閉じる メニュー
ニュース

ビールを浴びることは体にいいのか?

東欧に古くから伝わる伝統的なビア・スパが、近年再び登場し、この夏にはイギリスで新しいトリートメントが始まった。しかし、ビールは健康にどんな効果があるのだろうか?

ビアスパが英国にやってくる

イングランド東部のブティックホテル、ザ・ノーフォーク・ミードに英国初のビア・スパが2024年6月にオープンする。このホテルでは、デトックス効果で有名な "ビタミン豊富な "モルト、ホップ、ミネラルソルトを満たした木製のホットタブを提供するという。

ビールでの入浴は、血液の循環を良くしながら体内の毒素を取り除くと言われている。「関節や筋肉をサポートし、ストレスを軽減する効果があります」と、ノーフォークのブティックホテルはウェブサイトで謳っている。

このトリートメントには個人用のビールタップがついており、入浴しながらビールを飲むことができる。

しかし、ビールを浴びるという発想はどこから来たのだろうか?ビール風呂が温泉療法として使われるようになったのはこれが初めてではなく、その伝統は何世紀にもわたって東ヨーロッパで受け継がれてきた。記録に残る最初のビール風呂は、西暦921年にさかのぼる。ボヘミア(現在のチェコ共和国)の公爵であったヴァーツラフ王は、使用人たちに近隣の修道院の麦汁を使った冷たいビール風呂を用意させた。

dbスポンサード・コンテンツ

ビッグ・ストーリー

飲料製造工程を改善する実際の成功例とは?

ポール・コーポレーションは、深層ろ過ソリューションの使用による効果を示す一連の成功事例を収集した。
続きを読む...

ポールのソリューションはこちら

その伝統は今日でも受け継がれている。ハンガリーの首都ブダペストのサーマル・ビア・スパでは、同様のトリートメントが受けられる。「バス・マスター」の指導のもと、36℃の薬湯を満たした木製の浴槽にホップ、麦芽、酵母、ビール塩を入れる。

クロアチアのサン・セルヴォロは2013年に設立されたビア・スパで、イストリア北西部のブイエにある。このスパでは、ミルナ川にあるスヴェティ・イヴァンの泉の新鮮な水と、ドライローストした麦芽、ホップ、酵母を組み合わせた無濾過・無殺菌ビールも製造している。

チェコ共和国の首都プラハにもビア・スパがあり、ある施設ではロイヤルオークで作られた手作りの1,000リットルのジャグジーでトリートメントが受けられる。浸かった後は、純粋な麦わらでできたベッドでビールパンを食べることができる。

ビールを飲むことも治療の一環であり、少量のビール摂取が腸内環境や免疫によく、微生物叢の多様性を刺激することが科学的研究で示唆されている。

昨年、Nutraingredientsによって発表されたこの研究結果は、ビールに有益な化合物が含まれていることを強調している。ベルギー、中国、ポルトガル、ルーマニア、スペインの研究者が、ビールが腸内細菌叢に有益であることを主張する科学論文に寄稿している。詳しくはこちら

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ