閉じる メニュー
ニュース

2023年上半期の10大ニュース

夏が徐々に過ぎ去り、秋がすぐそこまで来ている今こそ、DBが今年上半期の最大の話題を振り返る絶好の機会である。

英国空港、100ml液体制限を解除(2023年4月)

日本のビール会社キリン、6億6700万ポンドの医薬品投資でビールから軸足を移す

ロンドン・シティ空港は、ティースサイド国際空港とともに、新しいスキャナーを導入し、乗客が手荷物に大量の液体を入れて保安検査を通過できるようにした


ボルグ」飲酒トレンドの安全性は?(2023年2月)

2023年初頭、"ボルグ "飲酒の流行が米国の大学キャンパスを席巻し、健康専門家に懸念を抱かせるようになった。


1カ月間アルコールを断つと体に何が起こるか(2023年1月)

アルコールの摂取を控えることは長期的にはメリットがあるが、ドライ・ジャパンのためにアルコールを完全に断つことは、かえって気分を悪くする可能性がある、とある専門家は言う。


ポルノにインスパイアされたビールがオーストラリア市場から排除される

クイーンズランド州を拠点とするビールメーカーが、「Barely Legal IPA」のネーミングとポルノにインスパイアされたマーケティング・キャンペーンに関するソーシャルメディアの嵐を受け、オーストラリア市場からの撤退を余儀なくされた。


モンスター・エナジーがアルコール製品を発売

モンスター・ビバレッジ・コーポレーションは、「モルト・アルコール」を使用したアルコール度数6%の「ザ・ビースト・アンリーシュド」を発売した。


新しいビールカテゴリー「フレッシュ・エール」を導入

クラフトビール、カスクエール、ラガーのギャップを埋めるために、オッターブルワリーは「フレッシュ・エール」と名付けた新しいビール・カテゴリーを創設した。


オージー・ブルワリー、35歳以上でないとビールを飲めないと発表

オーストラリアのロード・ネルソン・ブルワリーは、同社のスリー・シーツ・ペール・エールを飲むには35歳以上でなければならないと主張している。


170年前の難破船から希少なウイスキーが引き揚げられる可能性

1854年にミシガン湖の湖底に沈んだウェストモアランド号には、2000万米ドル相当の金塊や希少なウイスキーが眠っている可能性がある。


ワインを買うのに最も高い国ベスト10

夏休みを夢見ている人も多いだろうが、この「ワインを買うのに最も高い国ベスト10」は、次回の海外旅行の参考になるかもしれない


ビル・ゲイツ「廃水ビール」はマイクロソフト並みの破壊力を持つ可能性

不満のある消費者は、まずいビールを「食器の水のような味」と言うかもしれないが、カリフォルニアで開発されている新しい技術は、ビル・ゲイツのおかげで、いつの間にかシャワーや洗濯、流しの水を浄化してビールを作ることができるようになるかもしれない

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ