閉じる メニュー
ニュース

スペインはオーガニック高級ワインのフロントランナーになる、とMW誌

スペインのワイン・グループ、アントレカナレス・ドメック・エ・ヒホスのテクニカル・ディレクターであるアルムデナ・アルベルカMWは、スペインがオーガニックの高級ワインに関して他のワイン生産国の何光年も先を行っている理由をdbに語る。

リオハ、リベラ・デル・ドゥエロ、ルエダ、バルデオラスなど、スペイン全土に400ヘクタール以上のブドウ畑を持つアントレカナレス・ドメック・エ・ヒホスは、2023年のスペインワインシーンを包括的に概観できる立場にある。

ワイン・グループのテクニカル・ディレクターであるアルムデナ・アルベルカMWによれば、この国は、オーガニックの高級ワインという特殊な分野でリードしているという。

「近い将来、スペイン産のオーガニック高級ワインがさらに増えることは間違いないでしょう」と、アルベルカはドリンク・ビジネスに語っている。

「スペインの多くの地域が、有機栽培に適した気候であるためだ。降雨量が少なく、自然に収量が少ないため、病害の発生が少ないことが多いのです」。

「高級ワインに関して言えば、ほとんどのプロフェッショナルな、つまり尊敬に値する生産者や生産者は、偉大なワインを造るためにはブドウ畑の世話をしなければならないこと、そして植物と土壌の自然なバランスを確保することがその大きな要素であることをすでに知っています」と彼女は付け加える。

スペインのどの地域が気候変動の影響を最も受けているかという質問に対し、アルベルカは「私が仕事をしているすべての地域の中で、2022年の極端な年に最も乾燥し、最も暑かったのはバルデオラスとリベラ・デル・ドゥエロでした」と認めた。

「リベラ・デル・ドゥエロは、すでに非常に極端な気候であったため、特に大きな影響を受けた。夏の間、気温が40℃を超える日が何日も続くのは珍しいことではなかったが、昨年と違ったのは、これらの暑い期間が何週間にもわたって続き、暑さが我慢できるレベルの日がほとんどなかったことだ"

リベラの高級ワインの未来を守るためには、より多くの生産者が有機栽培に踏み切るべきだという主張がある。

"登録は州単位であるため、現在リベラにある有機ブドウ畑の正確な数に関する情報を見つけるのは難しい。しかし目安として、リベラ・デル・ドゥエロ・ワイン産地の3つの県のひとつであるブルゴスでは、2018年から2022年の間に有機栽培ブドウ畑の数が360%増加しました」とアルベルカは言う。

リベラにあるボデガス・ヴィーニャ・マヨールは、高品質ワインの生産と熟成を専門とするアントレカナレス・ドメカ・エ・ヒホスに属する3つのワイナリーのひとつである。

グループに属するすべてのワイナリーは、持続可能性に明確にコミットしており、カーボン・ニュートラル認証の取得と100%再生可能エネルギーの使用において、スペインのパイオニアである。

ヴィーニャ・マヨールの場合、ワイナリーは2012年以降、10ヘクタールのブドウ畑で有機認証を取得している。

「さらに12ヘクタールが転換され、2022年に有機認証を取得する予定です。さらにトロとルエダにも大規模な有機ブドウ畑があります」とアルベルカは言う。

認証ゲーム

「もちろん、認証を受けていなければ、顧客に対して、あなたが言っていることを実行しているという保証はありません。ですから、次のステップは、顧客に持続可能性へのコミットメントを証明するために、オーガニック認証を取得することです」と、スペイン初で唯一の女性マスター・オブ・ワインであるアルベルカは付け加える。

「時間と投資が必要です。私たちの場合、2025年までにルエダのエステートからリリースされるすべてのワインがオーガニック認定を受けることを目指しています」。

彼女が語るルエダのエステートとは、カセリオ・デ・ドゥエニャスのことで、D.O.ルエダで最も評価の高いエリアのひとつにある、400年の歴史を持つワイン用地である。再生ブドウ栽培がワイナリーのアプローチの中心であり、生物多様性に重点を置き、鳥の営巣や昆虫の繁殖を促している。

上質なワインを生産するドメーヌのポテンシャルを維持するために、「水の必要性を減らすために植樹密度を低くし、ブドウの木がより強くなるように剪定を改善し、干ばつに強い台木に変更しました」とアルベルカは言う。

2015年に入社し、2022年に取締役に就任したアルベルカは、「私たちのすべてのワイナリーでサステイナビリティ・プロジェクトが行われていますが、最もエキサイティングなことのひとつが、ルエダのエステートで今まさに起こっています」と語る。

「スペインではITACyLとして知られるカスティーリャ・イ・レオン農業技術研究所とともに、私たちは16以上の古代ブドウ品種を復元するプロジェクトに取り組んでいます」と彼女は説明する。「これらの品種の多くは、生育サイクルが長く、高温にも耐えるので、温暖化した世界では大いに役立つ可能性があります」と彼女は説明する。

ワイナリーは2021年にこれらの品種の接ぎ木を開始し、「今年は、DOルエダがすでに認証手続き中であるライトボディの赤ワイン、セニシエンタなど、いくつかの品種の醸造試験を開始できるはずです」とアルベルカは言う。

セニンクエンタは、ワインメーカーが復活させようとしているスペインの古いブドウ品種の宝庫のひとつである。

「アルベルカはマスター・オブ・ワインであると同時に農業エンジニアでもある。「冷涼なヴィンテージはもうほとんどなく、ヴィンテージによって大きな差がある。2010年と2021年は比較的涼しく、2022年は非常に暑かった。2017年ヴィンテージは異常に短かった。"

しかし、スペインが他の多くの国に先駆けてオーガニック路線を積極的に取り入れたことは、今後数十年のうちに僥倖となり、高級ワインの将来を確かなものにするかもしれない。

Entrecanales Domecq e Hijosのポートフォリオをご覧ください。

ボデガス・コスメ・パラシオ

ボデガス・コスメ・パラシオは、1894年にリオハ・アラベーサのラガルディアに設立された。近代リオハのパイオニアのひとつであるこのワイナリーは、1991年にリオハ・アラベサで初めて、ワイン・ツーリズム専用の施設をオープンした。約7年にわたる全面的な改革と理念の再定義を経て、この築125年の建物は、スペイン初の "招待制 "の高級ワイナリー・ゲストハウスとなった。

主要なワインブランド

グロリオーソ

コスメ・パラシオ

ボデガス・ビーニャ・マヨール

リベラ・デル・ドゥエロの "ゴールデン・マイル "に位置するヴィーニャ・マヨールは、1986年にリベラD.O.の一員となった最初のワイナリーのひとつである。2015年以降、ヴィーニャ・マヨールで使用されるすべてのエネルギーは100%再生可能エネルギーである。ブドウ畑はオーガニック認定を受け、バイオダイナミック農法の原則に基づいて管理されている。ボデガス・ヴィーニャ・マヨールは、継続的な排出量の削減と相殺により、カーボン・ニュートラルになった最初のワイナリーのひとつでもある。エネルギー効率を高め、水の使用量を減らし、廃棄物の発生を管理する計画を実施した結果、ヴィーニャ・マヨールはDOリベラ・デル・ドゥエロで初めて、気候保護のためのワイナリー認証を取得したワイナリーとなった。

主要なワインブランド

ビーニャ・マヨール

セクレト

カセリオ・デ・ドゥエニャス

カセリオ・デ・ドゥエニャス農園は、4世紀にわたる歴史と300ヘクタールのブドウ畑を持ち、D.O.ルエダの最も象徴的なエリアのひとつに20年以上前に植えられた。ここでは、環境の持続可能性を尊重し、生物多様性を高める再生ブドウ栽培が実践されており、在来品種の回復に重点を置き、鳥の営巣や昆虫の繁殖を促し、空気を送り込んで土地を豊かにしている。

主要なワインブランド:

カセリオ・デ・ドゥエニャス

 

 

 

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ