閉じる メニュー
ニュース

フェラーリ・トレント、F1ポディウムボトルをチャリティオークションに出品

フォーミュラ1の公式スパークリングワインであるフェラーリ・トレントが、認知症撲滅レースの資金集めのために18本のボトルをオークションに出品した。

昨年シルバーストーンで開催されたレースで使用された、サイン入りのポディウム・ジェロボーム。

有名なトレントドック・プロデューサーが、今後開催される以下の各レースのトップ3ドライバーのサイン入りブラン・ド・ブラン・ボトルをオークションに出品する:メルボルン、バクー、マイアミ、イモラ、モナコ、バルセロナ、モントリオール、スピルバーグ、シルバーストーン、ブダペスト、スパ、ザントフォールト、モンツァ、シンガポール、鈴鹿、オースティン、メキシコシティ、サンパウロ。

F1公式ライセンシーであるF1 Authenticsを通じて販売されるオークションで集められた資金は、3度のF1ワールドチャンピオンに輝いたジャッキー・スチュワート卿が、妻のヘレン・マグレガー・スチュワートが前頭側頭型認知症と診断された後に立ち上げた慈善団体「Race Against Dementia」に寄付される。

フェラーリ・トレント社長兼CEOのマッテオ・ルネッリは次のようにコメントしている:「私たちは、新しい治療法を発見するためにスピードと革新性を追求するRace Against Dementiaの重要な活動を支援できることを誇りに思います。また、フォーミュラ1とフェラーリ・トレントの熱狂的なファンが、今年開催される壮大なレースの記念品として、これらのユニークなボトルを楽しめることを嬉しく思います。"

スチュワートは言う:「レース・アゲインスト・デメンチアは、このような素晴らしいオークションのチャリティーに選ばれたことを光栄に思います。Race Against Dementiaの使命は、認知症の治療法や予防法を見つけることです。何かがなされない限り、今日生まれた人の3人に1人が認知症で亡くなることになります。この危機を続けることはできません。フェラーリ・トレントとF1オーセンティックスの、この重要な研究を加速させるためのサポートに感謝する"

F1会長兼CEOのステファノ・ドメニカリは、このオークションを "F1ファミリーの3人 "が一堂に会したものとして祝福し、次のように付け加えた。"私たちは、世界中で多くの命を奪っている病気の治療法を見つけることに情熱を注いでおり、フェラーリ・トレントとF1オーセンティックスもその意欲を共有していることを嬉しく思っています"

各ボトルのオークションは各レースの終了後まもなく終了する

関連ニュース

フェラーリ・トレント、F1にインスパイアされたボトル3種を発売

フェラーリ・トレント、2023年のスタートを飾る

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ