閉じる メニュー
ニュース

ヴァン・ド・プロヴァンスがZ世代よりミレニアル世代をターゲットにする理由

ヴァン・ド・プロヴァンスの最新のマーケティング・キャンペーンは、南仏のロゼの優位性を示すことで、すでに強力なミレニアル世代の消費者層を取り込もうとしている。

新キャンペーンでは、絵葉書のように美しいプロヴァンスの風景を背景に、鮮やかなピンクの衣装に身を包んだウェイティングスタッフがロゼのトレイを手にする様子を、フィリップ・ジャリジョンの写真で表現している。パリのエージェンシー、Jésus et Gabrieとのコラボレーションによるこのキャンペーンは、「Born Original.Made Distinct. "と題されたこのキャンペーンは、この地方のワインがしばしば模倣されるにもかかわらず、同等ではないことを伝えることを意図している。

キャンペーンのビジュアルはすでに5月にベスナル・グリーン・ロード沿いのビルボードに掲示されており、プレスリリースによれば、「50万人のトレンディなロンドンの若者」にリーチすると見積もられている。

英国はヴァン・ド・プロヴァンスの輸出量第2位で、2022年の海外出荷量462,000hlの19%を占める。1位はアメリカでシェア37%。オランダは3位(7%)、ドイツは4位(6%)である。

CIVPの輸出担当者であるキャロリーヌ・ベネッティは、最近Zoomで行われたヴァン・ド・プロヴァンスに関するプレゼンテーションの中でこう語った:「私たちのターゲットであるミレニアル世代に、世界中でロゼを見つけることができますが、プロヴァンスのロゼはプロヴァンスでしか見つけることができません。

「私たちは目立ちたいのです」とベネッティは続けた。「私たちがプレミアム市場をターゲットにしていることを示すために--本物の、オリジナルの、質の高いロゼが飲みたいなら、プロヴァンスを選べばいいのです」。

キャンペーンの他の2つのポスター。

ミレニアル世代におけるロゼ人気は、ここ数年注目されている現象だ。その理由は、ピンクの色がインスタ映えすることや、他のワインスタイルに比べて敷居が低いことなどが挙げられている。2015年の ガーディアンは、ミレニアル世代の消費者が高級ワインに見られる品質の飛躍を高く評価しており、このカテゴリーのプレミアム化が重要な原動力の一つになっていると指摘している。

dbから、ヴァン・ド・プロヴァンスは若いZ世代(1995年から2021年生まれ)にどのようにワインを売り込むつもりかと尋ねられたベネッティは、この層へのアピールが難しいことを認めた:「私たちはミレニアル世代を優先的にターゲットにしています。私たちはミレニアル世代を優先的にターゲットにしています。Z世代は厄介で、彼らが何を求めているのか、どのように飲み物を消費しているのかわかりません。彼らが何を求めているのか、どのように飲み物を消費しているのかがわからないのです」。

最新の『Waitrose & Partners Food & Drink Report』など、最近の多くの調査によると、Z世代はワインよりもノンアルコールや低アルコールの代替品やカクテルを主に飲んでいる。

「だから、当面はミレニアル世代に焦点を当てる。あと数年もすれば、Z世代をきちんとターゲットにできるようになるかもしれません」とベネッティは締めくくった。

フランスの若年層のワイン消費量が全般的に減少しているのは、彼らの祖父母が彼らにワインへの愛情を抱かせることができなかったからだと指摘されている。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ