閉じる メニュー
ニュース

マーストンズ・パブ・チェーン、61店舗を売りに出す

大手パブチェーンのマーストンズは、「リターンを最大化」するための戦略的な動きとして、英国内の数十店舗を売却することを確認した。

英国全土に1,400軒以上のパブを所有するマーストンズ・ブリュワリーは、「中核店舗」に集中し「収益を最大化」するため、61軒のパブを売却すると発表した。

その結果、ミッドランド、ヨークシャー、ウェールズにある物件を含む61軒のパブが売却されることになり、売却手続きは「プロジェクト・アラミス」というコードネームで不動産業者のクリスティー・アンド・カンパニーが管理することになった。

売却されるパブは、買収されるまで営業し続けられるが、その後、パブとして営業を続けるか、別の営利事業、あるいは住宅に移行するかは、新しい所有者が決定することになる。

売りに出されているパブの中には、リッチモンドのブリッジ・イン、スタッフォードのオックスレイザーズ、ダービーのベッドフォード・アームズ、レスターのファイヤーバグなどがある。

The Caterer』誌によると、パブは個別、小グループ、またはパッケージとして購入できる。

今年1月の取引報告で、マーストンはクリスマス期間の売上高が前年比で12.9%伸び、売上高10億ポンドを目指すと発表した。

2月、ドリンク・ビジネス誌は、ライバルのパブ・チェーンであるストーンゲートが、エネルギーコストの高騰の結果、1000軒のパブの売却を検討していると報じた。

ストーンゲートのイアン・ペイン会長は、「2月と3月の支払い額はわかっているが、それ以降の支払い額はまだわからない」と説明した。

ウィザースプーンは昨年、消費者行動の変化とコスト高騰のため、約40店舗を売却する計画を発表した。

この数字は、パブ・チェーンの売上高が1.1%減少した11月にも上昇した。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ