閉じる メニュー
ニュース

クルックド・ハウスのレンガが現地に残る

サウス・スタッフォードシャー州議会は、ザ・クルックド・ハウスの土台とレンガを、かつてブラック・カントリーの風変わりな酒場だった場所に残すと発表した。

ザ・クルックド・ハウス・パブの運命は、人々の心を捉えた。英国で最も風変わりなパブと評されるこのパブは、春にマーストンズ・ブルワリーによって売りに出されたが、今年の夏の初めに、新しいオーナーはパブとして維持するつもりはないことが明らかになった。数週間も経たないうちに、謎の火災が18世紀に建てられたこの建物を襲い、すぐに解体作業員がやってきて、まだ残っていたゆがんだ壁を打ち壊した。

このパブの焼失をめぐる経緯は全国紙で報道され、スタッフォードシャー警察によって放火として捜査されている。リアル・エール・キャンペーン(CAMRA)のニク・アントナ会長は、この事件を「全国的なスキャンダル」であり「悲劇」だと表現した。今週初めには抗議デモが行われ、レンガを積み上げてパブを再建しようという声も上がっている。

現在、サウス・スタッフォードシャー州議会は、火災の調査を支援するため、このレンガや基礎、スラブをそのままにしておくことで、現在現場にいる請負業者と合意に達したことが明らかになった。昨日(8月22日)発表された声明にはこうある:「議会は、現場での作業の安全衛生の執行機関ではありません。この責任は安全衛生管理局(HSE)にあり、現場管理に関する懸念はHSEが対処する。

「地元計画当局として、議会は現場の所有者や請負業者と関わり、現場で提案されている工事の範囲を理解してきました。レンガを現場に残し、基礎とスラブを残して将来の調査に役立てるという同意が得られたことは、非常に喜ばしいことです。これは前向きな一歩であり、議会は引き続き現場所有者、請負業者、HSE、警察、その他のパートナーと協力し、現場が危険物質から安全に守られるよう取り組んでいく」。

「しかし、これは今後数日間、危険廃棄物を除去し、現場を安全にするための活動が行われることを意味し、これは注意深く監視されることになります」と続けた。「議会は徹底的かつ積極的な調査を行っており、利用可能な法的権限を用いてパートナーと協力することを約束します。いかなる法的措置や強制措置も効果的であり、将来の行動に支障をきたすことがないよう、議会が慎重かつ賢明な行動をとることが極めて重要です」と続けた。調査開始時に述べたように、これは長いプロセスになり、議会は適切に調査し、適切な行動をとるための時間が必要です。"

パブの瓦礫と思われるレンガを最高50ポンドで売る人が相次いでいる。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ