閉じる メニュー
ニュース

ビル・ゲイツ、ハイネケンの株式8億5000万ユーロを購入

マイクロソフトの億万長者は、ハイネケン・ホールディングNVの株を3.76%取得した。

オランダ金融市場局によると、ビル・ゲイツは2月17日に8億5000万ユーロ相当の株式を購入した。

ゲイツの持ち株は、メキシコのFEMSA社から買い取ったもので、FEMSA社は1800万株をすべて売却した。ゲイツはこのうち1,080万株を購入したが、これはオランダの株式市場法で開示が義務付けられているほど、事業の大部分を占めていることになる。

ゲイツは以前からビールをあまり飲まないと公言していただけに、この動きは驚きをもって受け止められている。

"野球観戦のようなことになると、他のビールを飲む人たちの雰囲気に合わせるために軽いビールを飲むんだ。本物のビール党をがっかりさせて申し訳ない」と2018年のRedditのインタビューで語っている。

先週、ハイネケンは2022年の利益躍進を報告し、2023年にはさらなる成長が予測されている。

純収入は昨年、組織的に21.2%増加し、連結総量は6.4%増加、ヘクトリットルあたりの純収入は13.9%増加した。

ゲイツ氏のハイネケンへの新たな関心によって、ハイネケンの親会社は、マイクロソフト社(MSFT)、バークシャー・ハサウェイ社(BRK.B)、カナディアン・ナショナル鉄道社(CNI)、ウェイスト・マネジメント社(WM)、キャタピラー社(CAT)などに加わることになる。

マイクロソフト創業者のビル・ゲイツは1995年から2010年まで、そして2013年から2017年まで15年連続で世界一の富豪だった。

2000年に元妻と設立した慈善基金であるビル&メリンダ・ゲイツ財団に、最終的には全財産を渡すと誓っている。

「将来を見据えて、私は自分の財産のほぼすべてを財団に寄付するつもりです。私は世界一の富豪のリストに載ることはないでしょう」とゲイツは昨年ツイッターで述べた。

 

 

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ