閉じる メニュー
ニュース

ラ・プレイスでのオーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ:評決

これまで、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカの高級ワイン生産者のうち、ラ・プレースでリリースされたのはほんの一握りだったが、今年はヤルンバ・ザ・オクタヴィウス・オールド・ヴァイン・シラーズと、ニュージーランドのクラギー・レンジのル・ソルとアロハのキュヴェがデビューした。dbのボルドー特派員コリン・ヘイが、このワインのテイスティング・ノートを紹介している。

ニュージーランド・リリース

ニュージーランド・リリース ヴィンテージ 地域 1stリリース? 評価
クラギー・レンジ・アロハ 2021 マーティンスバラ はい 94
ル・ソル 2021 ホークスベイ はい 95

アロハ・クラギー・レンジ2021(ニュージーランド、マーティンボロー、テ・ムナ・ロード、ピノ・ノワール100%、最終収穫量25hl/ha、フレンチオーク樽熟成(うち30%は新樽)、pH3.69、アルコール度数13.5%)。マオリ語で愛を意味する。このワインのセカンド・リリース。ノーズは繊細でデリケートだが、心地よい垂直のリフト感がある。シャキッとした歯ごたえのあるふくよかなラズベリーや赤い石果、野生のタイム、ジロールやホワイト・タッフル、そしてほのかな木のスモーク。エスプレッソ・コーヒーとローストしたクルミの殻のタッチもある。アタックは非常にソフトで気品があり、粒子が非常に細かく、ジューシーだがしっかりとしたタンニンがある。フレッシュで十分な硬さがあり、わずかに鉄っぽくてはっきりとした塩味のミネラルがアクセントになっている。余韻は長く、きれいに分離している。印象的。94.

クラギー・レンジ・ル・ソル2021(ニュージーランド、ホークス・ベイ、ギンブレット・グレーヴェルズ、シラー100%、最終収穫量28hl/ha、フレンチオーク樽熟成(うち32%は新樽)、pH3.62、アルコール度数13%)。有名なGimblett Gravelsのテロワールの質の高さに敬意を表して名付けられた。このワインのセカンド・リリース。しなやかでふくよかな味わいで、ピュアなシラーの香りが素晴らしく表現されている。岩のようなミネラル感、砕いた黒コショウ、赤コショウ、青コショウのニュアンス、濃厚なダークベリーの果実味(ボイセンベリー、ブランブル、桑の実)、そしてトップ・シラーの特徴である狩猟獣のような肉付きがたまらない。もしこれがフランス産なら、コルナス産だろう。タンニンは甘く、柔らかく、包み込むようで、ワインのゆっくりとした緩やかな輪郭のある味わいの変化を構成している。非常に繊細で、ほとんどデリケートで、見事に控えめ。95.

オーストラリア・リリース

オーストラリア・リリース ヴィンテージ 地域 1stリリース? 評価
ウィンズ・ジョン・リドック 2020 クナワラ いいえ 95
ジム・バリー ザ・アーマー・シラーズ 2019 クレア・バレー いいえ 94
クラウドバースト・カベルネ・ソーヴィニヨン 2020 マーガレット・リヴァー いいえ 96
ヤルンバ・ザ・オクタヴィウス・オールド・ヴァイン・シラーズ 2018 バロッサ・ヴァレー はい 95

ウィンズ・ジョン・リドック 2020(クナワラ、カベルネ・ソーヴィニヨン100%、アルコール度数13.5%)。非常にピュアで力強いカシスの香り。コーダイトも。カラマタ・オリーブ。クルミの殻。ピュアで明るくフレッシュ。正確さがいい。ストラクチャーがしっかりしており、純粋さゆえに少し単調ではあるが繊細で、フィニッシュはほんの少し甘い。かなりのポテンシャルを秘めたヴァン・ド・ガルドで、タンニンはまだ解決されていない。95.

ジム・バリー ザ・アーマー・シラーズ 2019(クレア・ヴァレー、シラーズ100%、アルコール度数14.1%)。樹齢50年以上の古木のシラーズを使用。ノーズはやや揮発性で少し還元的。塩気とはっきりとした鉄のミネラル。大きく、熟し、ふくよかで肉付きが良く、ジビエとシャルキュトリーの香りが混じり合い、エキゾチックなスパイスの風味が伴う。パンチがある。しかし、中盤は想像以上にしなやかで清冽で、クリスタルのようですらある。時間が必要で、少々あざとい。この段階ではフィニッシュが妙に揮発性。94.

クラウドバースト・カベルネ・ソーヴィニヨン2020(マーガレット・リヴァー、カベルネ・ソーヴィニヨン97%、マルベック3%、アルコール度数13.5%)。かなり樽香。ザクロと濃いベリー系の果実味。少し樹脂のニュアンスもある。興味深く、個性的で、はっきりとしている。興味と個性に満ちている。優雅。流動的で浮遊感がある。長くエレガント。ゆっくりと先細りになるフィニッシュはサピッドでデリケート。96.

ヤルンバ・ザ・オクタヴィウス・オールド・ヴァイン・シラーズ 2018(バロッサ・ヴァレー、古木シラーズ100%、100リットルのフレンチオークとアメリカンオークのオクターヴで熟成、アルコール度数14.5%)。オークの香りは想像以上に控えめで、これはワインを2年近く熟成させる木の名前に由来する。明るく、フレッシュで、かなりリフト感があり、スパイシーだがクリスピーで魅力的なハーブの香りもある。少しバニラ、シナモン、クローヴの香りがあるが、ガリーグのニュアンスもあり、焼いたプラム、レッドチェリー、ふくよかなレッドベリーの果実味を伴う。2回目のテイスティングでは、ブラックラズベリーのニュアンスがさらに感じられる。ソフトできめ細かいタンニンと、果実の豊かさと華やかさ、酸味とタンニンのグリップの間の緊張感がすぐに心地よく感じられる。それがこのワインに印象的な骨格を与え、熟成の可能性を示している。フィニッシュはしなやかでフレッシュ。95.

オーストラリア盤(白)

ヴィンテージ 地域 新しい? 評価
ジャコンダ・シャルドネ 2021 オーストラリア、ビクトリア州 はい ニューヨーク・タイムズ
クラウドバースト・シャルドネ 2021 マーガレット・リヴァー いいえ 96

* J.P.ムエックスの独占販売。

ジャコンダ・シャルドネ2021(ヴィクトリア州ビーチワース、シャルドネ100%、pH3.22、最終収量35hl/ha、ヴィクトリアン・アルプスの麓、粘土質の上に砂利が混じるテロワール、総生産量わずか1000ケース、オーク樽で12カ月熟成(うち30%は新樽)、アルコール度数13.5%-ただしテクニカルシートには14%と記載)。このワインは、口が堅いワイン愛好家でさえも、(それなりに謎めいた)微笑みをもたらすだろう。このワインは驚くほど印象的で、一方では力強さ、濃厚さ、凝縮感を兼ね備え、他方では輝くような純粋さ、輝き、鋭利な純粋さを持つ、まったく魅惑的なワインだ。ロウソク蝋、サフラン、コルダイト、ヘーゼルナッツの殻、火打石のようなミネラル(やや爆発的な組み合わせ)が、噛むほど新鮮なリンゴの皮、柑橘類、ユズ、桃のノートを包む。粘性のあるテクスチャーでありながら、しなやかで流動的でダイナミック。オークの香りはすでに素晴らしく溶け込んでおり、この緊張感は直感的で、静電気的ですらある。ヴァン・デ・グラーフの発電機に取り付けたままテイスティングをしているような感じだ!ほとんど文字どおり見事で、かなりの熟成ポテンシャルを持つ。私がこれまで味わった南半球のシャルドネの中で最高である。100.

クラウドバースト・シャルドネ2021(マーガレット・リヴァー、シャルドネ100%、アルコール度数13.5%、バイオダイナミック農法、わずか1.25ヘクタールの小さな畑から)。フレッシュでリフト感があり、最初は甘くバニラがかったオークの香りがする。マッチ棒と火打ち石。爆発的。コーダイト。オレガノとセージ、カモミールのタッチ。エアレーションによりブラッド・オレンジの香りが増し、バニラとオークの香りが少し弱まり、果実の複雑さがより感じられる。ホワイトメロン。洋ナシ。ミモザとオレンジの花。フレッシュでリフト感があり、リッチで濃縮しているが、重くもなく、頭でっかちでもない。フィニッシュには柚子とグレープフルーツのコンフィが現れ、酸がリッチさを非常に効果的にカットし、そうすることで樹液を放出する。96.

南アフリカのリリース

南アフリカのリリース ヴィンテージ 地域 1stリリース? 評価
クライン・コンスタンシア ヴァン・ド・コンスタンス 2020 沿岸地域 いいえ 95

クライン・コンスタンティア・ヴァン・ド・コンスタンス2020(南アフリカ、コンスタンティア、マスカット・ド・フロンティニャン100%、アルコール度数13.5%)。素晴らしくピュアでクリーン、明るくフレッシュ。アプリコットとハチミツ、リンゴのクランブル、ポーチドペア、ポワール・ベル・エレーヌタルト・タタン、少しバタースコッチ。印象的な濃厚さ、凝縮感、粘性にもかかわらず、チャーミングで芳醇、素晴らしくフレッシュ。95.

テイスティング・ノートについて 

以下のワインはすべて、ボルドーの廷臣や ネゴシアンの事務所で、国際市場にこれらのワインを持ち込むために、所有地自体で、あるいはパリやロンドンで、あるいは所有地から直接送られてきたサンプルから、そして多くの場合、何度も試飲された。

常連の読者ならご存知だろうが、私は『The Drinks Business 』のボルドー特派員である。私の専門は特にボルドーで、北ヨーロッパ(特にピエモンテとトスカーナ)は二の次だ。ラ・プレースを通じて出会った、あまり馴染みのない他の産地のテイスティング・ノートについては、このことを念頭に置いておく必要があるだろう。私のメモは、これまで同様、一愛好家のものであり、これらの産地については、何よりも、そのように読んでいただくのが一番である。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ