマは高く、味わいは引き締まっており、ピュアで正確。非常に繊細。テロワールを雄弁に表現している。96.

国別のテイスティングノートはこちら:イタリアスペイン、フランス、オーストリア、ドイツ、 アメリカアルゼンチン、チリ、ウルグアイ、 ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ)。 

続きを読む

ボルドー2023年のスター・リリース:パート1 - The Drinks Business

ボルドー2023年のスターリリース:パート2 - ラ・プレースの目覚め

ボルドー2023年のスターリリース:パート3-神話、脆弱性、そして未来

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ