閉じる メニュー
ニュース

ミシュランガイド2023』の性差別に懸念の声

ミシュランガイドは今週、女性シェフがほとんど見落とされている最新フランス版を発表し、性差別の主張を否定した。

ミシュランガイド2023』の性差別に懸念の声

2023年のミシュランガイドで初めて星を獲得した、あるいは評価が向上したレストランは44店だが、そのうち女性シェフが単独でトップを務めるレストランはわずか1店

ジョルジアナ・ヴィウ(45歳)は、南部の都市ニームにあるレストラン「ルージュ」の代表として星を獲得した。

独学で学んだシェフはベナンで生まれ、ソルボンヌ大学で語学を学ぶために渡仏した。彼女の料理はアフリカと地中海の味を融合させたもので、鳩のビーツと四川山椒風味、新鮮なハーブを添えたクリスピーな柑橘類のメレンゲなどがある。

アルザス地方のストラスブール音楽会議センターで行われた授賞式で、ヴィウは自らを「アウトサイダー」と表現した。この授賞式には、フランスとヨーロッパの500以上のミシュラン星付きレストランのオーナーや業界関係者が出席した。

タイムズ紙が報じた記事によると タイムズガイドのディレクターであるグウェンダル・プーレネック氏は、性差別の主張を否定した。「シェフの性別やその他の基準による差別や割当は一切ありません。「私たちの検査官は、店の質に基づいて判断しています」。

2023年ミシュランガイド・フランスに掲載されたレストランは、フランス全土でミシュラン三つ星レストラン29軒、ミシュラン二つ星レストラン75軒、ミシュラン一つ星レストラン526軒の合計630軒に及ぶ。

さらに4軒がミシュラン二つ星を獲得し、39軒が一つ星を獲得した。2023年にフランスのミシュラン三ツ星レストランのリストに入ったのは、ノワールムーティエ島のレルボディエールの入り江にある「ラ・マリーヌ」1軒だけだった。

夫妻のチーム、セリーヌ・クーヨンとシェフのアレクサンドル・クーヨンがラ・マリーヌを経営しており、セリーヌがフロント・オブ・ハウスを担当し、アレクサンドルが厨房を仕切っている。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ