閉じる メニュー
ニュース

ハイネケン、台湾のビール工場に4億1462万米ドルを投資

ハイネケンは、今後5年間で135億台湾ドル(4億1462万米ドル)を台湾のビール工場に投資することを約束した。

屏東県のビール工場で行われたセレモニーで、ハイネケン台湾のジェフ・ウー代表取締役は、ビール大手が近隣諸国に「メイド・イン・台湾」製品を供給し、台湾製品の知名度を世界的に高めたいと述べた。

現地報道によれば、国内での販売から製造への移行という決断は、現地の消費者から全面的に支持されたという。

ハイネケンは2022年に屏東県内浦郷にある龍泉酒造の過半数の所有権と経営権を取得し、2024年第1四半期に生産を開始した。

ハイネケン台湾のウィリアム・ライ副社長もセレモニーでスピーチを行い、台湾はハイネケンにとって世界第2位の輸出市場であり、屏東工場が東アジア市場に供給する上でいかに「有利な立場にあるか」を強調した。また、この投資が台湾の農家や地元の農業にとっていかにプラスになるかを強調した。

dbスポンサード・コンテンツ

ビッグ・ストーリー

飲料製造工程を改善する実際の成功例とは?

ポール・コーポレーションは、深層ろ過ソリューションの使用による効果を示す一連の成功事例を収集した。
続きを読む...

ポールのソリューションはこちら

セレモニーで呉とライは、2030年までに台湾の醸造所を「ネット・ゼロ」にするハイネケンの取り組みについても説明した。

ライ氏はまた、屏東の肥沃な土壌と熟練した農家についても触れ、醸造用大麦を地元で調達することで、屏東の醸造所の評判が高まることを期待していると述べた。

ハイネケンはこのほど、昨年の価格圧力が需要に打撃を与えたことを受け、第1四半期の販売数量が増加したことを発表した。特に0.0%とフラッグシップ・ラガー・ブランドが好調であった。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ