閉じる メニュー
ニュース

香港を通じて白酒株に投資できるようになった

中国における白酒の需要に投機したい人は、香港株式市場に登場したEFT(上場投資信託)を通じてできるようになった。

ブルームバーグの報道によると、E-ファンド・マネジメントは、CSIリカー・インデックスに連動するE-ファンドCSIリカー・インデックスEFTを上場した。

深圳と香港の両方に上場している、アルコールの生産と販売から収益の大半を得ている企業の株式が含まれる。実質的には、中国におけるアルコール消費の約95%を占める白酒を意味する。

先月末現在、同ファンドは18銘柄を保有しており、最大のポジションは武聯誼賓(16.1%)、瀘州老膠(15.6%)、世界最大のアルコールグループである桂昌茂泰(14.4%)、山西星華訊芬ウィーン工場(14.3%)、江蘇楊河ビール工場(11%)である。

バイチュウ・グループの株価は過去7年間で急速に値上がりし、2017年にはディアジオの株価をキューイチョウが抜いたが、株価は大きく変動し、北京と地方政府の両方による法改正の影響を受けやすい。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ