閉じる メニュー
ニュース

ブリュードッグがタイに進出

ブリュードッグはアタランタ・ホスピタリティ社との提携を発表し、タイに進出、バンコクに複数のバーをオープンする計画だ。

ブリュードッグがタイに進出

多国籍ビール醸造所とパブチェーンのブリュードッグは、現在進行中の国際展開の一環として、タイに初のバーをオープンすると発表した。

ブリュードッグは現在、世界で100以上のバーとホテルを運営しており、昨年、今後7年間で主要市場にさらに200店舗をオープンする計画を発表した。

発表以来、同社は今年、パース、ロッテルダム、デンバーに新しいバーをオープンした。

タイの首都バンコクへの進出は、同社のアジア全域への拡大計画の一環である。この多国籍ビール会社は、アタランタ・ホスピタリティ社と提携し、新たな事業を立ち上げる。アタランタ・ホスピタリティのジェリー・タエチャウボルCEOによると、BTSプルンチット駅から歩いてすぐ、セントラル・エンバシーの向かいにある同社のプルンチットの敷地が、バンコクで最初のブリュードッグ・バーの場所になるという。

dbスポンサード・コンテンツ

ビッグ・ストーリー

飲料製造工程を改善する実際の成功例とは?

ポール・コーポレーションは、深層ろ過ソリューションの使用による効果を示す一連の成功事例を収集した。
続きを読む...

ポールのソリューションはこちら

ブリュードッグ・バーズのジェームス・ブラウン最高経営責任者(CEO)は声明の中で、「今後10年間でバーの数を3倍にする」という同社の計画は、世界中のさまざまな市場の現地パートナーのおかげで「すでに実を結んでいる」と述べた。

ブリュードッグは先週、同ブランドで多くの論争の的となってきたジェームズ・ワットCEOが、今後は非執行役に移ると発表し、大きな話題となった。

ブリュードッグによれば、昨年実施された後継者育成計画の一環として、17年間指揮を執ってきたブリュードッグのCEOは、2023年9月からCOOを務めているジェームズ・アロー氏に交代する。

ワットは "キャプテン兼共同設立者 "としてブリュードッグPLCの取締役会に残り、同社の大株主であり続ける。

ビールライターでdbの寄稿者でもあるピート・ブラウンは、このニュースを受けて同社に「企業文化の再定義」を求めた。その記事の詳細はこちら。

あなたはアジアにいるようです。 ドリンク・ビジネス・アジア

はい、アジア版に連れて行ってください いいえ