閉じる メニュー
ニュース

ボルドー2022年ヴィンテージ・レポート:まだ答えのない問題

アン・プリムールのテイスティングが集中的に行われる前夜、どうしても多くの疑問が残る。dbのボルドー特派員、コリン・ヘイがその難問についてレポートする。

ボルドー2022年ヴィンテージを深く掘り下げた最近のレポートでは、「過剰な気候の謎から生み出された神秘的な威厳」と題し、 このヴィンテージの潜在的な偉大さを生み出すのに貢献した気象条件について 考察した。 しかし、この作品は、いかに多くの疑問が未解決であるかを浮き彫りにした。そう でなかったら残念だ。そのうちの10個を挙げ、最終的な懸念を共有する前に、数日後、数週間後にそれぞれに立ち戻るつもりであることを宣言することで、この最初の考察の結論を導き出そう。

  • これほど暑く、これほど乾燥したヴィンテージはどれほどのものだろうか?2010年、2016年、そして2018-2019-2020年の3部作と比べてどうなのか?
  • これは粘土と石灰岩-粘土質土壌のためのヴィンテージなのだろうか?
  • メドックとサンテミリオンの北部のヴィンテージなのでしょうか?
  • このヴィンテージは、ヨーロッパとニューワールドの両方の味覚を満足させる可能性があるのだろうか?
  • どのアペラシオンが優れているのか、そしてその理由は?
  • どの土地、どのテロワールが優れているのか、そしてその理由は?
  • このヴィンテージから、気候変動とそれに対処する能力について何を学ぶことができるだろうか?
  • これらのワインの適正価格とは?また、低収量は適正価格を評価する上で重要な要素なのでしょうか?
  • この価格でこのワインの需要はあるのだろうか?
  • 発売価格はその価格を反映したものになりそうですか?

最後の懸念は、この先のトラブルだ。

この分析は、あらゆる意味で心強い。気候や気象学的に過剰な生育期であったにもかかわらず、確かに偉大なことが成し遂げられたと想像することができる。もちろん、その証明はこれからだ。しかし、2022年が前世紀の真に偉大なヴィンテージの仲間入りを果たすと信じることができるのは確かだ。

しかし、1ヴィンテージという時間軸を超えて考え始めると、その意味するところはやはり非常に悩ましい。要するに、ブドウの木には水が必要だということだ。どのヴィンテージの生育期においても、その水は上から降ってくることもあれば、下から降ってくることもある。2022年は干ばつで上からの水が足りなかったため、かなりの割合が下からの水だった。しかし、永遠に下から来るわけではありません。

それは将来的に心配だ。もし2022年のヴィンテージが2021年12月の雨によって救われたと考えるのが信憑性があるとすれば、2022年12月が同じように水位を回復させることはなかったと指摘するのが妥当だろう。

もちろん、植生被覆の拡大、土壌管理の改善、アグロエコロジーなどによって、蒸散による水の損失を減らすことはできる。また、キャノピーをよりよく管理し、植栽密度を下げることもできる。そして私は、これらのことをすべて行う必要があると確信している。しかし、雨が降らなければ、より正確には、年間降雨量がブドウ園の年間水消費量を上回らなければ、水位を回復させることはできない。

それが保証されなくなる地点まで、あとどれくらいなのだろうか?実際、私たちはすでにそのような地点を超えているのだろうか?これらは、私たちが必然的に戻り、必然的に戻らなければならない問題である。今日はっきりしているのは、干ばつが続いているということであり、水位が正味で補充されないまま月日が経過するごとに、問題は悪化しているということである。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ