閉じる メニュー
ニュース

アルコール飲料への移行を懸念する清涼飲料会社

研究者たちは、清涼飲料水メーカーが相次いでアルコール入りソーダのカテゴリーに参入していることに懸念を示している。

ニューヨーク・タイムズ ニューヨーク・タイムズ飲料アナリストは、昨年ペプシコがアルコール飲料「ハード・マウンテン・デュー」を発売した際、若者向けブランドの人気をアルコール飲料への布石として利用し、マウンテンデューがどのように一周したかを概説した。

専門家によれば、ハード・マウント・デューの登場はアルコール業界の大きな変化を反映しており、RTD(レディ・トゥ・ドリンク)飲料のカテゴリーがハード・セルツァー、フレーバー麦芽飲料、ワイン・クーラー、缶入りカクテルにまで拡大したため、現在ではその境界線が曖昧になっているという。

バーンスタイン・リサーチの飲料アナリスト、ナディーン・サルワットは言う:「主要なカテゴリーになったのは、ここ3、4年のことです」。

この討論会は、エナジードリンク会社のモンスター・ビバレッジが、「ザ・ビースト・アンリーシュド」と名付けた初のアルコール飲料のラインナップを発表したことを受けて行われたもので、業界のコメンテーターたちは、これらの飲料が飲酒の未来にどのような影響を与えるかについて推測している。

カリフォルニアにある公衆衛生研究所のアルコール研究グループの科学者、パメラ・トランゲンスタイン氏は、これらすべてのリリースについて心配なのは、「炭酸と糖分によって、まるでアルコールを飲んでいないかのような味になること」だと言う。

飲料業界を分析するゴールドマン・サックスのマネジング・ディレクター、ボニー・ヘルツォークは、カロリーや炭水化物を控えるというライフスタイルの選択が、ビールの市場シェアを押し下げていることを説明した。しかし、飲料メーカーが、30代以下のアルコール摂取量が以前の世代よりも減少している人々を取り戻そうと競争している一方で、消費者が自宅で飲める選択肢を求めたため、パンデミックは同時にRTD飲料の売り上げを押し上げた。ヘルツォークは言う:「健康とウェルネス、バラエティ、利便性、それが魅力なのです」。

ABインベヴとディアジオはこのカテゴリーに多額の投資を行っており、2018年にはコカ・コーラが日本で「レモンドウ」を発売した。2020年にはモルソン・クアーズ・ブルーイング・カンパニーと提携し、トポ・チコ・ハード・セルツァーを製造した。また昨年、コカ・コーラはフレスカ・ミックスド・カクテル、シンプリー・スパイクド・レモネード、缶入りジャック&コークを製造する契約を結んだ。

2月14日の決算説明会で、コカ・コーラのジェームズ・クインシー最高経営責任者(CEO)は、「初期のアルコール実験」がいかに同社を「総合的な飲料会社-どこにでもある飲料会社」へと導いたかを明らかにし、ソフトドリンクの巨人が次の大きなトレンドの一片を渇望していることを示した。

比較的、ハード・マウント・デューとリプトン・ハード・アイスティーのみを展開するペプシコは、販売とマーケティングを統括する完全子会社、ブルークラウド・ディストリビューションを設立し、現状を打破することに興味を示している。

ペプシコはまた、3層システムを遵守するために、マウンテンデューのブランドをボストンビアカンパニーにライセンス供与し、マウンテンデューの香料を提供したと伝えられている。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ