閉じる メニュー
ニュース

ジュミラワインが堅実な投資である理由

スペインのフミーリャ地方は、乾燥した気候と岩の多い土壌で有名だ。今、この素晴らしい美食ワインがオン・トレードを席巻しようとしている、とサラ・ニーシュはレポートする。

ブドウ畑を散策していると、ほとんどの場合、足元の土や被覆作物の柔らかな感触に気づくだろう。上空を飛ぶ鳥が小枝や実を落とせば、ハチの鳴き声や虫の慌ただしい動きの中で、優しくクッションのような音が聞こえるかもしれない。

スペインの南東端にあるフミーリャは違う。ここでは、足元の柔らかい土の代わりに、こぶし大の、骨のように青白い、灼熱の太陽に焼かれた岩がぶつかり合う音がする。

この月のような風景で生命が存続できるのは不自然に思えるが、この国で最も古く、最も不思議なブドウの木の本拠地なのだ。

冷涼な気候」のワインがもてはやされる中、フミーリャは正反対のワインを生み出すことで際立っている。猛烈な日差し、砂漠のような条件、ブドウ畑というより小石のビーチのような石灰岩の区画が奇跡的に組み合わさり、類まれな個性と新鮮さを持つワインを生み出している。

「マドリードからワインメーカーが私たちを訪ねてきて、こう言いました。DOPフミーリャのコミュニケーション・マーケティング・ディレクター、エステル・ゴンサレス・デ・パスは目を輝かせて言う。

ムルシアの内陸部、アリカンテから車で1時間ほどのところに位置する歴史的なワイン生産地フミーリャは、乾燥した気候、岩の多い土壌、年間わずか300ミリという乏しい降雨量が特徴である。

人を寄せ付けないこの土地にはほとんど水がないため、ジュミーリャのブドウ畑にはほとんど病気がなく、19世紀後半に死神の手を振りながらヨーロッパ全土を襲ったフィロキセラの猛威からも生き延びることができた。フランスのブドウ畑の70%以上がこの病害で廃墟と化したが、ジュミーリャは、ワインを渇望していたポルトガルなどの国々に供給するため、軽々と飛び込んだ。

1850年にはわずか2,000ヘクタールだったブドウ栽培面積は、1890年には50,000ヘクタールまで急増し、ゴンサレス・デ・パスはジュミーリャの「需要のバブル」と表現するほど、急成長を遂げた。

今日、ワインの品質は飛躍的に向上したが、果樹など他の農業分野が侵食しているため、この地域のブドウ栽培面積は急速に減少している。現在、フミーリャには20,000haのブドウの木が植えられており、最も標高の高い場所では、標高1,000mという気の遠くなるような高さまで登っている。

「フミーリャは標高が異なるため、収穫期間はスペインで最も長く、合計3カ月に及びます」とDOPフミーリャのカロリーナ・マルティネス・オリゴネ事務局長は言う。

前述の果樹は、政治的不安の核心でもある。水が不足しているため、ワイン生産者は他の農業分野と貴重な水の争奪戦を繰り広げなければならない。特に、海外からやってきてテント苗床を設置し、土壌から必要な水分を吸い上げる部外者との争いがある。

「フミーリャの各農家は、地元行政から水利権を購入しなければならない。全員に決められた量の水が割り当てられますが、これはブドウ畑を管理するためだけでなく、アーモンドの木やオリーブの木、その他の農作物を管理するためでもあります」とゴンサレス・デ・パスは説明する。

「すべての農家は、自分の水を何に使うかを自分で決めなければならない。これはムルシアだけのことで、スペインでは他にはない。そして多くの場合、土地の権利よりも水の権利の方が高くつく。

この容赦ない現実のせいで、ジュミーリャのワイン生産者たちは水管理のエリートになっており、あるものを注意深くかき集め、ブドウ畑のなんと79%を乾式農法で栽培している。暑さのせいで、古い灌木のブドウの木は、まるで欄干の上に頭を出すかどうか迷っているかのように、地面にへばり付いている。

私がこの地を訪れたのは2022年10月初旬で、モナストレル(フミーリャの主要品種)の収穫のピークである。

収穫量の減少(生産者の報告によると、モナストレルの収穫量は2021年に比べて約20%減少した)にもかかわらず、道端ですれ違うトラックには、開花期に襲った熱波のせいで例年より小粒ではあるものの、藍色のブドウがたわわに実っている。ドライバーたちはワイナリーの門の前に列をなし、収穫したブドウの重量を量り、除梗のためにコンクリート製のタンクに入れるのを待っている。

2022年の収穫に対する興奮は伝わってくるが、フミーリャにとって神話的なヴィンテージである2021年とは比較にならない。

「ボデガス・ルソンのフランシスコ・マルティネス総支配人は、「2021年はほぼ完璧で、ワインは瓶の中でさらに良くなっていくでしょう。2022年のブドウはもっと不規則だと彼は言う。「この年はワインメーカーにとって、腕の見せ所です」と彼は言う。

セラーでは、プレッシャーはあるが、ブドウをチェックすることは小さな挑戦ではない。

「フミーリャのカルチェ・ヴァレーにあるワイナリー、マドリード・ロメロのオーナー、ロサナ・マドリード・ロメーロは言う。「もしそうでなければ、すべてを失ってしまうからです」。

強固な反対

これは決して誇張ではなく、フミーリャではモナストレルが総栽培量の約80%を占め、シラー、テンプラニーリョ、プティ・ヴェルド、ガルナッチャ、カベルネ・ソーヴィニヨンもDOの規則で認められている。

ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ、アイレン、マルヴァジアなど、少量の白品種も植えられている。生産者の一人であるルソンは現在、ヴィオニエを追加するよう働きかけているが、白品種は灌漑が必要であり、DOはこの地域の持続可能な未来は乾燥栽培の赤ワインにあると考えているため、この提案には強い反対がある。

「この5年間で、フミーリャのワインメーカーたちはモナストレルを本当に信じるようになり、モナストレルを単一品種として瓶詰めすることが増えました」とゴンサレス・デ・パスは言う。

彼女は、フミーリャでカベルネ・ソーヴィニヨンとテンプラニーリョの栽培が始まったのは25年ほど前だと説明する。

しかし、彼女はこう指摘する:「シラーはこの土地でとてもよく育ち、カベルネ・ソーヴィニヨンよりもこのテロワールに適しています。生産者はシラーを使って単一品種のワインや赤ワインのブレンド、さらにはロゼを造っています」。

標高の高い土地柄、タイム、ローズマリー、フェンネルなど、山のハーブの香り高いアロマとデリケートな風味が、中程度の酸味に傾いたフミーリャのワインにはよく感じられる。

海底で生活を始めた生物は、地殻変動によって陸地が分断され、現在のような山地へと押し上げられるにつれて、空へと旅立ったのだ。

DOPによれば、フミーリャは今また激動の時代を迎えている。コビトの大流行でワインの売り上げは急上昇し、フミーリャのワインに対する世界的な認知度は飛躍的に高まった。

"今こそ、世界一美味しくて高くないワインが必要な時だ。今が私たちの時代なのかもしれません」とゴンサレス・デ・パスは言う。昨年、合計50カ国に300万本を輸出したエゴ・ボデガスの輸出マネージャー、シェイン・ヤップは言う:「世界はフミーリャに対してオープンになり始めています」。

実際、エゴのビジネスの98%は輸出である。「つい最近まで、人々はリオハのようなスペインの大産地にしか興味を示しませんでしたが、今ではインポーターたちは、彼らのポートフォリオに少なくとも1つはフミーリャのワインを入れたいと考えています。売上は毎年着実に伸びていますが、2021年には本当に急増しました」。

ヤップ氏は、この成長の一因として、米国が導入した輸入税の引き上げを挙げ、輸入業者が関税がかかる前にジュミーリャのワインを買おうと躍起になったことを挙げている。

「多くの人にとって、腰を据えてそのようなことを考えるのは初めてのことだった。

そのような消費者が難しく探すことなく発見したことは、フミーリャ産のワインは、「エントリー・レベル」でもトップ・エンドの表現でも、リオハやリベラ・デル・ドゥエロ産のものよりもかなり安いということだ。これは特にオン・トレードで顕著で、食堂ではフミーリャの最高級ワインをその1/3の値段で手に入れることができる。

その輝かしい例が、世界中のレストランで人気となっているフアン・ジルのエル・ニドであり、それには理由がある。このモナストレルとカベルネのブレンドは、24ヶ月の樽熟成を経て、ワイン評論家のロバート・パーカーに99点を与えられた。

エル・ニドは年間8,000本しか生産されず(モナストレルの収穫が短いため、2022年は7,000本程度)、樹齢70年という極めて低収量のブドウから造られているにもかかわらず、オフ・トレードでは110ユーロ、レストランでは300ユーロという価格で取引されている。

フアン・ジルの "セカンドワイン "である妹のクリオも、驚くほどコストパフォーマンスに優れている。「レストランでクリオを見かけたら買うんだ」とゴンサレス・デ・パスは断固として言う。「通常、ワインリストには45~50ユーロで載っています。スペインで最も高価なレストランでも80ユーロにしかならないかもしれない"

ガリシア、ルエダ、サモラ、プリオラートを含むスペイン全土に11のワイナリーを所有するフアン・ジル・グループは、最高級ワインの価格維持に固執している。

「アン・プリムールを販売するのではなく、トップワインの価格を保証し、維持したいのです」と、フアン・ジルの輸出マネージャー、ロレン・ジルは言う。「ディストリビューター間で公平に共有したいのです。エルニドは最高のものでなければなりません。品質を保つために生産量を大幅に減らすのであれば、そうすればいいのです」。

フアン・ジルのモナストレルは樹齢の古い灌木の木から収穫されるため、「1本の木から1年に1房ほど、つまり1本あたり500g以下のブドウしか収穫できない。

エルニドのオージー・ワインメーカー、クリス・リングランドの気まぐれである。「彼はオーストラリアのクーパーと良い関係を築いています。風味というより、自信の問題だと思います」とギルは言う。

方法か狂気かはともかく、ジュミーリャが素晴らしいペアリング・ワインを造ることに同意しない人を見つけるのは難しいだろう。

2022年、DOPジュミーリャは、この地域のワインと高級料理の相性について集中的な調査を行った。2023年初頭に出版された印象的なハードカバーの本は、「ミシュランの星付きレストランやギア・レプソル・レストランで働くスペインの全シェフ」に送付され、分子科学に基づいたDOPの研究結果を詳述し、グラスとテーブルで得られる計り知れない可能性を強調した。

「DOPフミーリャの会長であり、ボデガス・シルヴァノ・ガルシアのオーナーであるシルヴァノ・ガルシアは、「私たちの主な障壁のひとつは、スペイン南東部に対して悪い態度をとるソムリエたちである。「現時点では、消費者はすでにフミーリャのワインを知っています。今、私たちの目標は、すべての一流レストランの棚に並ぶことです」。

だからといって、ミシュランの星付きレストランだけがフミーリャ・ワインの美食のポテンシャルを発揮できると言っているわけではない。

今年初め、DOPは隣町のアルバセテで開催された映画祭に協賛し、地元のシェフたちが作ったミニチュア料理とともに短編映画を上映した。それぞれの料理は、フミーリャのワインと絶妙にマッチしており、のどが渇いた映画ファンを喜ばせた。

ヴィーニャ・エレナでは、オーナーがワイナリーの敷地内にある亡き祖父の家を丹念に改築し、美しいプライベート・ダイニング・スペースに生まれ変わらせた。ラ・カサ・デ・ロス・アブエロスは、パチェコ家の先祖代々の家であるだけでなく、フミーリャでワインを造る理由、つまり家族や友人とシンプルで美味しい料理を囲んでワインを楽しむということの核心を突いている。オーガニックのモナストレルとパチェコ・ブランコ(アイレンとマカベオのブレンド)のボトルは、蒸しガスパチョ・シチュー、2度煮したヤギの肩肉、アーティチョーク・フレークを添えたマッシュルームのカネロニとともに供され、炭火で焼いたパンを頬張る。

最低高度

昼食をとりながら、ヴィーニャ・エレナはフミーリャで最も温暖で標高が低いため、この地域の他のワイナリーとは異なるサイクルにあることを知った。パチェコによると、ここは他の地域よりも日較差が少ないため、フェノール性の完熟を達成するのに苦労することがあるという。

「気温が40℃になる日が2日続くだけで、ブドウは過熟してしまうからです」と彼女は言う。そのリスクを軽減するため、彼女は早摘みを好み、1960年に敷地内に設置されたオリジナルのコンクリートタンクを使用して、ブドウが進化し続けるようにしている。

「コンクリートは微酸素化に有効で、モナストレルに適している」とパチェコは言う。彼は、ワインとコンクリートが直接触れ合うようにするため、タンク内部のコーティングを剥がし、「風味を高め、熟成を終わらせるのに役立つ」ようにした。

ワイナリーのオーナーは自称 "ルート・グロワー "で、土の上よりも土の表面下で何が起こっているかに注意を払っている。

「フミーリャの古いブドウの木がこれほど長く生き延びることができるのは、土壌の奥深くまでブドウの木が伸びているからで、それが灼熱の太陽からブドウの木を守っているのです」とパチェコは言う。

そしてデザートへ。比較的よく知られていないことだが、DOPはモナストレルから造られる甘口ワインを認めている。

ヴィーニャ・エレナの100%モナストレル・ドゥルセは、真に記憶に残る食事の完璧なフィナーレを飾る。ルビーレッドで、イチジクの贅沢なアロマと優しいスパイスのタッチを持つこのワインは、フミーリャのエッセンスを完璧に表現している。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ